ブログ

親目線での遊びと勉強の区別を子ども自身ではしていない

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

あなたは仕事を仕事としてこなしていますか?それとも遊びのように楽しめていますか?

子供にとっての仕事は遊びと勉強です。

その子供の行動を見ていて思うのは、親目線での遊びと勉強の区別を、子ども自身ではしていないということです。

例えば漫画を読むことや、野球をすることを遊びとします。一方で、かけ算の九九やお稽古ごとの復習をするのを勉強だとします。

うちの子供は、まだ幼稚園の年中さんなので、親が遊びと思っていようが、勉強と思っていようが、楽しければなんでもどんどんやります。

この時期は、親が子供にやって欲しいと思う行動への誘導が簡単にできます。

つまり、勉強をさせたいのであれば、遊びやゲームのような感じで、競争したり、一緒に考えたり、子供が楽しめる工夫を取り入れれば、いくらでも勉強を遊びと思ってやってくれるのです。

親の方が自分たちの経験と固定観念によって、遊びと勉強を区別しすぎているような気がします。親子で遊びながら学習する絵

子供は勉強も遊びも何でも楽しみながら集中してやるので、身につくのも早いし、覚えるのも早いです。

大人も仕事に対して、これは大変だなとか、しんどいなぁとか、いう感情をまずは取っ払い、ゲームのように楽しめる工夫を取り入れることが大事だと息子を見ていて感じます。

そうすれば、ガチガチに先入観で固まった40を過ぎた大人でも、もっと伸びしろが出て、成長のカーブも、もっと急激に伸ばせるのではないか、とそんなことを考えるのです。

頭で楽しいと思うだけでなく、潜在意識にも言い聞かせるように、楽しい工夫を取り入れながら仕事をし続ける習慣を作っていかなければと強く感じます。

過去記事 → 頭の中を実現するためには無意識の心を習慣によって変える

まずは習慣化することでしか、大人は自分を変えていくことが難しいのです。

楽しめる工夫をどんどん取り入れ、心から楽しいと思える状況に自分の周りをしているような努力を続けたいです。

ちなみに息子は今ドラえもんにはまっていて、こんな漫画を片っ端から読んでます。懐かしいでしょ?もう10冊位は買っているでしょうか。。。大人が読んでも面白いです。

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. 長いトンネル 成熟し成長が止まった社会ではアナログ力が生き残る道
  2. プログラミングを5歳から教えるイギリスの公教育
  3. 会話は単文を多用して相手の理解度に配慮すべし
  4. 幼稚園年少児に「説明」の意味を理解させるためには
  5. 結婚式 妻の話を聞くだけで家庭も仕事もうまくいく
  6. 子供時代のLINE・スマホとの付き合い方
  7. 南海電車、JR、阪急電車、阪神電車のひらがな路線図
  8. 自発的に勉強をしたいという気持ちを持つ子に育てる方法

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年9月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP