ブログ

旧来の商店街の専門店が強みを発揮する時代

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

商店街僕が普段、食品を購入はするのは近所のスーパーです。

しかし、事務所の前が商店街なので、商店街もよく利用します。

お弁当やパンやお惣菜、無農薬野菜の購入など、日常の買い物について、個人商店である商店街を利用することをは結構多いです。おばさんが手作りしてくれているボリュームたっぷりのお弁当とかが500円位で売られています。

時計の修理に洋服の購入、外食などもよく商店街を利用します。

事務所の前の夙川サンライフ商店街では、1,000円で1,200円分の買い物ができる商品券があるので、お得感があります。加盟店では何でもかんでも16.7%引きで買えます。飲食店もです。

また、スーパーなどではあり得ませんが、商店街の店では顔馴染みになると、おまけしてくれることも店(人)によってはあります。

子どもと一緒に買い物に行けば子供の相手もしてくれるので、それも商店街で買物をする理由です。

話は変わりますが、今は、同じものを皆が持ちたいという価値観が薄れてきていますね。

例えばスーパーのような消費者向けの店だと、どこに行っても値段が違って同じものを売っているだけなので、結局は値段の勝負になるだけですから。

「隣の人が持っているから俺も欲しい」というような消費行動は、もの余りの現代の中では、無くなってきたということでしょう。選択肢もたくさんありますし。

それに一律的なものを売っているスーパーという形態よりも、専門店の方が楽しくないですか?

どの専門店で購入するかを自分の嗜好に合わせて選べます。

また、専門店側は独自のブランドや理念や商品の一貫性を持たせやすいので熱烈なファンも作りやすくなります。

安売りスーパーに代表される、大量消費時代の流れから、個性的な専門店が選ばれる時代です。

隣の人と同じものが欲しいと思わない世の中になっていることに合わせ、中小企業は専門店を目指すべきです。

自社の商品やサービスを気に入ってくれる人だけに徹底的に手厚いサポートすべきです。

自社の商品やサービスに賛同している人のみを集客して、良いお付き合いするような経営にシフトしていかなければなりません。

手を広げるとうまくいかないのは、リアルでもネットでも同じだと実感します。

いずれまたこのトレンドも変わっていくのでしょうが、当面はこの流れですね。ちなみに下記によく行く店の紹介記事を書いています。

夙川サンライフ商店街のモンマルトは添加物ゼロのパン屋さん
新大衆居酒屋 つなげ屋 夙川サンライフ商店街171号線寄り南側
ランチ営業・持ち帰り弁当「さきや」|夙川サンライフ商店街・阪急高架下171号すぐ

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。業種別難易度表もご参考程度に。

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. 西宮戎神社福男レースのコース写真
  2. 「どんぐりむらのぼうしやさん」に学ぶ帽子販売
  3. 2011/4/7(木)夙川~苦楽園口間 桜開花情報 5分咲き 写…
  4. 箱根駅伝/青山学院の給水に見る社会の縮図
  5. 経済ドキュメンタリー番組
  6. 最後の一歩をスムーズに踏み出せるような仕組みを作る
  7. 1995年1月17日阪神大震災当日に体験したこと
  8. 地元の夙川駅を中心に国土地理院の活断層マップを見てみた

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年6月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP