ブログ

妻の話を聞くだけで家庭も仕事もうまくいく

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

妻の話を聞くだけですべてがうまく回りだす。
これは僕が結婚16年を経て、辿り着いた真実です。

結婚している男性諸氏は必ず「妻の話を聞く」ことを実行して欲しいですし、これで世の中も人生も、その多くがあなたの周りでうまく回り出すことになります。妻の話を聞くという一点だけで、これほど多くのことがうまくいくということを、僕の実例を挙げながら考えてみます。結婚式

1.家庭でストレスを溜めては良い仕事ができない

家庭で一番ストレスを溜めない方法は、妻の話をよく聞くという、この一点に尽きます。

男性に比べて女性は人と比べることで自分の存在価値を確認する傾向があります。そのため常に誰かに共感してもらったり、理解してもらったりすることを求めています。

男性が家庭でストレスを溜めない一番の方法は、理解や共感を求める妻の話を聞いて、それを肯定し、「なるほど」とか「君の言う通りだと思う」と言ってあげることです。そうやって常に良い気分で過ごしてもらうことにより、家の整理整頓も進み、美味しい料理も出てきますし、少々のわがままも聞いてもらいやすくなります。

家で人間関係のストレスをなくしリラックスして過ごせることが明日の仕事の活力になるのです。仕事に集中することができます。

話をしっかり聞いて肯定的に捉える(ことが妻にも分かるように)聞くだけで、多くのことが丸く収まり、良い流れで物事が進んで行きます。間違えても、「それは違うんじゃない?」とか、「それは君が間違えているよ」なんて言う言葉は挟まないようにしましょう。せっかく妻の話を聞いているのに、その話を聞いている効果がほぼゼロになります。

理論的説明や議論は全く求められていません。妻は結論を自分ですでに決めていて、夫は肯定するだけの役割なのです。仕事

2.夫婦仲さえ良ければ、子供が勝手に人間関係を学ぶ

お子さんがいる場合は、夫婦が仲の良いところを見せるということが、一番の教育効果になり、人間関係の作る上で、必ず良い影響を受けます。少しでも父親と母親が言い争いをすれば、子どもは仲良くして欲しいと心の底から思っているのです。

うちの幼稚園の息子も、僕たち夫婦が少し言い争いをするだけでも、必ず、「仲良くして!」とか、「パパはママにそんなに強く言わないで!」とか、母親の味方になります。

わざわざ口で、「お友達とは仲良くしなさい!」と言わなくても、一番身近な人間関係であるパパとママが仲良しであれば、子供も勝手に仲良くするのが当たり前という性格になります。それは家の外に出てもそういうものだと思って行動するからです。外での人間関係が増えてくる小学生になるまでにしっかりと実践しましょう。

家の外でも人間関係を構築できる子に育てるためには、必ず夫婦は仲良くしなければならないのです。そのための一番のポイントは、やはり夫が妻の話をよく聞いてあげること、そのことに夫婦の時間を一番多く取るということに通じます。そこに夫婦関係の一番のポイントがあり、夫が妻の話をしっかりと聞いてあげるというところに結論が来るのです。

どんなに会社の仕事で疲れて家に帰ってきたとしても、人生においては会社の仕事よりも何倍も重要とも言える妻の話をよく聞いてあげて、肯定的に受け止めることが、何よりも子どもの教育になるということを理解しておかなければなりません。子育て

3.夫には経済力だけあれば良いという妻は共感の獲得を放棄している

少し誤解を生じさせてしまうような書き方になっていますが、このまま書き続けます。人間はコミュニケーションの動物なので、自分のことを理解してもらえることにより、ストレスは激減します。妻が夫に求める一番のことは、お金を稼いでくることではありません。お金を稼ぐよりも、もっともっと数百倍も簡単な、ただ単に「話を聞いて肯定してあげる」という部分に集約できるのです。

それだけできれば、婚姻関係が破綻することがありません。

僕が潜在的に怖いと感じるのは、お金を稼いでくることにだけしか関心のない妻です。そんな妻にしたのは夫であり、そこに行きつくまでに、夫の側が、過去にコミュニケーションを取れていなかったことの表れです。

つまり、妻側としては、私の話を聞いてくれないし、理解しようとしてくれないだろうという諦めの境地に達してしまったことにより、話を聞いて欲しいという欲求を経済的な欲求を満たすことですり替えているのです。

経済的には問題ないのになぜ熟年離婚されたのだろうかと思う男性は、単純に妻とのコミュニケーションを取り、話を肯定的に聞いてあげる時間を疎かにしていたことが考えられます。夫が話を聞いているつもりであったとしても、妻が十分話を聞いてもらえなかったと感じるようであれば、夫婦間においては妻側の感情が優先されます。

熟年離婚のパターンも、多くがこのような状態ではないでしょうか?したことがないので分かりませんが。

男性側が、仕事もやって経済的にも割と余裕があったのに、なぜ今になって離婚?と思うのは、その現役時代の中で、妻の話を聞く時間を十分に取れていなかったり、そもそも妻が十分に取ってもらえてなかったという不満をずっと蓄積させていた結果なのです。

女性の不満の感情は、死ぬまでに忘れ去られることはなく、思い出しては上塗りし、どんどん大きくなっていきます。一方男性というのは、不満の感情があったとしても、その時が過ぎれば、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」で、すぐに忘れてしまいます。この記憶と感情の男女差が、時間とともに大きな累積・すれ違いとなって時間を経て妻の大噴火へと繋がります。経済力

4.うわべだけの聞いているふりはすべて見透かされている

女性は人の話を聞いていないふりをして、すごく集中して聞けるという、男性では考えられない能力を持っています。概ね男性はこのようなことには鈍感ですが、女性は敏感に相手の考えていることを、身振りや雰囲気や表情から的確に読み取ります。心ここにあらずの状態であればすぐに表情から読み取られ不信感を持たれてしまいます。

そういう場合に、「話を聞いて欲しい!」と自分の思いを伝えてくれる妻であれば良いのですが、自分の心の内にその思いを閉じ込めて、「満たされない感」を溜め込んでしまうタイプは夫が早めに気付き、夫婦関係の軌道修正をしていかなければなりません。率先してその不満状態を解消してあげるためには、仕事だけに意識を向けるのではなく、家庭にこそもっと意識を振り向けるべきなのです。仕事での疲れは妻には見えにくいものです。シャッター

5.妻で培う忍耐力は必ず仕事に生きる

日替わりで色々な女性の話を聞くというようなことであれば、男性は多くの場合で、得意ではないでしょうか?しかし、同じ妻の話を毎日毎日、何年もしっかり肯定的に聞き続け、共感し続けるというのは、非常に持続困難なことです。夫にとっては、大変な労力を伴う人生の一大事であるという風にも言い換えられるでしょう。

例えば、20代・30代の新婚3年くらいの夫婦であれば、恋人同士の延長で会話も思いやりのあるコミュニケーションも取りやすいでしょう。しかし、結婚10年も過ぎてくれば、会話もコミュニケーションも少なくなってくるのが普通です。もはや恋人から家族となり、空気のように変わっていくからです。10年もすれば妻に対して適当な対応になりがちです。危険信号です。不満の蓄積と上塗りの始まりです。

自らで気付き、修正する必要があります。ここで培われる忍耐力のメリットは、仕事でも生きますし、何よりも40代、50代以降になってからも家族関係の良さにつながり、夫婦間の言い争いがあっても分かり合える、平穏な生活の維持につながります。パンチ

ということで、世の中の夫は、家族のため、仕事のため、自分のため、世の中のために、妻の話を毎日しっかりと聞き続けましょう。多くの人が実践することできっと平和な世の中になっていきます。

ここまで書いておきながら、自分が実践出来ているかどうかを尋ねられると、鋭意頑張り中ってことになるのですが。

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. 親目線での遊びと勉強の区別を子ども自身ではしていない
  2. 子供時代のLINE・スマホとの付き合い方
  3. 「どんぐりむらのぼうしやさん」に学ぶ帽子販売
  4. 南海電車、JR、阪急電車、阪神電車のひらがな路線図
  5. 僕が実践している3歳~4歳男児へのWeb教育
  6. 長いトンネル 成熟し成長が止まった社会ではアナログ力が生き残る道
  7. 飲食店 家族連れを集めたい飲食店が実行すべき4項目
  8. 幼稚園年少児に「説明」の意味を理解させるためには

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年9月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP