ブログ

時間がない時は理解よりも丸暗記して先に進む

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

算数僕は高校生の時、すごく数学が苦手でした。大学受験の数学の試験問題は、ほとんどが証明問題なので、考え方をしっかりと理解しておく必要がありました。

証明問題は、受験勉強をしている時点で、しっかりと問題の意味を理解し、考え方を理解し、解答まで結びつけなければなりません。そのために苦手科目である数学については勉強時間が非常に掛かるものとなっていました。

証明問題はしっかりと流れを理解し、なぜそうなるのかというのを時間を掛けてじっくりと理解していかなければなりません。そのために、元々数学の基礎があまりできなかった僕にとっては、理解に非常に時間が掛かり、他の受験科目の勉強の時間を圧迫してしまうものでした。

しかし、受験というのは、すべての科目を合計し、合格点が取れれば良いので、全科目でバランスよく計画的に進める必要があります。数学の証明問題だけに受験勉強の学習時間の多くを費やすことができなかったのです。

そこで僕が苦肉の策として取った方法は、理解よりも暗記です。数学の証明の記述問題を100問とか150問とかに絞り込んで、その問題と解答を完全に丸暗記してしまうというやり方です。大学の数学の二次試験では、100点中50点ぐらいの点数を取らなければなりません。

僕が受験する大学では、当時、合計3問の証明問題が出ると過去問から推測できたので、1問半解ければ良いという計算で行きました。結果的には入試問題のうち、2問で自分が暗記した問題と同じような問題が出たので、それについてはほぼ全て解くことができました。

本当は問題文を読んで内容理解し、その場で考えて解答を出すというのが一番ベストな解き方なのですが、入試までにマスターするには、タイムアップになるのが目に見えていたので丸暗記という選択肢を選びました。

結果的にはこの丸暗記のお蔭で合格という目的を達成することができたのですが、結局大学入学までに苦手を克服と言うところまでには至りませんでした。

ある目的を達成するまでに、時間の無さがボトルネックになる場合には、今回の記事で書いた様に、理解しなければならないところを丸暗記で済ますというような選択肢もあると思います。本来の目的を達成するために、直球だけで上手く行かない場合は、変化球を織り混ぜながら、自分の進むべき道を作っていくことが必要になるのです。

サラリーマン退職後3ヶ月にしたWeb学習
僕が実践している3歳~4歳男児へのWeb教育

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。業種別難易度表もご参考程度に。

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. 1995年1月17日阪神大震災当日に体験したこと
  2. 1999年、1989年に起こった主な出来事
  3. 地元の夙川駅を中心に国土地理院の活断層マップを見てみた
  4. ハードディスクケースでデータ復旧させました
  5. 親密度や信頼感は体験共有の時間に比例する
  6. 北山公園ハイキングコース
  7. Gメールを使えばパソコンメールのチェックが不要になる
  8. お互いを尊重し合える方と出会うためにブログを書く

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年6月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP