ブログ

Webとリアル店舗を一体化させておく

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

リアル店舗の店員2000年代まではWebとリアルの枠はハッキリと区分されていました。ホームページを活用している会社はしっかりと更新し、運営していましたし、役に立たないと考えている会社は、更新せず放置状態のままでした。それでも何も問題はありませんでした。

今でも多くの中小企業を見ていると、ホームページはあるだけに過ぎず、ほとんどが対面での取引先とのやりとりで、業者を紹介し合ったり、仕事を融通したりすることがほとんどのようです。そのためホームページなんて、会社の存在だけを表現しておくもので、絶対に必要なものでもないとお考えの中小企業者の方も大勢いるはずです。

時代は進み、インターネットはほとんどの人に行き渡り、日本ではその人口の8割以上がスマートフォンや携帯電話などのネットに接続できる端末を持ち、常にインターネットに接続できる状況にいるようになりました。

誰もが、ホームページを持つ会社にWebからアクセスできるようになりました。

飲食店や洋服店や雑貨店など小さな街のお店屋さんでも、いつどこで誰にホームページをチェックされるかどうか分からない時代です。これだけWebが一般的になれば、どこで誰に見られても良いように、常に戦闘態勢に入っていなければなりません。

業種別HP制作・運営・集客の難易度一覧はこちらから見てください。

うちの店はWeb通販などはやっていないから、ホームページは別に関係ないし、実際に来店したお客様だけが大事です、など、そういった考えは捨てましょう。実際に来店してくれる方もWebを仲介し、Webを見てから実際に来店するという方が多くを占めるようになってきているのです。

そんな現実がある今、Webとリアル店舗を完全に切り離して考えるということはできないのです。「リアルとWebの融合」という言葉を一時期、聞いたことがありましたが、それですら、もう過去の話です。今や「リアルとWebは一体化」しています。表裏一体の関係です。

パソコンのデータなどでは、異なったパソコン間で「データを同期させる」といった表現を使いますが、今やどの店舗や会社においてもホームページのデータとリアルな現場とは、同期させておかなければならない時代になったと言えます。

「リアルとWebの同期」と言っても、難しいことは考えず、ただ単に、常に自社でWebを最新情報に更新するような形でホームページを運営していくという、ひと仕事が増えただけなのです。インターネットという「便利」を人類全体で享受している以上、ひと手間増えたこの仕事を、生かすも殺すもホームページを運営しているあなた次第なのです。

ホームページを持つということは、こういう意識を持つ必要があるのです。もちろん、そもそもホームページを持たなくても良い会社は存在するので、それはまたこちらで別途書いています。→ 会社HPはそもそも必要なのか?不必要かも知れません

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. 飲食店内は外から様子が見えれば集客には好影響
  2. 企業のSNSやダイレクトメールがスルーされやすい理由
  3. 文章の質を高める方法は、読み手の気持ちの想像力次第
  4. ブログやSNS営業は一貫したテーマでビジネスを表現する
  5. SEOの実績というのは今現在進行形のものだけ
  6. 抽象的なデザインは具体的に絞り込んだ形で伝える
  7. マニュアルはWeb媒体よりも紙媒体の方が読まれやすい
  8. そのSEOは今現在も通用するノウハウかどうか?

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年9月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP