ブログ

30代までは自分中心、40代以降は社会中心

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

定まらない方向30代中頃までは、自分で会社を経営しているということもあり、ビジネスの場では人との出会い方に関わらず、自らこう仕事をやっているという、仕事情報の発信を主体的に行っていました。

自ら情報発信をするというのは、すぐにでも仕事を介してお付き合いの出来る方との出会いが欲しいというところから来ていました。

これは40代になった今から考えてみると、自分の出来ることを発信するのとは違い、単なる自分のアピール、つまり、自社の広告をしているようなものでした。

これは大きな誤ちであり、30代後半なってやっと気づくことができました。

もしかして30代くらいまでは自己アピールをし続けていても、それぐらいの方が元気が良くて良いのかもしれません。ただそれは、今のお客様を中心に、私の仕事に対して寛容にかつ、育てて頂いたお陰であると実感します。

30代ぐらいまでというのはとにかく自分中心になりがちで、自分で会社経営をしていると、社長という肩書きもあり、偉くなったような気になってしまいます。

それらは全て錯覚であり、実は周りの人たちに支えられているだけで、自分は何も実感できていない恥ずかしい状態なのです。

ただ、会社経営をしてい ると必ず分岐点があり、自分の頭や行動パターンの切り替えを行わなければならない時がやってきます。40歳というのはちょうどその節目の時ではないかと思うのです。

30代までは自分中心、40代以降は社会中心

一方的な関係20代・30代までは自分の思うように自分のスキルを高めてきて、個人の能力をグレードアップさせることに集中して良いと思います。

40歳を超えても自分のスキルを上げて行くことはもちろん必要なのですが、それ以上に他人を引っ張って上げて行くということを考えて行かなければ、これ以後の仕事はうまく回らないと思います。

自分の事は二の次にして、相手のことを考えて行動し、その人に上に上がってもらい、そして、自分もその後で引っ張られるようにして一緒に高みに登る、そんなイメージでしょうか。

もしくは20代・30代の時に、人に迷惑を掛けっぱなしだったからこそ、今度は逆に下の世代にお返しをしていく世代に突入したのではないかと感じるのです。

伸びしろという意味で言えば、40代以降の人よりも20代・30代の人の方が圧倒的に可能性としては大きいです。年齢的にも、自分よりも伸びしろのある人たちのサポートをしていくのが正しい方向性だと感じます。

30代までとは違い40代以降はもっと社会に目を向けなければならないと感じています。それは30代までの個人中心だった自分が、40代以降は社会中心に移って行かなければならないということを、薄々感じているからです。

40代以降は関係性が重視される

40歳ぐらいまで生きてくると、これまでに様々な方々business-graphics-1428634-mと知り合い、関わってきて、その中で、相対的に自分というものの評価がなされていることになります。

これは独立して事業を行っていても、会社員として組織で働いていても、全く同じではないでしょうか。人生を生きてきた時間が長くなってきた以上、社会の中での個人としての存在感が大きくなってくるのです。

今までに関係のある方や、これから関係を持つ方が、今後も益々増えて行くということです。つまり、生き方としての個人という部分が重要になってきます。

30代までであれば、社会の中でもそれほど目立つことなく、自分の思うようなことが出来るでしょう。しかし、40代以降は社会との関係性をより重視して、自分だけでなく全体としてどうあるべきかということを考えて決断し、行動していく必要があると考えるのです。

「待つ」ことが出来るかどうか?

赤ちゃん話は少し変わりますが、子育ての例を出します。子育てをしていて思うのは、「待つ」ことができるかどうかです。

子供が自分でやろうとしているときに待てずに、先回りして手を出してしまうと、子供は後々まで、そのことが出来ない子になってしまいます。

そうなると子供にとっては、出来るはずだったことなのに、親のその行為1つで出来ないことになり、他人から出来ないレッテルを貼られることになるかも知れません。

また子供が勉強のやる気を出す前に勉強させようとすると、結局子供がやる気を出して自発的に勉強するまでもう少しだったとしても、先に親に言われると、自発的な気持ちも削がれ、勉強したくないという表現をし、反抗したいという気持ちになります。

子育てにおいて親が待ったり、我慢したりすることは必ず必要なことです。それは、子供の自尊心や自分で出来るという達成感を味わせるためにも必要ですし、子供の伸びしろを親が壊さないためにも必要なことです。

母親は、とにかく子供ができることまでやってあげることが愛情だと思いがちなので(思っていなくても、必要以上に手助けする傾向にあるということ)、ここは父親がはっきりと、子供が自分で出来ることは自分でさせていくという意識を強く持って、子育てに関わることが必要です。


未来に向かって

これはビジネスや営業の現場で言うと、自社の商品やサービスをもう少し待ってあげれば買う気になっているお客様に対して、「どうですか?」と先回りして勧めることによる、主体性や自尊心の破壊ではないかと考えるのです。

子育てにおいて必要なことはビジネスにおいて必要なことと共通します。営業においては、自ら勧めるのではなく、選択権は相手にあり、いつかの未来に自社の商品・サービスを選んで頂く選択肢に入れて頂くために、関係を構築し、継続させるというところに力を注ぐべきなのです。

子供の頃、親に勉強しなさいと言われると、そのとたんに勉強したくなくなったように、大人になっても、購入して下さいと言われると、とたんに購入したくなくなるものなのです。

年を取ってくるとどんどんせっかちになってくると言います。年と共に変化してくるマイナス面に対しては、自分で意識し、それに抗わなければなりません。ゆとりをもって人と接していれば、周りのことがよく見えるようになりますし、焦らないことが自分に対する自信にもつながってきます。その自信は他人から見ると懐の深さに映ります。

そんな懐の深い人と一緒にビジネスをすれば、自分もより人間性に深みが出てくるような気がします。そんな人とビジネスをしたいと僕は思いますし、自分がそんな懐の深さを持ち合わせるようになりたいと考えています。40歳以降は、そんな感じで、ゆとりと深みのある経営者になれるように精進して参ります。

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. 利益 会社のミッション・経営理念の考え方と作り方
  2. 会社員のネットビジネスでの起業
  3. 大企業オフィス 大企業に勤めていた人が起業した際に絶対に間違えてはならないこと
  4. 会社を辞めて組織に属さない時間を過ごす
  5. 30歳という年齢が独立起業のベストタイミング
  6. 個人で起業した場合に最初にやるべきこと
  7. 給与・ボーナスを損しない転職・退職時期は何月か?
  8. 会社名をどのようにして決めたか?

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年9月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP