ブログ

SEOの実績というのは今現在進行形のものだけ

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

検索の虫眼鏡SEOというのはホームページを運営・管理している方なら誰もが知っている、検索エンジンで特定のキーワードで上位表示させるノウハウのことです。

このSEOの実績は、色々なサイトで表示されていたりしますが、実績日時が明記されていなければ、「信用できるかどうかを、まず審議する必要がある」ということを業界外の方は承知しておきましょう。

SEOの実績というのは、今現在進行形のものだけであって、過去に1位になったというのは、たとえ3ヶ月前であっても、「昔取った杵づか」であり、今同じノウハウで検索エンジンでの上位表示が再現できるかどうかといえば答えは「ノー」である場合が多いのです。

パンダアップデート・ペンギンアップデート・ハミングバードなどといったメジャーアップデートを、SEOをかじっている人なら聞いたことがあると思います。そういったGoogleの検索エンジンでのメジャーアップデートが日本でどんどん導入されてきたのが、2012年頃以降で、既に5年以上前の話になります。

2012年以前のSEO実績として謳っているものは、今とはガラッと状況が異なり、現在通用しないノウハウで、順位の数字だけがクローズアップされているということです。SEOに関して、2012年は、まずは一つの分岐点として注意しておかなければならない年です。

2012年以前に出版された書籍に書かれている内容も、どこを参考にして良いか、どこを参考にしてはいけないか、というのが分かりにくくなっています。そのためSEOの歴史をよく知らない方は、2012年以前の書籍は参考にしない方が良いでしょう。

とにかく常に最新情報入手する必要があるのです。最新情報となると非常に難しく感じになるかもしれませんが、実はインターネットがない時代のマーケティング手法をそのままネットで実践する方法が、一番確実ではないかと僕は考えています。

日時の古いSEO実績は、今実現できないことの証明

砂時計SEOは常に進化し、検索順位も毎日のように上下変動があるものです。つまり、一時的な静止画ではなくて、永遠と続いていく動画のようなものなのですね。

そんな日常的に変動し、継続した流れの中の一点だけを切り取って、その切り取った一点だけの順位で実績として評価するのに疑問を感じるのは私だけではないはずです。

会社の経営で言えば、5年前に経常利益が過去最高記録したからといって、その5年前の過去最高の経常利益を、ずっと会社の現在の実績として掲示しているようなものになります。

つまり、今赤字を計上していたとしても、過去に良い状況の内容が一瞬でもあれば、それを表示しているのは明らかに違和感を感じることになります。

SEOというのは、それほど短期間で劇的に変動したりするものなのです。

直近1ヶ月の情報を、しかも平均値で算出しているかどうかぐらいのイメージで考えておかれるのが良いと思います。

ちなみに2012年以降は僕の管理サイトでも、大きく順位を落とした広告サイトなどもあります。例えば、今、僕のあるサイトが、とある超ビッグキーワードで500位にも入っていなかったとしても、過去に3位を取ったことがあるので、それを実績として、「〇〇の超ビッグキーワードで3位の実績」として書くのは容易なことです。

しかし、それは何の意味も持たないというのは明らかなので、そういう変化し続けている「検索エンジンという」ものに対しての実績の表現というのも、業界として正して行かなければならないことだと痛感しています。

今現在の実績を知る方法は簡単です。キーワードをGoogleの検索エンジンの窓に入力し、Enterキーを押すだけで結果が表示されるのですから。これこそがネットのオープンな部分であり、透明性の高い内容なのです。

要は自分で調べるという、ひと手間を掛けるかどうかが、仮にSEOの外注を考えた場合に、最初にあなたが行うべき判断の基礎となるのです。

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。業種別難易度表もご参考程度に。

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. SEOキーワード設定の手順
  2. Webだけで集客が完結するビジネスは無い
  3. チラシポスティングは見込み客とのファーストコンタクト
  4. Webとリアル店舗を一体化させておく
  5. プッシュアップ カテゴリ分類で検索流入が増加した事例
  6. 集客・販売ページ分離、特に通販サイト運営者は注意
  7. 広告宣伝せずに売上順調な先輩の飲食店の話
  8. 2016.4.11経産省発表の企業のソーシャルメディア活用事例

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年6月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP