ブログ

中小企業のコストダウンのネタ集

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

コストダウンがどれほどのインパクトを持つものかを整理してみようと思います。

簡単な例を書くと、売上は500万円増やしてもすべてが利益にはなりません。
しかし、経費は500万円減らすと、それは丸々利益となります。

具体的な例で書きますと、コピー用紙を1,000円分買わなかったら、その1,000円は丸々経常利益の増加として会社の利益に貢献します。

社員全員がそういう認識を日頃から強く持つことが、高利益体質の企業を作ることにつながります。行動指針などにそういうことを組み入れておくことが一番浸透させやすいのではないでしょうか?いろいろな業種業界を見ていても、一番コストダウンできる方法は、人件費の削減です。ここでは退職させるとか、正社員からパートへの配置転換ということは考慮外とします。下記のようなな方法が考えられます。

退職する社員をなくす(教育コストの回収率が上がります)
研修の効果を最大化させる(収益の拡大につながります)
業務マニュアルの作成(考えなくても良いことは考えずに出来るようにしておく)
社員同士のつながりの強化(風通しの良い会社は業績が良いというのが普通)
経営理念の徹底浸透(全社員が同じ方向を向く)

ざっと書きましたが、これらを具体化し、実行していけばそれは人件費のコストダウンが出来たということです。

見えない部分でロスしていたコストが、漏れなくなります。集中して仕事を行える環境作りというのもコストダウンにつながりますね。

例えば、不定期に断続してかかってくる電話の対処をどう行うかとか、ミーティングや、会議、打ち合わせ、それ以外の時間コストのロスの削減をどうするかとかが大きなコストダウンの狙い目となります。

このように、まず人周りのことをベースに経営を考えると、意外なコストダウンはたくさんあります。後は人件費以外の固定費です。固定費のコストダウンの主要項目としては、今の時代なら下記のようなものが代表例でしょうか?

通信費(固定電話・携帯・スマホ・タブレットその他)
支払保険料の見直し(意外と大きな金額が見過ごされています)
家賃の見直し・交渉(社会情勢に応じて交渉できます)
補助金・助成金の洗い出し(自分で調べるより聞ける人に聞くと早いです)
税金(税金はコストとして考えます)
年金・社会保険等(適切な給与設定による支出の最適化を図ります)
固定費の変動費化(固定給支払方式の業績連動給支払方式化など)

その次に仕入・外注関係のコストダウンを考えていきます。もちろん並行して考えても構いません。

・定期的に仕入元・外注先を見直す
・大量仕入・一括仕入・支払い条件の交渉
・業者・提携先紹介によるメリット享受

会社のミッション・経営理念の考え方と作り方のように会社理念に織り込んでしまって社風として浸透させるのも経営者次第で検討に値します。

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. メンタルコーチ山之上雄一先生のセミナーに行ってきました
  2. 知識を共有するよりも考え方を共有する
  3. 会社名をどのようにして決めたか?
  4. 情報をオープンにし集団浅慮に陥らないようにする
  5. 会社5期目に行った事業ドメインの見直し
  6. コストダウン・売上増を考えるならHP活用への投資が最優先
  7. 会社の福利厚生を外注化して充実させる方法
  8. 西宮市に本社がある上場企業の概要

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年9月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP