ブログ

中小企業の経営課題をWebで解決するための提案

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

中小企業一般的に、ホームページ制作と言えば、パンフレット的なホームページというイメージで占められているのではないでしょうか?とにかく見た目重視の、あるだけで良い、存在を示すホームページです。

僕自身、主に個人・中小企業にホームページがどう使われれば一番メリットが出るかということを常に考え続けています。

http://www.smrj.go.jp/activity/nayami/
ここに中小企業の経営者の悩みトップ5が記されています。

  1. 売上が伸びない
  2. コストが掛かりすぎる
  3. 後継者や幹部をどう育てたらよいのか
  4. 運転資金がどうにかならないか
  5. パートナーをどう探せばよいか

これらの項目について、ホームページが出来るところをどう活用すればよいのか?という所で提案することも1つの考えではないかと思うのです。

1.売上が伸びない

この部分は集客と販売に切り分けて考えることが必要です。既に商品やサービスがある程度売れているものであるならば、集客数に比例して売上は伸びていくはずです。それならばホームページは集客に使うという判断ができます。

集客という部分では、ホームページは効果が出やすい媒体の1つになりますので、プランを立てて進めていくことが必要です。即効性があるのは広告出稿ですが、長期的に継続した集客を目指す場合はSEOを強化していく方が良いでしょう。

2.コストが掛かりすぎる

こちらはそもそも会社経営全般においてのコストダウンを考えていくことになります。一番大きい仕入部分の見直しであったり、通信費や印刷費などのランニングコストの見直しも、コストダウンに直結します。部分最適ではなく全体最適としてのコストダウンをお考えの場合、業務フロー全体の見直しからして行かなければなりません。

人件費部分のコストダウンはIT化によって多少賄うことが可能ですが、これを進めすぎると、サポートなど人の経験が生かされる部分でサービスが疎かになってしまう場合があります。

ホームページを大きくしていく段階では費用が掛かりますので、そもそもコストダウンを第一に求められている経営者に対しては、ホームページ制作・運営による広告宣伝費のコストダウンを進めるのは、状況にもよりますが、多くの場合はお勧めしにくい内容になります。

3.後継者や幹部をどう育てたらよいのか

中小企業では社長の考え方を十分に会社幹部や後継者に浸透させることが重要です。そのためにの一環として、ホームページ全体を社長ブログとして、1つの情報発信媒体にするということもひとつの方法です。

多くの中小企業では社長の意向が経営に大きく反映されますので、社長ブログを書くということは、社員教育の面では大きなメリットを発揮します。

また社員教育のみならず、社外の取引先との関係においても、どういった経営方針で会社が運営されているかどうか、どのような取引先を求めているかどうかということがオープンになり、取引相手にも経営内容が良く分かるようになります。

4.運転資金がどうにかならないか

運転資金の面においてはホームページは貢献しないかもしれません。ホームページを制作したり運営するということは、キャッシュアウトを意味するからです。金銭的な問題の場合は、とにかくホームページを全て内部に取り込むことです。

更新をストップさせても良いので、営業部の管轄にし、自社更新できるような体制に置き換え、キャッシュが社外に流出しないように努めましょう。

5.パートナーをどう探せばよいか

取引先の新規開拓においてはホームページが最も力を発揮できる場面の一つです。獲得したい取引先の詳細をホームページに明確に書いておき、関連するキーワードでページをいくつか作っておくのです。

しっかりとしたページ内容で、分かりやすく説明していれば、本当にあなたの会社の技術を本当に探している会社や、パートナーとして立候補したい会社からの連絡が、自動的に入ってくるようになります。これはSEOでできる部分でもあり、webで広告を掲載しても、それほど効果がないと思われる部分になります。

中小企業・個人の経営課題を解決できるか?

小規模企業が生き残っていくためには、コンテンツ制作による情報発信を継続することが必要です。誰もが閲覧できるホームページを使って情報発信を行うことにより、求め合う人や会社との出会いが可能になり、良い方向に進んで行けるはずです。

広告重視からコンテンツ重視にシフトしていくことが求められています。社長が中心となってホームページを継続して地道に運営していくことが、売上や教育の面で大きな貢献をしてくれることになります。

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。業種別難易度表もご参考程度に。

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. 独立後に知ったアフィリエイトという仕組み
  2. 会社員のネットビジネスでの起業
  3. 個人事業でビジネスを始めるなら自宅事務所にすべき
  4. 定年退職は単なる転職~男は年金なんて当てにせず死ぬまで働くべき
  5. 起業前の準備段階でも領収書とレシートは必ず集めておくこと
  6. 会社5期目に行った事業ドメインの見直し
  7. 会社名をどのようにして決めたか?
  8. Web制作業で起業できた方法

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年6月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP