中途半端な自作なら制作だけでも業者に依頼する方が良い

中途半端な自作なら制作だけでも業者に依頼する方が良い

LINEで送る
Pocket

ホームページは関われば関わるほど、営業面で役立ってくれます。自社の顔ともなるホームページは、近年、自作する会社も増えてきています。

特に継続した外注費を支払い続けることが困難な個人事業主や小規模会社であれば、ホームページを自社で制作してしまい、運営も全て自社で賄うという方法が多く取られるようになってきています。

自作する一番のメリットは費用がかからないということです。

自作するほぼ全ての会社で、自作の一番の理由として挙げられます。ホームページ制作や運営に外注費を使えない会社は、必ず自作しましょう。自ら作ればホームページの構造やページ間のつながりなどもしっかりと把握できるというのもメリットになります。

自作する会社は、Webで集客する目標を設定し、しっかりと運営を継続すれば、自社にホームページ運営のノウハウが蓄積されていくことでしょう。これは何にも代え難い無形の固定資産となります。ただし、ホームページは誰でも自作できる時代になったからこそ、自作する会社と本気で取り組む会社との差が付くようにもなってきています。

外注費という費用はかからないのですが、その分、ホームページ運営に関して、社長やWeb管理者が事前に調べたり勉強する時間と、実際に制作作業を行う時間、運営の作業時間が必要になります。

自作は、一から全て自ら学んでいくという強い意志を持っている方には向いていますが、途中で投げ出すようであれば専門家を頼るほうが良いでしょう。専門家視点でアドバイスをくれる会社であれば、成果は出やすくなります。中途半端で更新がストップしてしまう運営だけは避けたいものです。

現在は、ホームページのプロフェッショナルは日本全国至る所にいますので、お近くの制作会社やWebに関する知識を持っている方に相談するのも一つの手です。

どの業界においてもそうですが、ある程度売上が見込めるようであれば、自社の社員や社長の時間確保のためにも、専門家に依頼するのはベストチョイスになります。経理のアウトソーシングもそうですね。

自分の住宅を自ら建築する人は少ないですが、ホームページになると自ら作る人が増えます。ところが、建築物のように土台をしっかりと作ってメンテナンスをきちんとしていくという意識がホームページにおいては希薄になりがちになります。見えているところだけ整えておけばそれで良し!と思われがちなのもホームページ自作の落とし穴なのかもしれません。基礎の部分にもしっかりと意識を向け、ビジュアルとして見えない部分も手を抜かずに作っていくことが、これからのホームページには必要になるでしょう。

自作でホームページを作っていく際のポイントは、まず基礎をしっかり作り、ビジュアル面をどこまで作り込めるかと更新が簡単にできるかどうかです。更新ができなければ、ただWeb空間に存在しているファイルに過ぎません。自作ホームページで大切なことは、自社で簡単に更新できる仕組み作りを最初の作る段階で検討することです。

今時のホームページはその多くが簡単に更新できる仕組みを持っていますが、そこよりも考えておかなければならないことは、社内で情報更新する体制作りや仕事の仕組み作りです。最初の制作だけ専門業者に依頼し、その後の運営は自社で運営するという方法もよく取られるパターンです。閲覧者の反応を色々試すような修正もこまめに必要です。

ホームページはあなたが事業継続している限りは何年も、場合によっては10年以上も運営をし続けるものです。長期に渡り、自社の営業の核として運営するホームページです。

どの部分を触ればどういった変更が出来るか等、少しずつ理解していくことにより、本当のホームページの営業効果や展開すべき戦術、活用方法があなたご自身で見えてくるようになります。

さて、自作用のホームページ制作ソフトとしては、ホームページビルダー、bind、jimdo、ドリームウィーバー、WordPressに代表されるように色々あります。どのソフトが自社に合っているのかを決める必要があります。

私はWordPressをおすすめしています。その理由はこちらに書いています。→ ホームページはどのソフトで作れば良いか?

自作に関して、もちろん多くの方が、面倒で難しそうなホームページ制作に手を付けようとも思いませんし、誰かに任せてしまいたいし、任せた方が良いと考えることが普通なのです。

自作と言っても、全て自分で作る必要はありません。営業のコアな部分は最低限、自分達で作らなければならないということです。つまり、要所は、例えばトップページのラフは自分で書いてみるなどということです。

どのようなキャッチコピーを使うか、どんな写真を使うか、などを自分で決めてしまえば、後の画像作りはプロのデザイナーに投げても良いでしょう。

そこに至る下書きを自分で考える事が、本来のホームページの企画・制作部分であり、商品やサービスの販売者が自らしなければならない最低限の作業であると考えています。ホームページに完成はありません。試行錯誤しながら運営し、新たな取組をし続けることで成長します。

そこを理解すると、片手間にホームページを総務部に管理させるというのは成果が出にくいのです。ホームページを見るだけでその会社のやる気はお客様に伝わります。

この記事に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520
サービス一覧はこちらのページをご覧ください。

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

貴社名

電話番号

お問い合わせ項目を選択してください (必須)

当記事についてWordPressサイト制作WordPressへの移行検索上位表示コンサルWPカスタマイズのご依頼保守管理・運営代行弊社サービスについてその他

選択項目について内容を詳しくご記入ください (必須)

株式会社ウェブロードのプライバシーポリシーに同意する。プライバシーポリシー

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。経営理念「対話をカタチに変え、Webの価値を高め続ける」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。西宮商工会議所青年部広報委員長、尼崎商工会議所会員。

最近の記事

  1. 電卓計算

最新のお知らせ

尼崎亀谷スポーツボクシングジム様のHPリニューアルを行いました

尼崎の県道13号から山手幹線に入ったすぐ西に尼崎亀谷スポーツボクシングジムはあります。ボクシングエクササイズは、短時間で楽しく脂肪燃焼ができるということも話題となり、女性の人気が高まっています。そのため女性に向けたデザイ […]
コメントなし

夏季休暇のお知らせ

ウェブロードでは8月6日(月)、7日(火)、13日(月)、14日(火)、15日(水)の5日間、夏季休暇をいただきます。 4日(土)~7日(火)にいただきましたメールへのご返信は8日(水)から順次、11日(土)~15日(水 […]
コメントなし

中古車・中古マイクロバスの買取・販売のオートギャラクシー様

オートギャラクシー様はマイクロバスの買取販売・リース・中古マイクロバスの輸出といった、中古車業の中でも珍しい数少ない業種の会社様です。 中古車を取り扱う会社は多いものの、マイクロバスを専門的に扱っている会社となると全国的 […]
コメントなし

御影のどか保育園様のHP制作を行いました

御影のどか保育園様のHPのリニューアルとパンフレットの制作をさせていただきました。 社会福祉法人信愛学園という法人の中に、児童養護施設信愛学園と御影乳児院と御影のどか保育園の3施設があります。御影のどか保育園様は信愛学園 […]
コメントなし

倉本運送株式会社様のサイトリニューアルをしました

2011年にホームページを制作させて頂いて、その後7年に渡って継続してWeb周りの保守をさせていただいていた倉本運送株式会社様ですが、今回採用に力を入れなおしてサイトをリニューアルさせたいとのご要望をいただき、採用をベー […]
コメントなし

サイト内検索

アーカイブ

PAGE TOP