ブログ

マニュアルはWeb媒体よりも紙媒体の方が読まれやすい

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

マニュアルの紙ホームページの技術的な部分に関して、僕はよくインターネットで検索してマニュアル的なサイトを読み込むことがあります。

Web上の情報というのは検索性に優れているので、欲しい情報のキーワードが分かっていれば、そのキーワードを検索窓に打ち込むだけでただちに目的の情報が得られます。

これがweb上のマニュアルの非常に便利なところなのですが、僕自身の行動を振り返ってみると、たとえばサーバーのマニュアルページなどを読み込む際に、オンラインですと、なかなか最初から最後まで通して読むという行動は起こしません。

簡単に検索できるという機能が目的の情報だけを取るという行為に駆り立てるのか、そもそもwebというものが先を急がせるのか、光の点滅による目の疲れから長時間読むことを無意識のうちに避けているのか、原因ははっきり分かりません。

これが紙のマニュアルになると、その多くは書籍ということになりますが、最初から最後まで読もうという気になります。

ボリューム全体が可視化できているからでしょうか?それとも紙で実在しているということが、全てを読んだ方が得であるという気分にさせるのでしょうか?幼い頃からの習慣により、紙媒体の方が全てを最初から読まなければならないという無意識が働いているのでしょうか?

こちらも原因がはっきりしません。

しかし、僕が実感として言えることは、やっぱりマニュアルは紙で読みたいということです。

インターネット上に掲載されたマニュアルサイトはWeb検索性に優れているため、せっかちな人間の本性そのままに、必要なところだけをピックアップさせるような動きにどうしてもなってしまうのでしょうか?

だから今でもホームページ上の情報やwebに掲載されているマニュアルは、印刷してから読むという行為が絶え間なく各所で続けてられているのです。この話を書いていると、紙媒体は電子媒体に置き換わることが可能かという議論になっていくので、これ以上突っ込むことは避けようと思います。

ただ、やはり紙媒体で読みたいというニーズが一定数存在し、かつ、紙媒体であればしっかりと読まれやすいという傾向があるので、ホームページに載せる文章で、マニュアル的な内容を掲載する時は、十分この辺りを考える必要があります。

Webコンテンツに力を入れていくとどうしてもマニュアル的な内容になることもあるので、webではマニュアルは読まれにくいということも考えつつ、最適なコンテンツ配置に努めたいと考えております。そもそも面倒なことを嫌うのが人間ですし、何かしら読み手が楽になるようなものをコンテンツとして継続させたいです。

サービス案内(料金)表はPDFにしてHPから印刷出来る

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. 集客・販売ページ分離、特に通販サイト運営者は注意
  2. プッシュアップ カテゴリ分類で検索流入が増加した事例
  3. 企業のSNSやダイレクトメールがスルーされやすい理由
  4. もはやFacebookは自社Webサイト代わりには使えません
  5. 飲食店内は外から様子が見えれば集客には好影響
  6. 街の看板を見てもWeb検索する前に入店しますよね?
  7. SEOの実績というのは今現在進行形のものだけ
  8. ソーシャルメディアの口コミを期待しても外れます

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年9月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP