ブログ

HPのアドレスはwwwありとwww無しのどっちが良い?

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

www初めてホームページを作る人がドメインを取って、レンタルサーバーも借りて、いざホームページとするアドレスを設置しようとするときに迷うことがあります。それはホームページアドレスをwwwありにするのかそれともwwwを無しにするのかという疑問です。

まず、結論から申し上げますと、wwwありでもwwwなしでも、どちらでもSEO上有利になる、不利になると言ったことはございません。安心して、どちらでもあなたの気に入ったほうを使いましょう。こう書くと、余計に迷われる方もいらっしゃると思いますので、ここから少し詳しく説明して参ります。

Yahoo!やgoogleなどの、昔からあるインターネット企業のホームページのアドレスを見ると、wwwが付いています。そのため一般的にはwwwが付いているとインターネット上のホームページであるという認識を我々は持っています。

元々はwebサイトのサーバーであるということを、見た目に分からせるために、ドメインの前にworld wide webの省略形である、wwwを付けるという習慣から来ているものです。しかし、現在に至っては、わざわざwwwを付けなくても、ドメインを見るとホームページ上のアドレスであるということは世間一般の共通認識として持つようになりました。

逆に、wwwを付けることによってアドレスが長くなってしまい、入力する際や、お知らせする際に、逆に面倒な部分となってしまったのです。そのため近年では、特に必要無ければwwwを使わず、ドメイン名だけの部分でホームページアドレスを公開している会社も多くなっています。

wwwありかwww無しかは統一すべき

SEOここまで読まれて、wwwありでも無しでもどちらでも良いということで、どちらでもアクセスできるようにしておこうと思われたかも知れません。wwwありのサイトにアクセスしてもwwwなしのサイトにアクセスしても、同じページが表示されれば、分かりやすいですよね。

しかし、技術的な側面から言うと、どちらかのアドレスを正式版として、定めておかなければならないのです。これはSEOの問題にも大きく関わってきます。

運営を継続していると、いろいろなサイトから紹介されたり、リンクを貼ってもらえたりして、ページの価値がどんどん高まってきます。その際に、wwwありで紹介されたり、www無しで紹介されたりすると、インターネット上はwwwありとwww無しとの2つのサイトという風に別々のものとして認識されるため、他のサイトから貰ったリンクのパワーや、サイトとしての価値が分散してしまうことになるのです。

これは非常にもったいないことで、そもそもひとつのホームページとして扱えば、100の力があったとしても分散されてそれぞれ50と50の2つのサイトで運営するということになってしまうのです。

そうなれば、単純な例で考えると、検索結果3位に出るはずのサイトが、6位に2つ並んで出てくるというような、そんなイメージになってしまうのです。

この例は全く適切ではないですし、実態もそんな事はないのですが、あくまでもページの力が分散されるイメージをお伝えするためだけに書いたということで、捉えておいてください。

このように、wwwありとwww無しとを分散させてしまうということは、検索結果における順位にも繋がってくるのです。

ではどうやって統一すれば良いのか?

これはwordpressのブログであれば、設定の箇所で表示させるアドレス部分に、wwwありのアドレスを書くか、もしくは、www無しのアドレスを書くかによって、自動的に片側に統一されます。

専門用語としては「リダイレクト」という表現を使いますが、設定したアドレスとは別のアドレス(設定がwwwありであればwww無しの方にアクセスした場合を指します)にアクセスがあれば、自動的に設定した方に瞬間移動させるということです。

この瞬間移動が「リダイレクト」というものであり、こうしておけば、他のサイトでリンクを貼られたり、紹介されたりする時に、どちらか一方の表示に統一することができます。ワードプレスサイトでない場合などは、「.htaccess」といったファイルを1枚作る必要が出てきて、その中にどちらかに統一するという記述を行うことになります。

これは詳しくはこちらのページ(サイトURLを「wwwあり」「index.htmlなし」に統一したい)に書きましたので、もしご興味のある方はそちらを参照して頂ければ幸いです。

最後にもう一度結論を書いておきます。wwwありでもwwwなしでもどちらでも好きな方を選べば良いということです。

ただし、必要なのことは、どちらか一方に統一するということです。統一をしておかなければサイトの上位表示などの面で大きな不利益を被ることになりますので、その点だけは忘れずに、きちんと対応しておいていただきたいと考えています。

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。業種別難易度表もご参考程度に。

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. トップページの改善時に最初に行う手順
  2. 社長 会社ブログ記事のコンテンツは社長の朝礼や訓示の中にある
  3. ブログを気軽に継続し、成果を出すためのヒント
  4. ドメインを育てることの大切さ
  5. 濃い内容で継続してブログを書いている時に陥りがちなこと
  6. 本 目次と文章量・情報量だけで検索ランキングは決まらない
  7. HPが更新できないストレスから貴社を解放するべき
  8. 会社が人材採用の専用ページを今すぐ作るべき理由

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年6月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP