ブログ

コピーされることが前提でビジネスを組み立てる

LINEで送る
Pocket

今日は、今後の新規ビジネスを考える上でのヒントにして頂きたく、デジタルとコピーについて書きます。

大量生産商品が大量に販売できた時代は、製造者の方でコピーし、生産する能力を持っていました。ところが現在では製造者が自社の商品をコピーしなくても、消費者の方でコピーできるものが多くなっています。ここでは偽造品や偽ブランドなどのコピー商品は除き、デジタルデータを利用した製造ということで考えます。

思いの他、デジタルデータで作られているものは巷に溢れているのです。音楽のCDにしても、昔は制作側や製造メーカー側がCDをプレスして販売しなければ、その音楽を聞くことが出来ませんでした。CD-Rにコピーしかし、今ではコピーしても劣化しないデジタルデータの普及に伴い、音源がYouTubeに公開されれば、良い悪いは別として、消費者側で簡単にコピーしてCDが製造出来てしまいます。例えば、YouTubeに投稿されている音源(デジタルデータ)のURLが分かれば、MP3という、CD-Rにもコピーできる音源に早変わりします。

例えば、下記のようなソフト(デジタルデータ)がネットに公開されているので、そもそも音源を購入する必要がありません。
http://www.youtube-mp3.org/jp

ちなみにMP3はデータを圧縮するので、CDよりも音質は悪いと言われていますが、個人的にはあんまり差が分からない程度です。誰でもコピーできる時代というのは、製造側が販売用にデジタルデータのコピーを用意しなくても、消費者側で勝手にコピーして利用することができるのです。

そのため、マスターコピーを1つ作って、それを基に大量に販売するというビジネスは、もはや継続不能です。出来たとしてもブランド力のある大手や、市場を独占している企業が一時的に行えるだけでしょう。

■ コピーされることが前提で、ビジネスを組み立てること

コピーされることが前提でビジネスを組み立てるデジタルデータに変換出来るもの、例えば3Dプリンタのように、アナログでさえもデジタルに置き換えられてしまう時代です。どこの誰に情報がコピーされるかは全く予想が付きません。それを回避するためにも、コピー不可能なものをお客様に提供するビジネスが手堅いです。

どんなものがありますでしょうか?

前述の音楽の例で言いますと、その場の雰囲気に応じたコンサートを行うようなビジネスが、安定して収益をもたらすスタイルだと考えます。テレビで消費されずに、地方営業で頑張っている「なんでだろ~??」のテツandトモさんのようなスタイルです。

簡単にコピーされないもの、つまりこのような「ライブ感」のあるものが、非常に重要になってくるでしょう。常に現場のある仕事というのも継続性のある仕事だと言えます。その場でしか、味わい、体験することが出来ないものです。全てが、その時、その場のみのオリジナリティを持つものです。

マスターコピーを作って、手軽にそれを量産して行くビジネスは、大量消費時代には向いていました。でも今は、大量消費時代ではありません。

画一的な商品はまず売れにくくなっていますので、常に「ライブ感」を持ち、現場を大事にするスタイルで仕事して行くべきでしょう。サービス業では、お客様にお会いしての仕事、これは営業の原点回帰のようですが、これに尽きると僕は考えています。

この記事に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520 サービス一覧はこちら

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

貴社名

電話番号

お問い合わせ項目を選択してください (必須)

当記事についてWordPressサイト制作WordPressへの移行検索上位表示コンサルWPカスタマイズのご依頼保守管理・運営代行弊社サービスについてその他

選択項目について内容を詳しくご記入ください (必須)

株式会社ウェブロードのプライバシーポリシーに同意する。プライバシーポリシー

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「対話をカタチに変え、Webの価値を高め続ける」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. 文章で書いて伝える仕事は将来もなくならない
  2. 濃い内容で継続してブログを書いている時に陥りがちなこと
  3. タブレット端末 長期安定した検索ランキング確保のポイント
  4. ノウハウのシステム化と体系化で生き残る仕事にする
  5. 過去の日記記事の削除は継続的に行うべき
  6. 会社HPの改善に迷った時はGoogleサイトがヒントになる
  7. 企業ブログのコメント欄は閉鎖すべき
  8. 「デジっちが行く!」のコンテンツ作成方法に学ぼう

最近の記事

最新のお知らせ

スタジオポルテ夙川公園FPオフィス様HPを制作しました

JRさくら夙川駅から徒歩5分ほどのところにある、国道2号線沿いの「スタジオポルテ夙川公園FPオフィス」様のホームページを制作させていただきました。 こちらには松村様が経営されている、デイサービスという介護事業所があり、同 […]
コメントなし

赤外線雨漏りドクター様のHPをリニューアルしました

赤外線建物診断のパイオニアとして西宮を中心に近畿各地、要請があれば全国各地の建物の診断をしている、アーキテック様のホームページのリニューアルをお手伝いさせていただきました。 建物の雨漏り診断と外壁劣化の調査をドローンや特 […]
コメントなし

制作サービス体系を変更します

検索エンジンからの集客数を大きくするためにはブログは新規投稿を継続すればいいということはありません。 現状のインターネットの状況をお伝えしますと、ブログは過去に書いた記事をきっちりと書き直したり、充実させたり、似たような […]
コメントなし

今津の買取ぷら座一蔵様のHPをリニューアルしました

国道43号線沿い今津交差点すぐ南側にある買取ぷら座一蔵様のホームページのリニューアルをお手伝いさせていただきました。 元々、女性の担当の方がしっかりとしたホームページを作っておられたのですが、デザイン面や機能面でさらに充 […]
コメントなし

フラワーアレンジメントの大垣花店様のHPを公開しました

大垣花店様のホームページ制作では、ベースとなるテンプレートの決定に時間を費やしました。 元々独自でホームページを制作し、運営しておられましたが、今回全面的にアレンジメントを押し出していく形でのリニューアルとなりました。 […]
コメントなし

サイト内検索

アーカイブ

PAGE TOP