ブログ

SSL化対応で警告(黄色マーク)が出る場合の解決方法

LINEで送る
Pocket

HTTP昨日からサイト全体をSSL対応させるべく取り組んでおります。

こちらの記事の続きです。→ 独自ドメインでSSL化が簡単にできそうです

きっかけは今後Googleが、SSL対応のサイトを推奨しているという情報を受けて、取り組み始めたものでした。

いや、それもありますが、踏み切ったのは、エックスサーバーからのSSLの割引キャンペーンのメール連絡であったことは、否めない事実です(笑)。

スマホでの表示や検索結果の表示に関して、「https」が付いていると、セキュリティを重視したサイトであるということが見た目にはっきりと分かります。

そのため、弊社のホームページ制作サービスを選んで頂くための一つのアドバンテージになるかも知れないと思ったこともきっかけです。

簡単なのかなと思ったのですが、いざ取り組み始めると様々な問題に直面しました。

色々調べてみると、いつも参考にさせて頂いている「海外SEO情報ブログ」に書いてある内容が大変参考になりました。
→ ブログの完全HTTPS化を完了、HTTPからHTTPSへの移行プロセスを共有

また、こちらのサイトではSSLの大変丁寧なマニュアル情報が書かれています。
→ 5分でわかる正しい Web サイト常時 SSL 化のための基礎知識

サイト全体のSSL対応は、エックスサーバーの方で処理をして頂いたので、すぐに変更ということになったのですが、大きく分けて問題が2点出てきました。

1.セキュリティに関する問題

黄色い三角の警告部分ウェブロードのホームページをGoogle chromeのブラウザで見ると、軽微な警告ということで黄色の三角のマークがアドレスバーの左手に出てきます。

この黄色い三角の警告マークを取ることに、今は試行錯誤をしています。

ただ、調べていると下記のようなことが原因であるというのが分かりました。

<https://~>で構築したwebサイトの中のページ内の「ソース」における各要素に要素に<http://~>という非暗号化のパスで参照されているファイルがあると警告が出てきます。一番出やすいのはサイト内参照の「image」ファイルや「java」等のスクリプトファイルです。外部へのリンクは<http://~>でも全く問題はありません。

この<http://~>の部分があると、ブラウザによっては警告が表示されたり、そもそもサイト自体が表示されないという状況が発生します。

この問題点は、ドメイン内部だけの問題で、<https://~>のセキュアな環境から、他ページへのリンクは<http://~>という形でも問題はありません。

アンカータグでのリンクはもちろん、その他にも「img」タグや「script」タグなどの要素が<http://~>という形式になっていると、警告表示となってしまうようです。

現時点で警告状態なのですが、分かっているのは、忍者ツールのソーシャルブックマークボタンを使っているところに<http://~>で始まるソースがあるので、まずはそれを取り除かないといけないなと考えてます。

ちなみに<http://~>から<https://~>に変更すると、今までにもらったFacebookの「いいね」やtwitterのリンクは全部なくなってしまうようです。

また一から「いいね」を集めたりといったことになってしまうのが少し残念ですね。

まあ、いずれ<https://~>に変更するのであれば早い段階にやっておけばいいのかなと思いました。

今後、ウェブロードのサイトでも、お問い合わせフォーム以外に、顧客情報を入力して頂いたり、会員サービスを提供したり、決済システムを導入したり、何らかの形で<https://~>のセキュアな環境を使わなければならない可能性もある事を踏まえて、変更しておけば良いかなと考えたのです。

2.重複コンテンツに関する問題

今まで6年以上運営してきた「http://www.webroad.co.jp/」から、完全に「https://www.webroad.co.jp/」に移行することになるので、301リダイレクトで対応してみました。

アクセス解析はそのまま<http://~>で登録した時のもので問題ないようですが、グーグルウェブマスターツールは、<https://~>のサイトアドレスで追加登録しました。

丸1日経ったのですが、こんな状態です。明日くらいから徐々に増えてくるのかな!?

ウェブマスターツール

「https://www.webroad.co.jp/」のグーグルウェブマスターツールは632ページインデックスされているのですが、今回は再度0からのスタートです。

どこまで増えていくのか様子を見守っていきます。

<http://~>でインデックスされているページについては、サーバー内でサイトの301リダイレクトの転送処理を行っているので、問題なく引き継いでくれるはずです。

ただ、今までと同じキーワード検索順位ランキングにいてくれるかと少し不安を持っています。

ドメイン自体は「webroad.co.jp」と変わっていないので、Google側で適切に対応してくれるだろうなと少し期待を持っています。

リダイレクトなどの部分は、こちらで色々作業をしなければならないとなると面倒ですし、大きく順位を落とすような事になればショックですからね。

404ページも作っておかなければ、今はファイルのないページにアクセスすれば、エックスサーバーの「404 File Not Found」ページが出ています。対応を急がなければなりません。

そんなこんなでこの土日も家族サービスの合間にパソコン片手に調査したり、修正したり、ブログを書いたりと、色々な作業をやっていますが、なんとか月曜日中ぐらいに問題解決させてしまいたいなと考えています。

追記)2/1(日)13:20 ようやくエラーが消えました。

https問題解決はてなブックマークボタンの自動生成リンクボタンがどうしても、<http://~>で始まるのが消えず、はてなブックマークボタンを削除してしまえば解決しました。

データベース文字列の変更も行いましたし、JavaScriptファイルの修正なんかも行って、ここにやっと辿り着けました。

今日からまたウェブロードサイトも再出発です。引き続き、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

この記事に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520 サービス一覧はこちら

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

貴社名

電話番号

お問い合わせ項目を選択してください (必須)

当記事についてWordPressサイト制作WordPressへの移行検索上位表示コンサルWPカスタマイズのご依頼保守管理・運営代行弊社サービスについてその他

選択項目について内容を詳しくご記入ください (必須)

株式会社ウェブロードのプライバシーポリシーに同意する。プライバシーポリシー

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。経営理念「対話をカタチに変え、Webの価値を高め続ける」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。西宮商工会議所青年部広報委員長、尼崎商工会議所会員。

関連記事

  1. アナログな自治会業務をIT化できるのか?
  2. SNSに投稿されたピース写真で指紋が複製される?
  3. Webブラウザの表示画面タブを複数個同時に開く方法
  4. なぜ感謝するのか?社会との関わりで考えてみた
  5. 中小企業が自社アプリを持たなくても良い理由
  6. 能力の高いプログラマーの見つけ方
  7. 集客の受け皿となる販売ページ作りに力を入れよう
  8. 個人事業主がブログを書くべき3つの理由

最近の記事

  1. 電卓計算

最新のお知らせ

太田拓税理士事務所様のHP制作

西九条駅から徒歩1分くらいの所にある太田拓税理士事務所様のホームページのリニューアルをさせていただきました。従来のサイトはスマホでもパソコンと同じ見え方をしていたため、今回はスマホ化を一番重視しておられました。 打ち合わ […]
コメントなし

心理カウンセリングのエンパシールーム様のHP制作

2011年に弊社でHPを制作させていただいてから7年以上にわたってサポートさせているリトルラビット様が、新たに事業を立ち上げられるということで新規サイト制作をさせていただきました。 代表の玉川さんが1年以上前からずっと心 […]
コメントなし

尼崎亀谷スポーツボクシングジム様のHPリニューアルを行いました

尼崎の県道13号から山手幹線に入ったすぐ西に尼崎亀谷スポーツボクシングジムはあります。ボクシングエクササイズは、短時間で楽しく脂肪燃焼ができるということも話題となり、女性の人気が高まっています。そのため女性に向けたデザイ […]
コメントなし

夏季休暇のお知らせ

ウェブロードでは8月6日(月)、7日(火)、13日(月)、14日(火)、15日(水)の5日間、夏季休暇をいただきます。 4日(土)~7日(火)にいただきましたメールへのご返信は8日(水)から順次、11日(土)~15日(水 […]
コメントなし

中古車・中古マイクロバスの買取・販売のオートギャラクシー様

オートギャラクシー様はマイクロバスの買取販売・リース・中古マイクロバスの輸出といった、中古車業の中でも珍しい数少ない業種の会社様です。 中古車を取り扱う会社は多いものの、マイクロバスを専門的に扱っている会社となると全国的 […]
コメントなし

サイト内検索

アーカイブ

PAGE TOP