ブログ

プログラミングを5歳から教えるイギリスの公教育

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

プログラミングを5歳から教えるイギリスの公教育という記事がありました。

今の日本の常識では、プログラミングといえば高校生や大学生が授業の一環として行う程度の認識です。しかしこの記事を見ると、世界において今の日本の常識はどうも違うようです。

5歳といえば一通り日本語も分かるようになってきて、親子のコミュニケーションも幼稚園や保育園での友達とのコミュニケーションも問題なく取れるようになってくる頃です。

日本語のボキャブラリーも爆発的に増える頃であり、言葉の吸収力は非常に高く、記憶力もどんどん発達してくるような時期です。自分の息子がそのような時期を迎えているから分かるのですが、何を教えても忘れずにどんどん記憶が定着していくような印象があります。
アンドロイド日本でも小学生からプログラミング教育が導入されればどうなるか?
単純に授業の科目が一つ増えるという話に終わるかもしれません。

英語圏の国々は英語が使えればそれで語学は問題は無いような気がするのですが、日本では国際共通語としての英語は、今後、必ず学んでいく必要があります。

そうなれば日本語の他に、英語とプログラミングが必須の言語になるかもしれません。

プログラミングは人と人とがコミュニケーションするための言語ではないのですが、人がコンピューターを動かすための言語であり、今や必須の言語と言っても過言ではないでしょう。

僕もプログラミングの必要性はこのwebという仕事からも痛感しますし、これからの若い人達には必須の知識になるだろうなということも感じています。

今テレビでも良く話題になっているロボットの技術や自動運転する車など、そういった技術的な部分の根幹としてのプログラミングはこの時代になくてはならないものです。プログラムひとつで、ロボットに関しても、新しい動きやより人間に近い動作なども実現できるようになってきます。

既にもの作りという部分においても、3Dプリンターなどを始め、機械化されている部分が多くなってきています。つまり、もはや機械にどういったものを作らせるかという頭脳の部分を担うプログラミングだけの進化で、何でも作れるようになってきている時代です。

ロボットにも人の心を持たせるようなプログラムも盛んに議論されていますが、それ以前にロボットに人間の心とは何かというのを教えていけるだけの豊かな心を持ち続けるような教育も、子供達へのプログラミング教育と併せて教えていかなければならないと感じます。

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。業種別難易度表もご参考程度に。

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. 長いトンネル 成熟し成長が止まった社会ではアナログ力が生き残る道
  2. 自発的に勉強をしたいという気持ちを持つ子に育てる方法
  3. 僕が実践している3歳~4歳男児へのWeb教育
  4. 「どんぐりむらのぼうしやさん」に学ぶ帽子販売
  5. 幼稚園年少児に「説明」の意味を理解させるためには
  6. 結婚式 妻の話を聞くだけで家庭も仕事もうまくいく
  7. 南海電車、JR、阪急電車、阪神電車のひらがな路線図
  8. 大人の手足口病発疹手 子供だけの病気じゃない。大人もかかる「手足口病」にはご注意を!

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年6月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP