ブログ

時間の掛かるWeb集客と販売の現実

LINEで送る
Pocket

インターネットを使っているユーザーのほとんどは、90%以上の時間を特定のサイトのコンテンツを読んだり、見たり、聞いたりすることに費やしています。逆に考えると、10%以下の時間しか実際に検索エンジンの検索窓にキーワードを入力して検索をするといった検索行動を取っていないということが言えます。

ブログを投稿していくことはこのインターネット上でのユーザーの10%以下の時間の行動について、ターゲットを絞った対策になります。実際にコンテンツを読んだり見たり聞いたりしている90パーセントの時間は、そのユーザーに自社の商品・サービスのリーチができないかといえばそういうことはありません。

ディスプレイ広告やコンテンツターゲティング広告と言われる、誰かのサイトのコンテンツに露出させる広告が、ユーザーの大部分の時間を使うインターネット上の行動にリーチできるのです。誰にリーチするか考える人

自社の商品やサービスを幅広いユーザーに認知させたいといった場合に、このようなディスプレイ広告は非常にメリットがあると感じています。あまり知られていないかもしれませんが、webコンテンツに幅広く表示されるディスプレイ広告であれば、例えば下記のようなことも可能です。対象を絞れば絞るほど、もちろんコストも掛からなくなります。

「現在、西宮市に住んでいる40代の男性で、趣味が車である人に向けてのみ、バナー広告を打つ」

経験を積むことで広告費のムダがどんどん少なくなるWeb広告

雑誌媒体やチラシ配布や地域の無料ペーパー・ミニコミ誌などでは、ある程度のロスは許容しなければなりません。反応率が悪い場合も、事前の予測通りにいかない場合も出てくるでしょう。しかし、ターゲットに適切に届くWeb広告であれば、対象となるユーザーのみにリーチするので、広告費の無駄というものがありません。

欠点は、webを利用しているユーザーのみにリーチできるということで、そもそもの分母が限定されてしまうと点になります。

ブログを書いているだけではリーチできないweb上のユーザーに接触するには、よほどSNSや口コミサイトでシェアされるコンテンツを投入するか、広告かの選択になるでしょう。そのため、web集客を考えている方は、この90パーセントにも上るWebを回遊しているユーザーに対する訴求として、ディスプレイ広告を併用するのは、検討すべき内容ではあると考えています。

ここまで、ディスプレイ広告のメリットを書きましたが、こういった広告を見るユーザーというのは強い購入意識はこれっぽっちも持っておらず、そのディスプレイ広告の商品・サービスに関して、初めて知ったり、興味を持ったりというレベルに留まるだけです。

その点、実際に検索して、調べ物や商品・サービスを探しているユーザーに直接リーチ出来るブログやホームページの記事は、既に購入や契約を検討している、もしくは購入意欲満々のユーザーにリーチできるという大きなメリットがあります。検索エンジンからのキーワード検索による発見は受け身の対策です。

しかし、検索キーワード連動型広告と呼ばれるリスティング広告では、積極的に自分が上位表示させたいキーワードで上位表示させることができる強力なツールです。拙いながらちょっと図示してみました。電通提唱の有名なAISASモデルです。

同じ「検索」のカテゴリーに属する「SEO※(※ブログやホームページの記事を検索エンジン経由で見つけてもらうこと)」と「リスティング広告」にも、下記のような違いがあると認識して良いでしょう。

誰にリーチするか?

長期視点では記事執筆が最強

キーワード検索による検索エンジンからの集客は受身の対策と上述しましたが、実際は記事投入を継続することにより、広告なしでもサイトは集客し、売上が上がるようになってきます。

結論としては記事投入が最強なのですが、検索キーワード連動型広告を使いながら集客・販売を行い、場合によってはディスプレイ広告で商品・サービスを広く告知していくような対策を組み合わせしていくことがベストでしょう。

あくまでも業種や商材によりますが、どの程度組み合わせていくかはそれぞれの検討課題です。

すぐに売りたいのか、資料請求して欲しいのか、会員登録して欲しいのか、見込み客だけを集客して行きたいのか、運営しているホームページによっては、キーワードからの検索訪問と、場合によっては検索キーワード連動型広告と、ディスプレイ広告を併用していくことも必要だと考えています。

この記事に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520 サービス一覧はこちら

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

貴社名

電話番号

お問い合わせ項目を選択してください (必須)

当記事についてWordPressサイト制作WordPressへの移行検索上位表示コンサルWPカスタマイズのご依頼保守管理・運営代行弊社サービスについてその他

選択項目について内容を詳しくご記入ください (必須)

株式会社ウェブロードのプライバシーポリシーに同意する。プライバシーポリシー

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。経営理念「対話をカタチに変え、Webの価値を高め続ける」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。西宮商工会議所青年部広報委員長、尼崎商工会議所会員。

関連記事

  1. Google Mapは誰でも自分のお店が登録出来る共有地図
  2. DeNA問題の根本は、長文が検索結果で上位表示される仕組みにある…
  3. リスティング広告運用は代理店に丸投げしてはいけない
  4. 学習塾HPの広告投入可能額と顧客獲得単価
  5. Google検索 あなたのWebサイトがキーワード検索で上位に来なくなった理由は?…
  6. メタタグ(スニペット)の個別記述で目立つページになる
  7. あなたのHPのアクセス数が減少している原因と対策
  8. ブログを書いたらアクセスが順調に伸びます

最近の記事

最新のお知らせ

中古車・中古マイクロバスの買取・販売のオートギャラクシー様

オートギャラクシー様はマイクロバスの買取販売・リース・中古マイクロバスの輸出といった、中古車業の中でも珍しい数少ない業種の会社様です。 中古車を取り扱う会社は多いものの、マイクロバスを専門的に扱っている会社となると全国的 […]
コメントなし

御影のどか保育園様のHP制作を行いました

御影のどか保育園様のHPのリニューアルとパンフレットの制作をさせていただきました。 社会福祉法人信愛学園という法人の中に、児童養護施設信愛学園と御影乳児院と御影のどか保育園の3施設があります。御影のどか保育園様は信愛学園 […]
コメントなし

倉本運送株式会社様のサイトリニューアルをしました

2011年にホームページを制作させて頂いて、その後7年に渡って継続してWeb周りの保守をさせていただいていた倉本運送株式会社様ですが、今回採用に力を入れなおしてサイトをリニューアルさせたいとのご要望をいただき、採用をベー […]
コメントなし

「旗ポール建て隊」様のWebサイトを制作しました

旗ポール建て隊様のホームページ制作は、西宮商工会議所の職員の方にも初回から三度の打ち合わせにご参加いただき、新規サービスの立ち上げをどの切り口かで進めるか徹底的に意見を出し合ってからのスタートでした。 ブレーンストーミン […]
コメントなし

スタジオポルテ夙川公園FPオフィス様HPを制作しました

JRさくら夙川駅から徒歩5分ほどのところにある、国道2号線沿いの「スタジオポルテ夙川公園FPオフィス」様のホームページを制作させていただきました。 こちらには松村様が経営されている、デイサービスという介護事業所があり、同 […]
コメントなし

サイト内検索

アーカイブ

PAGE TOP