ブログ

どのような会社がホームページを持つべきなのか?

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

どのような会社がホームページを持つべきなのか?という議論は割とよく出てくる内容です。

ホームページを必要な会社か不要な会社かの判別は、比較的簡単に行えます。

一番簡単な方法は、商材の金額ボリュームでの判断です。

スーパーなどの小売店のように、単価数十円~数百円ぐらいのものを購入するようなビジネスモデルには、ホームページは向いてません。

ホームページが無くても良いでしょう。作っていても、チラシの入替えレベルの管理で十分です。

いわゆる薄利多売である場合も、ホームページには向いていない可能性が高いと言えるでしょう。

逆に単価が高いもの、継続課金により結果的に高額になるもの、少額でも、卸売りのようにまとめ売りが可能なビジネスモデルが、ホームページとは相性の良いビジネスモデルです。

まずはこの区分で、自社にホームページが必要か不要かを見分ければ良いでしょう。いろいろな業種で要不要を知りたい方は、こちらの一覧をご覧ください。

単価が安い商材がなぜホームページに向いていないかと言うと、ホームページの管理費用が単純に多くなり(要するに手間がかかる)、管理コストが割に合わなくなるからです。

ざっくりとこういう区分で考えられると分かりやすいでしょう。

この区分で自分の会社はホームページを持った方が良いと判断できれば、次は、ターゲットを決めていく流れに入って行きます。

小売弊社ウェブロードの場合は、サービスは2パターンあります。

ホームページ制作の場合は、制作費20万円程度~なので、ホームページ運営と相性が良いと言えます。

ホームページ運営代行の場合も、継続課金のビジネスモデルですので、ホームページ運営と相性が良いと言えます。

もちろんどちらもお問い合わせがあっても、すぐには成約には結びつかないビジネスモデルです。

しかし、

どの会社にホームページ制作をお願いするのか?
どの会社にHP運営代行をお願いするのか?

を決めるのは非常に難しいことで、どんな人が担当者か?という「人となり」が、重要な意思決定要素になります。

実際にお客様と会わずして成約することはほぼあり得ません。

そのため、金額が高いビジネスモデルであればあるほど、少しでも事前に情報を知ってもらうよう、しっかりとサービス内容をHPで情報公開します。

検討してくださっている方に、たくさんの安心材料を提供するのが事業者の責任でもあります。

企業のサービスをガラス張りにし、情報公開できる部分は全て出すくらいの姿勢を見せて、初めて、お客様側からすれば、信頼しても良さそうかな?という判断が下せることになります。

ホームページ活用はこのように、商材の価格が高ければ高いほどまた、継続課金モデルであればあるほど、まとめ売りであればあるほど、しっかりと責任を持った内容でページ制作の継続をお考えいただければ良いのです。

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. GoogleやAmazonのようなシンプルサイトを作ろう
  2. HPを公開することによる価格競争
  3. 広告チラシ 過剰なデザインはコストアップ要因にしかならない
  4. 自社ホームページのリニューアルの方法
  5. Google検索 あなたのWebサイトがキーワード検索で上位に来なくなった理由は?…
  6. 分かりにくい価格体系をどうわかりやすくするか?
  7. 中身作りがHP制作で一番時間の掛かる作業
  8. HP制作ソフトはコンテンツを作ってくれない

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年9月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP