LINEで送る
Pocket

Googleストリートビューに関するお問い合わせは、サービス提供者であるGoogle社にお願いいたします。
当ページ内容について、弊社へのご相談を希望される場合は、無料相談になりますのでお問い合わせフォームからお願いします。

Googleのストリートビューの写真が、会社の裏口になっていたり、正面から撮影された写真でないものが掲載されていることがあります。

そんな時、どうすれば写真を変更できるのかというご質問をいただいたことがあります。

ここでは、Google Mapsのストリートビューの位置を変更する方法をお伝えします。

この修正に関しまして調べましたところ、3点ほどありました。

後述する「Googleビジネス」に登録していない方は、検索結果画面に下記のリンクが表示されるはずです。
・情報の修正を提案
・このビジネスのオーナーですか?

まず対応策の1つ目は、検索結果画面の「情報の修正を提案」から「外観を見る」の鉛筆画像の修正をクリックしてみてください。「間違っているところを指摘してください。」という画面でGoogleに写真の変更を依頼することができます。(下記画像)Gマップこれだけで対応してくれるのかな?とは思いますが、念のためもう2つほど対応策をお伝えしておきます。

2つ目の対応策として、今度は「地図の修正」の部分から飛んでみてください。

そうすると「マーカーの場所の編集」が出てきて、マーカーの位置を微調整することができます。

この場所を変えることで、ストリートビューの写真も連動して自動的に変わります。(当方では未確認)

こちらのページをご参照していただきまして、現在のストリートビューの矢印が表示されているマーカーの位置を修正すると、違った角度や場所からの写真に変更できるかと思います。

そこでお望みの位置からの写真に変わるように調整してみてください。

3つ目としましては、「このビジネスのオーナーですか?」というリンクがあります。

弊社は既に登録しているので表示が出ていませんが、登録していない会社様の場合、「最初のクチコミを書こう 写真を追加」のすぐ下に、「このビジネスのオーナーですか?」というリンクが出ます。

ここから登録を進めていきますと、所有権の確認をする画面に進んで行きます。

確認のためのハガキのやりとりをGoogleと行うことになりますが、この「Googleビジネス」というツールに登録されることになり、色々な検索結果であなたの「Googleビジネス」の情報が表示されるようになります。

まだこの「Googleビジネス」に登録をされていない方はこの機会に是非登録をお勧めします。

ついでにこの「Googleビジネス」に登録しておけば、インターネット上で少しでも露出機会が多くなりますのでぜひ頑張ってみてください!

ストリートビューの写真の変更は少し時間がかかるかもしれませんが、1つ目で書いたGoogleへの依頼を行えば、修正してくれるはずです。

この「ビジネスオーナーですか?」にて自社登録を行っておきますと、Googleの検索画面で表示される、様々な項目の自社情報の表示が可能になります。

例えば、営業時間を入力しておけば、営業時間内であれば、検索結果上で、「営業中」と表示されるようになります。

このGoogleビジネスへの登録で、お好みの写真を自社の位置に登録しておくことが出来るようになります。

Googleマップへの登録にご自身で挑戦してみようと思われた方は、Googleマップ登録に関する記事にお進みください。

Googleマップでの宣伝を丸投げしたい場合はこんな業者もあるようです。→ 地図登録サービス【マップでアップ】

実は、Googleマップの利用者数に関して、国内の月間利用者数は3,900万人を突破し、LINEに次ぐユーザー数の多いアプリになっています。

地域からのお客様を獲得したい学習塾やサロン系、飲食店の事業者様にはGoogleマップはもはや必須の告知手段とも言えます。

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
毎日のように全国各地からいただく色々な中小・小規模事業者様のWebサイト運営・改善方法や、ホームページに関する問題点について、Web活用アドバイスのメールのご返信をしています。もちろん無料ですし、やり取りは1回で完結します。 様々な事業者様のWebサイト活用のお悩みや問題点を知ることで、弊社クライアントの制作・運営に活かせて頂いております。Win-Winの関係ですので、ご遠慮無くメールフォームからご質問ください。 プロフィール