ブログ

顧客志向とプロダクト志向のバランスを取る

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

検索エンジンといえば、現在使われているのはほとんどGoogleと言っても過言ではありません。

ご存知の通りYahoo!で検索しても、検索結果に表示されるのはGoogleの検索結果です。

Yahoo!独自にカスタマイズされていますが、Googleの検索エンジンのシステムを利用しています。

スマートフォンの検索エンジンしてもAndroidではGoogleですし、iphoneのsafariでもデフォルトの検索エンジンはGoogleになっています。

アプリからの検索というの流れが近年増えているということは考慮外として、Googleの検索エンジンの将来が、今後の検索の未来を担っているとも言えます。

ユーザーだけを見据えたGoogleの進化

検索者 ホームページをお持ちの方ならご存知のように、Googleは検索エンジンの方を見ずにユーザーの方を見てサイトを運営しなさいと常々言っています。

このユーザーの方を向いて運営することで、一番主になってくるのは、制作するコンテンツになります。

その次に、制作したコンテンツをホームページ内に適切に、読みやすいように、見やすいように、ユーザーが使いやすいように配置するという工夫が運営者に求められます。

つまり、アクセスしてくれた人に対して、丁寧で分かりやすい有益な情報を提供してくださいとGoogleは言っているのです。

そのためにweb上に掲載するコンテンツ、つまりブログであれば投稿するブログの記事は、個人日記のように適当に、何か更新して書いておけば良いと言ったようなものではありません。

ビジネスとしてブログを運営しているのであれば、必ずその相手に役立ててもらえるような内容を掲載しておかなければ、そのコンテンツの存在意義が無いのです。

そのため役に立たないと判断されたページは、検索結果に表示されないということになります。検索結果で上位に表示されたいがために作るようなコンテンツであってはならないのです。

もちろん検索エンジンから大量に集客できれば大きな収益が予測されることになりますので、ホームページ運営者はすべてそういうことを心の中に秘め、追いかけています。

正しい順番は、ユーザーのための情報を書き、ユーザーに喜ばれ、そして、その結果としてアクセスの増加があるという流れなのです。

キーワード選択も検索エンジンを見ない方向に進める

ノートの上に鍵があるしっかりとしたコンテンツが書ければ、潜在的に検索エンジンで上位に表示される準備が整います。

現在の検索エンジンでは、記事をしっかり書いたとしても、検索エンジンである程度の順位、つまり、1ページ目や2ページ目に出てくるまでには、3ヶ月~半年ぐらいの期間は必ず掛かります。

上位に出てくるような潜在力のある記事が書ければ、次は検索結果に表示された際にどのようなキャッチコピーならクリックされるかというところが問題になります。

そのキャッチコピーに当たるのが、このコンテンツとなる記事のタイトルなのです。ブログで言えば投稿する際に付けるタイトルになります。

いきなりキャッチコピーを考えるのではなく、まずはどのキーワードが適切かをコンテンツから考えていきましょう。

キーワードの選択もホームページの運営と同様に、検索エンジンを見ずにユーザーだけを見て行う事が今後益々必要になってきます。

機械的にキーワードを調べて、競合サイトが少なそうだからタイトルキーワードに設定するといったようなことではユーザーの心に響きません。

もちろんキーワード抽出するときに、色々なツールを使って抽出することは良いのですが、それをどう味付けするかは、ホームページ運営者や記事の執筆者の腕の見せどころとなります。

顧客志向とプロダクト志向でキーワード選択をする方法

調べ物をしている人弊社の例ですと、単純にホームページ制作をしたい人だけを集めるために「ホームページ制作 西宮」と言ったような機械的に検索エンジンで上位表示できるキーワードだけで、集客することはなかなか難しくなってきています。

会社設立時から、サイトテーマであり、メインキーワードとして使っていたのですが、数年前からお問い合わせの発生しにくいキーワードになりつつあります。

要するに、単なる文字の羅列なので、上位表示されていても、検索者の心に響かないのです。

何でも何処でもモノが買える時代、Webで勝負するなら人の心に響くキーワードを考え続けるべきです。

これが無ければ機械に取って代わられる仕事になります。

ホームページを作りたいと思っている人が考えている「顧客志向」と、弊社が提供できるホームページに関するサービスの内容、つまり、「プロダクト志向」とを照らし合わせて、妥協点つまり、最適なキーワードを探っていきます。

まさに「ホームページ制作 西宮」というキーワードは、弊社がこのようなサービスを提供できますという「プロダクト志向」の発想から出たキーワードであり、検索上では「顧客志向」といったお客様視点での訴求力が弱まってきているキーワードであると考えています。

お客様は地域のホームページ制作会社なんてどうでも良くて、自分に対して何が出来るのかという視点でしか見ていないのです。調べ物にチェックを入れる社会全体が成熟し、その多くの商品やサービスが成熟期にあたる現在において、「プロダクト志向」よりも明らかに力を持っているのは「顧客志向」になります。

これがずっと以前より私が提唱しているお客様視点の内容なのです。

弊社のコンサルティング顧問サービスでは、このような内容を突っ込んでお客様のサイトで分析し、キーワード1つでどれだけ集客が変わってくるかということを、あなたご自身が出来るようになって頂くことになります。

ただそうは言っても、最優先はコンテンツ制作力であり、まずはしっかりと貴社内でコンテンツを作れる管理体勢を整えてることを並行して行っていきます。

Q&A社長ブログがアクセスの源泉で、お問い合わせに繋がるコンテンツ

話を戻しまして弊社の場合、キーワードに関してはお客様の声を拾っていって、それを元に新規のページにコンテンツを追加し、そのキーワードをタイトルに含めて試して行くというようなやり方を採用しています。

具体的に弊社のQ&Aのコンテンツをご覧ください。

Q&Aページのコンテンツのタイトルには、様々なキーワードが散りばめられています。建設中のビル弊社のホームページは、実はトップページへの直接アクセスというのは、お気に入りに入れてくださったり、弊社の名前で指定検索をする方ばかりであり、少数派です。

ほとんどの訪問者は、このQ&Aの各ページや、社長ブログへのキーワード検索からの訪問者になっているのです。

つまり、西宮でホームページを制作したいと言っても、お客様側から考えれば様々な作り方や、やり方があり、単に「ホームページ制作」という言葉だけでは片付けられない時代になっています。

本当にホームページが必要な初心者の方の場合は、そもそもWebで業者の検索をほとんどしません。

そもそも何が良いのかどこが良いのかが分かりません。

だから、お客様や友人を介しての紹介のほうが多くなりますし、それがあるべき姿であると考えています。

キーワードは常に変化していきます。

なぜならばそれは生の言葉であり、社会全体が進化し続けて行く限りは、キーワードも変わり続けるものだからです。

そのために、過去に作ったページであったとしても、内容を適時修正し、タイトルのキーワードを修正し更新することは、必ずやって頂かなければならないことなのです。

オロナミンCのようなロングセラーになっている商品であっても、少しずつ時代に応じて味を変化させてパッケージも変化させているという話を聞きます。

長い間社会で第一線で活躍できているようなものというのは、やはりその社会の情勢に合わせて、常にトップで居続けるよう、変化に敏感になり、それに合わせて自ら進化を繰り返し続けているということなのです。

コンテンツを増やし続ければ、キーワードの量も自然と増えて行きます。

顧客志向におけるキーワードを自社のプロダクト志向と照らし合わせながらキーワードを設定していく作業が、このキーワード選択の大変なところになるのです。

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. チラシポスティングは見込み客とのファーストコンタクト
  2. 広告宣伝せずに売上順調な先輩の飲食店の話
  3. ホームページを公開した時はアクセスはゼロです
  4. 営業マン お客様のタイミングを最優先し配慮ができる人材を育成
  5. 2016.4.11経産省発表の企業のソーシャルメディア活用事例
  6. 料理 サービス業なら値上げ(価値付け)で利益確保すべし
  7. HPはFacebookで代用できる?
  8. 高枝切りバサミの顧客リスト収集戦略

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年9月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP