ブログ

一度作ったWebページアドレス(URL)変更は止めましょう

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

1ページホームページ運営していて、新規で新しいページを作り、どんどんページコンテンツを追加していくことは望ましいことです。

その際に作られるページアドレスは、一般的なホームページであればhtmlという拡張子が付きます。

ドメイン直下のトップページ以外のすべてのページは、そのhtmlの前に、例えば、「about.html」といった具合にページを表すアドレスが付与されます。

付与されると書きましたが、自分でその名称を付けられるということです。

実はこのページアドレスの部分は、一度生成して検索エンジンに認識されると、たとえスペルを間違えていたとしても書き変えない方が良いという判断をします。

例えば、新規ページ生成をして、1ヶ月ぐらいであれば、付けたページの名前が気になるようでしたら変えた方が良いでしょう。

しかし、2年以上経過した等、長期間そのページアドレスで運営してきたページというのは、検索エンジンからある程度の信用を獲得しています。

多くの人に閲覧され、多くの人が色々なリンクからそのページを訪問し、検索結果にもランキングされています。

Webページというのはただの「ファイル1枚」ではあるのですが、インターネット上ではそのページの歴史が積み重ねられており、それがそのページの価値として検索エンジン・インターネット上で認識されているのです。

そのため、ページアドレスの名称を変更するということは、その付けられていたページ名称に対するページのパワーを、強制的にリセットし、ゼロから出発するということになってしまうのです。

やむを得なく変更する場合には、そのページが持っている積年のパワーをある程度を引き継ぐために、リダイレクトという処理を行います。

よくインターネット上でのサイトで見かけると思うのですが、「5秒後にこちらのページに移動します」といった内容と同じです。

その5秒というのを0秒にすると、訪問者には分からないぐらいの短い時間で、新しいアドレスに瞬間的に移動するという訳です。

これだと問題ないような気がしますが、ページのパワーとしましては、僕の実感するところによると3割~5割くらいはダウンするような感じです。

WordPressでいう「パーマリンク」という部分が、このhtml型のホームページの、上述の「about.html」の部分に当ります。

細かい内容になるのですが、ページアドレスは気楽に変更してはならないのです。

インターネットはすべての閲覧者が共有しているものであり、たとえ自分のサイトであったとしても訪問者にとって前のページアドレスが変更されているということは、困った問題の一つになる可能性が高いからなのです。

これも訪問者視点の一つの観点であり、常に見る方がどういった状況で自社サイトを見てくださっているかということを深く認識しておく必要がある一例になります。

ホームページのアドレスはどこで入手出来ますか?
HPのアドレスはwwwありとwww無しのどっちが良い?
同じHPアドレス内の同じターゲットキーワードの記事は共食いになる

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。業種別難易度表もご参考程度に。

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. ITシステム導入前に初心者が知っておくべき内容
  2. 津波 ホームページは自然災害発生時のリスク分散にもなる
  3. 他社アプリへの個人情報の投稿の際に知っておきたいこと
  4. システム化・効率化より人の心に届くサイト作りが大切
  5. ドメインは1つに集約するのがベスト
  6. 老朽化した建物と同じ 会社ホームページを放置状態にしているとどうなるか?
  7. 大木 一つのことをやり続けるのが成果を出すためのポイント
  8. タイトルキーワードは検索エンジン視点ではなくお客様視点で決める

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年6月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP