ブログ

紙チラシをWeb掲載する際に注意すべき画像とテキストの違い

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

Web画像タイトルで書いた通り、紙媒体のチラシをそのままホームページにするという方法もあります。やり方としては2パターンあります。

1つはそのまま画像ファイルとしてホームページに掲載してしまうという方法です。

もう1つは画像とテキスト情報を分けて、ページとして構成する方法です。

1つ目の、そのまま画像ファイルを、例えばブログら、アップロードするだけでホームページに掲載できます。非常に簡単に思いますが、元々そのページにアクセスがなければ、そのページが検索される状況にすることは難しいでしょう。

また、大きいチラシをそのまま画像ファイルにしてホームページに掲載する場合、スマートフォンで見ると非常に小さい画像になってしまいます。さらに、画像の中に文字が書いてある場合は、スマートフォンでは拡大しなければ見えないようになってしまい、非常に分かりにくいものになってしまう可能性があります。

しかし、ただ画像アップロードするだけで掲載が完了しますので、非常にお手軽で低コストなやり方になります。

一方、2つ目に書いたチラシの中の画像情報とテキスト情報を分ける場合については、本来のホームページに最適な方法です。元々紙媒体とweb媒体では、見せ方や構成方法が異なりますので、チラシの内容を分解し、適切にレイアウトし、表現するという事になります。

これはチラシの内容をwebページとして一から再構成するということなので、非常に時間労力もかかります。労力が掛かるという事は、自分でやるならまだしも、他人にやってもらうとなると外注費用がwebページ制作費として掛かってくることになります。

ただし、労力が掛かる分、そのメリットは2つあります。

1つ目は画面の小さいスマートフォンでアクセスした場合でも、きちんと閲覧対応ができるということです。画像とテキストが分かれていますので、大きな一つの画像を使うといったこともなく、最適な形で、どのデバイスからの閲覧にも対応できます。

2つ目はテキストをきちんと分けるということで、現在の検索エンジンに非常にフレンドリーなものになります。Googleを始めとした検索エンジンの性能が上がったと言っても、やはりベースとなる検索のキーはテキスト情報になります。画像情報ではありません。

紙媒体で掲載していた情報を、テキスト情報としてインターネット上に掲載しておくことは、テキストを通じて誰かが検索し、ホームページを訪問する可能性が出てくるということです。簡単にできる「そのまま画像掲載」と、手間が掛かるけどメリットの多い「画像とテキストの分解掲載」。あなたならどちらを選択しますか?

HPが更新できないストレスから貴社を解放するべき
HP制作時に必要な写真は?

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. 分岐点 選別受注とは、事前に納得してから購入してもらうということ
  2. 僕が社長ブログを書く3つの理由
  3. 外注ホームページ製作会社のサポート活用方法
  4. 中小企業が自社アプリを持たなくても良い理由
  5. エックスサーバーとラビットSSLでhttpsサイトを簡単設定
  6. エクセルやワードから「Googleドライブ」にシフトしました
  7. 来襲 不正なアクセスでよくあるパターンと防ぎ方
  8. 弊社HPが表示されているGoogle検索結果上位30個を公開

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年9月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP