ブログ

SEOキーワード設定の手順

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

下記の図を見て頂けますでしょうか?これはGoogleで検索をするときに「SEO キーワード」として入力した段階での、Googleのキーワード候補の一覧です。

Googleサジェスト機能

集客したいキーワードやテーマ、お客様の属性が決まっている場合は、こう言ったGoogleのキーワード検索候補、変換候補の自動取得機能を用いてテーマキーワードを選ぶというやり方もひとつの方法です。

Google Analytics(アクセス解析)・Google Search Console・GoogleAdWordsのキーワードツールなども組み合わせるとより良いでしょう。

このGoogleの変換候補・提案機能はいわゆる「Googleサジェスト」と言われるものですが、非常に強力なキーワード収集ツールとなります。誰でも簡単に使えるツールなので、どんなキーワードでコンテンツを作ればよいか迷われた際の参考にして頂きたいと思います。

今回僕が入力した「SEOキーワード」では、下記の7つのキーワードがサジェスト機能で提案されました。

「SEO キーワード チェック」
「SEO キーワード 難易度」
「SEO キーワード 数」
「SEO キーワード ツール」
「SEO キーワード 設定」
「SEO キーワード 順位」
「SEO キーワード 出現率」

今回のこの記事はその中でも上から5番目の「SEOキーワード設定」というキーワードをタイトルの頭に付けて、このことについて一つの記事として書いて行こうと思います。タイトルは、「SEOキーワード設定でのやるべき優先順位と作業手順」にしました。まさに頭からそのまま並べています。

もちろんこう言った有望なキーワードが見つかったとしても、実際にそのキーワードでどんな検索結果に現在なっているかという検証は欠かせません。実際に検索してそのキーワードで自分が書く記事が一番になれるかどうかというのは、書く内容に全てが掛かっているのです。

今こういった形でサジェストとしてGoogleが提案してくれるキーワードというのは、比較的検索数が多いので、プログラム的に自動で提案してくれる形になっています。そのために、ある程度の検索ボリュームが期待されます。

その検索ボリュームや検索結果におけるサイトの出現数というのは、実際に検索をすることで確認できます。必ずそのキーワードを使って記事を書く前に検索をして、状況を把握しなければならないのです。

実際に把握した状況は下記のキャプチャになります。この記事を投稿する前に「SEOキーワード設定」での検索結果はこのような形になっています。記事の投稿後、この記事が同じキーワード検索結果で上位に食い込めるのかを見てみます。

Google検索結果

SEOキーワード設定でやるべき優先順位順作業

ここから、キーワードを選択して記事を書くための作業手順について、簡単に4ステップにまとめておきます。SEOで集客するための手順です。

1.顧客ターゲットの決定
2.サイトテーマの決定
3.記事キーワードの決定
4.そのキーワードの検索結果で現在1位のサイトよりも充実した記事を書く

ただこれだけのことです。1記事ずつ丁寧に書くことが今後のSEOの重点項目になりますので、しっかりと腰を据えて記事を書いていきましょう。

1ターゲットとする顧客属性を決める

ターゲットなにはともあれ、どのターゲットに自分のホームページを見せるかということを決めずして、ホームページの運営は成り立ちません。

例えば、今回の「SEOキーワード設定」は、どんな訪問者の属性かというと、「現在ホームページを運営していて、集客のためのSEOを考えていて、どのようなキーワードを設定しようか迷っている方」という属性になります。

つまり、ホームページを運営していて、集客するためのキーワードの使い方を色々調査し調べて、何とかアクセスを集めたいと考えている方なのです。そもそも集客したい属性の人を決めなければ、キーワードの選定という次の手順に進めません。

まずは何よりも、どんなお客様が自社のお客様として相応しいのかを明確にするという、基本作業を行うようにしてください。それを行わずしてキーワードを決めても目的がブレてしまいます。

2ホームページ全体のテーマを決める

集客したいお客様の属性が決まれば、それに対応したテーマキーワードを考えます。ホームページの全体像を作るフェーズです。テーマキーワードというのはサイト全体を表すキーワードというふうに考えて頂ければOKです。

今から書く一つの記事のキーワードよりも、より広範囲に渡った複数個の記事(サイト)全体を表すキーワードという風にお考えください。

弊社であれば、「ホームページ制作」という大きなサイトテーマの中での、集客のための制作の部分、つまり、今回の「SEOキーワード設定」という記事キーワードという位置付けです。

3そのサイトテーマ内で、記事キーワードをサジェスト機能で選ぶ

サイトテーマに基づいて、それと関連のあるキーワードをGoogleのサジェスト機能で探していきます。書けそうなキーワードがあれば、実際にそのサジェストで選択したキーワードの検索結果を見ます。

検索結果に広告が多く出ているキーワードほど、そのキーワードで上位に表示できれば売上になりやすいキーワードということが分かります。つまり、売上につながるキーワードだからこそ、こぞって他の会社が広告を出しているということなのです。

あなたが誰よりも有益な情報を書ける自信のあるキーワードであれば、広告がたくさん掲載されているキーワードほど狙い目です。そのため、広告がたくさん掲載されているキーワードを攻めることは、うまくいった場合に見返りが大きいことが予想されます。

4検索結果で現在1位のページより、訪問者により役立つ情報を書く

お役立ち情報を書く自然検索の上に広告が掲載されているもの(グーグルアドワーズ)もありますが、それは除きます。広告を除いて1位に表示されているサイトよりも充実した内容で役に立てると思える内容が書ければ、1位のサイトよりも上位に行くことももちろんあります。

ここからはSEO集客の次の段階になります。訪問してもらった記事を読ませるという工夫が必要になってきます。文章の書き方や画像の見せ方、読みやすいページ作りといった、内容でホームページを継続して作っていくということが求められます。

それはキーワードをうまく設定し、SEOによって集客出来たからこそ辿り着くことのできる、一歩高みに上った結果なのです。こういった充実した記事を増やしていけば、必ずあなたのサイト全体として大きなアクセス増につながってきます。しかも、最初に訪問者の属性を絞り込んでいますので、集客から売り上げにつながる質の良いアクセスということに繋がるのです。

そしてこの記事の出現で検索結果が変わるかどうか・・・

この記事を投稿した後の検索結果は下記の通りです。記事投稿後しばらくたってから検索してみた結果が下記です。

投稿して18分後 27ページ目 262位

ブログ投稿から18分後

また不定期にこのページに追記し、後日、順位がどうなったかの推移を日付とともに書いておきたいと考えています。もちろん、記事だけの評価ではなくて、ドメインを含めて総合的な評価が行われていますので、記事とキーワードだけでの判断はできないところになります。

投稿3日後 14ページ目 137位

一度検索結果から消えたのですが、3日後に137位で復活しました。このように、新しいWeb上の記事は色々チェックされてることになります。また時間とともに順位が上昇すると思います。ではまた後日お会いしましょう!

seo-キーワード-設定---Google

投稿5日後 12ページ目 112位

5日後です。112位まで来ました。と言っても、まだこのキーワードで閲覧されることは皆無なレベルですね。112位まで来ました

投稿約1ヶ月後 8ページ目 77位

少し早いですが、1か月後の状況を久しぶりにチェックしてみました。100位は突破したようです。まあ、この順位でしたら、検索されることはまず無いのですが、イメージ通りに順調に上がってきています。また今日より1ヶ月後くらいに忘れなければ(笑)チェックして追記します。1か月後の順位

投稿約2ヶ月半後 3ページ目 29位

更に1ヶ月少し経過してからチェックしてみました。3ページ目に入ってきています。まだまだ検索して訪問してもらえる順位ではありませんが、ようやく土俵の近くまで来た感じがします。もう少し時間経過を待って、様子を見てみることにします。5月27日時点

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. 高枝切りバサミの顧客リスト収集戦略
  2. HPはFacebookで代用できる?
  3. ビール 集客用と販売用のキャッチコピーを分ける
  4. Webとリアル店舗を一体化させておく
  5. 飲食店などの割引クーポンがYahoo!検索1位に出ます
  6. そのSEOは今現在も通用するノウハウかどうか?
  7. 個人経営サロンならホットペッパービューティーは使わなくてOK
  8. 企業のSNSやダイレクトメールがスルーされやすい理由

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年9月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP