ブログ

ドメインを育てることの大切さ

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

ドメインホームページの内容が異なるごとにドメインを新たに取得し、それぞれにホームページを展開するという方法もあります。しかし、弊社がオススメしている方法は、一つのドメインを大事に育てて行くことです。

長期間ホームページを運営していると、もうひとつホームページが欲しいと思うこともあります。この場合、同じ会社が運営するホームページであれば、内容が多少異なっても、ディレクトリに分けて、別々のホームページとして表現する方法が良いでしょう。

弊社も会社の公式サイトと社長ブログを同じドメインで、別々のサイトとして運営しています。下記の2つのアドレスを見て頂くと分かると思いますが、どちらも「webroad.co.jp」のドメインで、社長ブログはその下層ディレクトリを使って構築しています。

会社サイト 「webroad.co.jp/」
社長ブログ 「webroad.co.jp/homepage/」

特に個人や中小企業など、ホームページに十分な人的なリソースを割り当てることができない会社は、この方法を採るほうが良いです。

世界地図ここで、話をミクロ視点からマクロ視点に移します。現在インターネット上には、ホームページやブログ等のwebページ、ソーシャルメディアの記事などが、とてつもないスピードで増殖しています。あまりに簡単にインターネット上に情報公開が出来るため、ページの増殖が著しいのです。

そのためにWeb上に公開しているドメイン自体が見つかりにくくなっているという現状があります。これは将来に渡っても継続して行き、増加の一途を辿ると予想されていますので、価値のないサイトは、検索結果には出てこなくなるようになっていくはずです。つまり、5個も6個もドメインを取得してホームページを展開しても、それぞれに十分に内容まで手が回らず、内容が疎かになってしまえば、複数個運営する意味が無いということになります。

そうなるのであれば、一つのドメインに集中的に情報を投入し、そのドメインの価値を高めていく方が望ましいでしょう。結局そちらの方がweb上でも自社の存在感をアピールする事になり、また検索結果での入り口としてのWebページも増えることになり、将来的にはお勧めの方法になります。

特にインターネットの場合は、時代がどうなっていくのか、方向性を見定めることが難しいので、出来れば手を広げ過ぎず、小さくまとまった範囲でweb展開していくことが良いでしょう。あなたのビジネスに関係する情報量を増やし、地道にページ数を増やして行くことを実直に継続されることをお勧めします。

Web広告もどうなるか分からないので、僕は情報量がキーになると考えています。コンテンツ主導にすべきです。Web広告も既にブロックされたりする仕組みが出てきているから、いつまでも広告頼みでは、Webにおいてはビジネスの足元を掬われます。

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。業種別難易度表もご参考程度に。

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. 過去ページから新ページへの誘導
  2. アクセスのない相互リンク集ページは削除しよう
  3. ホームページ運用で乗り越えなければならない壁
  4. 自社HPでは専門分野のアドバイザーの役割を担うこと
  5. トップページの改善時に最初に行う手順
  6. 20代~30代の若者向けのホームページを作る場合
  7. ハードよりもソフト(コンテンツ)が重要
  8. お客様が安心してアクセスできる安全なHPにしよう

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年6月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP