ブログ

複数ドメインと被リンクはすっかり過去のWeb戦術

LINEで送る
Pocket

相互にリンクしている状態多少ホームページの情報量が少なくても、ドメインを分けて、ホームページのIPアドレス分散させて、それぞれに関連サイトとしてリンクを貼り合うといったことは、どこまで効力があるかは疑問です。なぜ、こういったことを書くのかと言うと、過去にIPアドレスが分散されたホームページからの相互リンクが有効だった経緯があるからです。

そういった、過去メリットがあった情報を、そのまま現在にも適用している例が少なからずあります。今となっては、複数ドメインや被リンクを稼ぐといった方法は、通常、中小企業で採りません。小さな会社でのホームページ運営は、コンテンツオンリーで進めていく方が将来のためにも先の見えた投資につながります。

さて、複数ドメインと被リンクについて、ここからもう少し詳しくお話してみます。まず、ここでいう複数ドメインとは、サブドメインではない、文字列の違うドメインという前提で考えてみます。

A.com
B.com
C.com

簡単にA.comにとってのサブドメインを書いておきますと、下記のようなものです。

a.A.com
b.A.com
c.A.com

「被リンク」というのはドメインの違うサイトから自分のサイトに向けて、リンクを貼ってもらうということです。つまり、被リンク元のサイトにある、テキストや画像をクリックすると、自分のサイトに飛んでくるような、そういう設定をしてもらっているというのが被リンクです。

逆に、自分のホームページから友人のブログや関連サイトなどにリンクを飛ばすことを、「発リンク」と言ったりもします。複数ドメインにするというのは自分で購入すればいくらでもドメインは作れます。しかし、コンテンツはそうやすやすと作れません。つまり、コンテンツがしっかりと蓄えられていないうちは、ドメインを分ける必要も全くないのです。その場合はディレクトリをきちんと分けて同じドメインで展開することで問題ありません。

SEO効果を狙った複数ドメイン運用やIPアドレスの分散ということは考えなくても良い時代になっているのです。ドメインを複数で管理しないとなると、自分の管理する別のドメインから自分のメインサイトに被リンクを付けるということができなくなります。しかし、これは、元々検索エンジンから嫌われていた、自作自演の被リンクをやめるという意味では、好ましいことであります。

そうなれば、他のサイトから被リンクを頂くということになるのですが、簡単に自分のサイトのコンテンツにリンクを貼ってくれるような場面というのはありません。ビジネス用途のホームページで、自動的にリンクが集まる仕組みというのはどう考えても難しいです。やはりお役立ち情報などをたくさん掲載することで、で被リンクを獲得することが望まれます。

しかし、ちょっとしたお役立ち情報くらいでは、web上に情報は溢れ返っていますので、リンクが付くことはまずないでしょう。リンクから自社のホームページに来てもらうような導線を構築するのは長い時間が掛かることですし、それなりの有意義な情報を長期に渡って継続して制作していく労力も掛かります。

走りながら、考えながら、運営を継続し、複数ドメインや被リンクのことは考えずに、コンテンツに集中する方法が王道だと考えます。

この記事に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520 サービス一覧はこちら

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

貴社名

電話番号

お問い合わせ項目を選択してください (必須)

当記事についてWordPressサイト制作WordPressへの移行検索上位表示コンサルWPカスタマイズのご依頼保守管理・運営代行弊社サービスについてその他

選択項目について内容を詳しくご記入ください (必須)

株式会社ウェブロードのプライバシーポリシーに同意する。プライバシーポリシー

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。経営理念「対話をカタチに変え、Webの価値を高め続ける」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。西宮商工会議所青年部広報委員長、尼崎商工会議所会員。

関連記事

  1. ホームページの列の説明 パソコンHPとスマホHPのカラム設定の考え方
  2. 社長 社長の頭の中を情報コンテンツとしてまとめる
  3. プラレール プラレール的なアナログコンテンツがWebでも生き残る
  4. グラフなどの資料 会社ホームページの存在意義は?
  5. 相見積もりを防ぐためのお問い合わせフォームページの作り方
  6. ブログを書いたらアクセスが順調に伸びます
  7. ITシステム導入前に初心者が知っておくべき内容
  8. 老朽化した建物と同じ 会社ホームページを放置状態にしているとどうなるか?

最近の記事

  1. 自然素材で出来た住宅

最新のお知らせ

アーキテック様の新規HPを制作しました

アーキテック株式会社様はアパート・ハイツ・メゾン・コーポなど、中小規模の集合住宅の建物の劣化や雨漏りなどの総合的な調査・工事施工会社様です。 赤外線カメラとドローンを使った外壁や建物調査診断から、補修や工事必要箇所を特定 […]
コメントなし

西宮の新築注文デザイン住宅のワイズハウス様のHP制作

西宮のワイズハウス様のサイトを制作させていただきました。スタッフの方が画像制作や、ブログ操作ができるということもあり、サイト全体をWordPressで作成しました。管理画面から画像入れ替えや記事投稿をメニューの設定など様 […]
コメントなし

太田拓税理士事務所様のHP制作

西九条駅から徒歩1分くらいの所にある太田拓税理士事務所様のホームページのリニューアルをさせていただきました。従来のサイトはスマホでもパソコンと同じ見え方をしていたため、今回はスマホ化を一番重視しておられました。 打ち合わ […]
コメントなし

心理カウンセリングのエンパシールーム様のHP制作

2011年に弊社でHPを制作させていただいてから7年以上にわたってサポートさせているリトルラビット様が、新たに事業を立ち上げられるということで新規サイト制作をさせていただきました。 代表の玉川さんが1年以上前からずっと心 […]
コメントなし

尼崎亀谷スポーツボクシングジム様のHPリニューアルを行いました

尼崎の県道13号から山手幹線に入ったすぐ西に尼崎亀谷スポーツボクシングジムはあります。ボクシングエクササイズは、短時間で楽しく脂肪燃焼ができるということも話題となり、女性の人気が高まっています。そのため女性に向けたデザイ […]
コメントなし

サイト内検索

アーカイブ

PAGE TOP