旅館の予約システムを無料で導入する方法

LINE公式アカウントでの無料相談はこちら
LINEで送る
Pocket

大手ポータルサイト掲載に頼らず自力集客を目指す方へ

旅館のホームページが、楽天・じゃらん・トラベルコ・るるぶ・じゃらん等、大手のポータルサイトに掲載しているのは、広告宣伝目的という建前があるにしろ、多くの場合で予約システムを使うためだったり、決済システムを使うためであったりします。

そのため、大手のポータルサイトに少なくない金額を毎月支払っている小さなホテルや旅館業が数多く存在しています。

みんながそこに掲載しているから、右へならえで自分も掲載しなければならない、取り残されたくない、しかし、同じように掲載料を支払って枠を買い続けることにも疑問を感じている、そんな旅館業のオーナーの方は大手のサイト掲載枠にとらわれない独自集客を目指してみませんか?

このページでは小さな旅館経営者のオーナーの方で、大手のポータルサイトに多額の広告宣伝費やシステム利用料手数料を支払わないで、自前でホームページを用意し予約システムも自前で活用していく方に向けて書いていきます。

個人でもブログとSNSを活用して十分集客していける時代です。

特に旅館業であれば、発信する写真や映像の情報が足りないということはないはずです。

みんなが行っているものと反対の「逆張り」で進めていくことは、力を蓄えて長期的にビジネスを成功させる切り札にもなると個人的には考えています。

この記事ではそんなオーナーの方のために、簡単に使える予約システムをご紹介します。

「ホームページやパソコンのことは詳しくないよー」という方でも、ブログの投稿が出来る程度の知識があれば、簡単な予約システムは自前で運営していくことは可能です。

大手企業に支払い続けるポータルサイト掲載料を、本来の宿泊者のサービス向上のために回したいとお考えの事業者様には、ぜひお読みいただきたいと思います。

ホームページを WordPress でつくる

WordPressとホームページの違いがわからなくても全く問題ありません。

WordPressというオープンソース、つまり誰もが平等に使えるWeb上のプログラムを利用して、ホームページを作り、そこに宿泊希望者が予約入力できるシステムを搭載するという内容です。

ホームページや予約システムというと、非常に難しくてとても扱えないとお考えの方は多いかと思います。

しかし、前述しましたようにブログを投稿した事がある、もしくはブログの投稿くらいなら何とかできるかも、という方であれば問題なく使えます。

すでに世界中のホームページやブログの1/3がWordPressという仕組みを使って作られている今、あなたのホームページもWordPressで作られているかもしれません。

世界のIT技術はどんどん進化していっていますが、WordPressであればその進化に常について行ってくれていますので、パソコンのWindowsアップデートのようにアップデートをしていけば常に最新版のセキュリティ対応がされたホームページで運営することができるという優れものなのです。

どのような予約システムか?

母体となるWordPressの話はこれくらいにしまして、ここからは実際に旅館の予約システムをどのような形で運用できるかを見ていきましょう。

システムは複雑な処理をさせればさせるほど使う側の人間にもそれ相応の知識が必要になります。

そのため出来る限りシンプルに、最低限の内容だけ使えるようなシステムにしておくということがおすすめです。

簡単なシステムにしておく理由は、複雑なシステムにすればするほどカスタマイズや設定に時間もお金もかかりますし、社内で業務を引き継いだ時に、後任者が使い方がわからないと言ったことを避ける意味合いもあります。

とりあえずですが、ざっと簡単に動作確認用のページを作りましたので、下記のページで一度予約システムの動作確認もしてみてください。
https://www.webroad.co.jp/hotel-yoyaku

上記のURLから実際の操作をしていただくことはできますが、下記にも画像のキャプチャを数枚掲載しておきます。

1.予約専用のページをクリックすると下記のように日付から宿泊日を選べるカレンダーが出てきます。

2.カレンダーから日付を選択すると大人と子供の人数の設定項目が出てきます。
今回はデモのため最低限のないようにしていますが、項目は追加で必要な分を増やすことができます。

3.大人2名、子供2名のように人数を入力すると、管理画面(述します)で設定した金額が表示されます。

4.予約の詳細確認の画面と、お申込者の個人情報の入力画面に切り替わります。

5.内容に間違いがなければ個人情報を入力し、「予約する」のボタンを押します。

6.予約手続きが完了するとともに旅館側にも入力内容がメールで届き、予約者にも入力内容の確認メールが届きます。

この予約システム自体はホームページがWordPressで作られていれば無料で使えるのですが、もう少し機能を拡張したい場合は月々4ドルで有償版を利用できます。※支払いはクレジットカード等できます。

シンプルに最低限の機能だけで予約システムを使うには無料版でも十分ですが、無償版から有償版にアップグレードすれば下記の機能が使えるようになります。

・ストライプとPayPalでの支払い
・Stripeのクレジットカード支払いの簡単な紹介、「ApplePay」「PaywithGoogle」による支払い
・予約日やサービスを変更して、顧客の予約を編集
・iCalとの同期
・会員機能
・管理者操作でユーザーアカウントを作成および管理
・訪問者によってユーザーアカウントを作成

小さな旅館や個人経営のホテルであれば、無償版でも十分使える内容です。

Booking Package – 予約システムの設定

ではここから、「Booking Package – 予約システム」の管理画面の設定の部分だけご紹介します。

1.スケジュール設定から「スケジュールの編集」をクリックします。
2.曜日は繁忙期によって料金が異なる場合は、1日ごとに異なる料金設定ができます。
予約があれば一件ごとにその日の予約可能件数が自動的に減少していきます。
電話予約があった場合は、手入力で予約システム上、減少させる必要があります。

3.入力フォームには個人情報を入力してもらう項目を設定できます。
こちらの項目もいくつでも追加は可能ですが、予約者の手間を省くためにも最小限の項目にしておくことがおすすめです。

4.追加料金|税金の項目は有償利用のユーザーのみ使える形になっているようですが、特になくても問題ありません。

5.予約内容のメール通知は管理者側にも予約者側にも別の内容で設定が可能です。
ここでは項目をお見せしているだけですが、細かくメールの文面を書いておくことにより、自動返信メールのみで旅館側の心配りや気持ちを伝えることができます。
設定項目に関しましても細かくはこれ以外にもたくさんありますが、このページで一度に全て紹介してもお腹いっぱいになりますのでこれくらいにしておきます。

6.最後の画像は各種設定項目のページです。
割と下に長いページで設定項目は非常に多岐にわたっておりますが、最初に設定してしまえば後は定期的なメンテナンスだけで問題ないかと思います。

以上、旅館業の「BookingPackage–予約システム」の内容を中心にお話をしてきました。

Googleでも予約システム旅館業などで検索すれば様々な予約システムが販売されていますが、成果報酬になっていたり、その会社のシステムを使い続けざるを得ない状況になったりといったところが、他社のフレームワークで予約システムを使う場合の懸念事項になるかと考えています。

今回ご紹介したWordPressで使う予約システムは、WordPressというホームページ作成の仕組み自体が、前述した通りオープンソースなので、使うも使わないも自由ですし、自ら使っている限り料金が発生するということもありません。

ここはオーナー様の考え方次第になるかと思います。

旅館業にとって宿泊予約管理は非常に重要な業務になるかと思いますので、ぜひしっかりとご検討していただいて、このページを読んでくださった方が、ご自身に合った予約システムと出会い、事業を伸ばしていただくことを願っております。

Follow me!

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。 (HP活用方法の動画一覧→Youtubeチャンネル) 経営理念「育て拡げるお手伝い」の下、IT活用に活路を見出す個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。 西宮商工会議所青年部2018年度広報委員長、尼崎商工会議所会員。