ブログ

集客・販売ページ分離、特に通販サイト運営者は注意

LINEで送る
Pocket

集客SEOは主に集客の部分を担うことになります。膨大なインターネット上の情報から、自社のサイトを探してもらって、辿り着いてもらうには、大変な労力を要します。今回は、そのSEOで訪問してもらった後のお話になります。

集客できて自社のホームページのどこかのページにアクセスがあると、必ず見せたいページに誘導するように仕向けます。そこで商品を販売したり、商品・サービスに関心を持ってもらうような文章を書いておくのです。その文章ですが、必ず営業マンや社長・経営者や役員など、商品・サービスに詳しい人間が書くようにしましょう。

商品に詳しい人間が、自分がなぜその商品を気に入っているのか、どこがおすすめなのかを分かりやすく、自分の言葉で書くことが一番確実に読んでもらえ、訪問者の興味を引き付ける内容になります。

集客するためのページと販売するためのページは必ず分けること

集客するためのページというのは、いわゆるSEOで検索エンジンから流入を促す入り口となるページのことです。一方、販売するためのページというのは、商品やサービスの特徴を説明し、購買意欲を掻き立てるような内容を掲載しているページのことです。

コンテンツとして有益な情報をたくさん掲載し、ページ数を増やすというのは、この集客するためのページのことであるということを忘れてはいけません。集客するために特化しているページでは、販売するための情報をたくさん掲載することは避けた方が無難です。あからさまか売り込みや広告は、訪問者が一番嫌いなことになります。

SEOでは基本的には集客部分しか担えません。販売部分を担おうと思えば、明確な販売ページヘ誘導するか、直接その販売ページをグーグルアドワーズなどのWeb広告に出稿します。とにかくコンテンツをたくさん作りましょうと僕が書いているのは、集客であるSEOのためと、あなた(会社)のブランディングのためなのです。

集客のページ、つまり有益な情報ページに辿り着いた訪問者は、単に情報に興味があってアクセスしただけであり、いきなり販売されることは本意ではありません。ホームページのアクセスの全てを一括りにするのではなく、まずは有益な情報で集客し、そこから興味関心のあるお客様だけを販売のページへ誘導するという流れを、しっかりと構築することがホームページの導線を作るということなのです。

ここまで書いて通販サイト運営やネットショップ経営者の方はお気づきかもしれません。

つまり、ネットショップを運営していれば全てのページが販売専用ページになっている場合が多くなります。

そのページを広告で集客するのなら問題はないのですが、SEOでその販売ページにキーワード集客することは無理に考えないほうが良いです。

SEOでの集客の場合は、別途コンテンツブログを書いて、そこから販売ページへ流していくという、「集客と販売の切り分け」がどうしても必要になるということなのです。

切り分けは非常にボリュームのある作業が続くことになるのですが、その大変さを乗り越えてこそ、安定したSEOでの集客と、そこからの販売が可能になるのです。

この記事に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520 サービス一覧はこちら

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

貴社名

電話番号

お問い合わせ項目を選択してください (必須)

当記事についてWordPressサイト制作WordPressへの移行検索上位表示コンサルWPカスタマイズのご依頼保守管理・運営代行弊社サービスについてその他

選択項目について内容を詳しくご記入ください (必須)

株式会社ウェブロードのプライバシーポリシーに同意する。プライバシーポリシー

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。経営理念「対話をカタチに変え、Webの価値を高め続ける」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。西宮商工会議所青年部広報委員長、尼崎商工会議所会員。

関連記事

  1. 個人経営サロンならホットペッパービューティーは使わなくてOK
  2. ビール 集客用と販売用のキャッチコピーを分ける
  3. メールマガジンはどうやって発行するものですか?
  4. 外見だけで性格を見抜く技術
  5. 販売商品・サービスに定価がない場合はブログを書こう
  6. 感情 共感を得るためには語りかける
  7. 高枝切りバサミの顧客リスト収集戦略
  8. 本質をシンプルに表現出来るのが高付加価値

最近の記事

最新のお知らせ

中古車・中古マイクロバスの買取・販売のオートギャラクシー様

オートギャラクシー様はマイクロバスの買取販売・リース・中古マイクロバスの輸出といった、中古車業の中でも珍しい数少ない業種の会社様です。 中古車を取り扱う会社は多いものの、マイクロバスを専門的に扱っている会社となると全国的 […]
コメントなし

御影のどか保育園様のHP制作を行いました

御影のどか保育園様のHPのリニューアルとパンフレットの制作をさせていただきました。 社会福祉法人信愛学園という法人の中に、児童養護施設信愛学園と御影乳児院と御影のどか保育園の3施設があります。御影のどか保育園様は信愛学園 […]
コメントなし

倉本運送株式会社様のサイトリニューアルをしました

2011年にホームページを制作させて頂いて、その後7年に渡って継続してWeb周りの保守をさせていただいていた倉本運送株式会社様ですが、今回採用に力を入れなおしてサイトをリニューアルさせたいとのご要望をいただき、採用をベー […]
コメントなし

「旗ポール建て隊」様のWebサイトを制作しました

旗ポール建て隊様のホームページ制作は、西宮商工会議所の職員の方にも初回から三度の打ち合わせにご参加いただき、新規サービスの立ち上げをどの切り口かで進めるか徹底的に意見を出し合ってからのスタートでした。 ブレーンストーミン […]
コメントなし

スタジオポルテ夙川公園FPオフィス様HPを制作しました

JRさくら夙川駅から徒歩5分ほどのところにある、国道2号線沿いの「スタジオポルテ夙川公園FPオフィス」様のホームページを制作させていただきました。 こちらには松村様が経営されている、デイサービスという介護事業所があり、同 […]
コメントなし

サイト内検索

アーカイブ

PAGE TOP