ブログ

不要な情報を削除してシンプルなトップページにしよう

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

話題になっていた神戸市のホームページを早速見に行って来ました。

トップページは下記のような形にリニューアルされていますね。

神戸市ホームページデザインリニューアルこれを見て僕はGoogleのトップページをすぐに思い浮かべました。

Googleのトップページのデザイン

神戸市のホームページでは従来より、訪問者の50%以上がサイト内検索を使っていたとのことです。

それ以外の方も主要なアクセスされるページは、6個ほど検索窓の下に配置しているのだそうです。

スマホでも見る方が増えているインターネット。

特にトップページはますますシンプル化が求められそうです。

運営期間が長くなれば長くなるほどをトップページの情報は盛りだくさんになってきます。

弊社の場合も例外ではありません。→ ウェブロードのトップページ

そのため何をどう表示させるかは常にユーザーの立場に立って見直し続けなければなりません。

そうしなければごちゃごちゃしてきて、アクセスしただけで閉じられてしまうようなホームページになってしまうからです。

まず第一に何を訴えたいのか、何を見て欲しいのかということをはっきりさせてあげましょう。

それがユーザーの最適な導線に繋がります。

ホームページの目的は様々ありますが、ユーザーに取って欲しい行動は、突き詰めていくとたった一つに絞られてくるはずです。

ボタンが3個だと選べますが、ボタンが10個あればどれも選べない、というのが訪問者の心理なのです。

この神戸市のホームページの思い切った変更は勇気がいったと思いますが、僕はユーザーの立場に立った良い変更であると感じています。

リンクボタンから目的地(ページ)に辿りたい方も一定数いるでしょうが、検索して目的地に到着する人のほうが多くなったということです。多数決です。

ホームページを運営している側から見ると、これを見て欲しいし、あれも見て欲しいし、というのは当然の心理です。しかし、そこをぐっと我慢して訪問者が見たいと思う内容に絞ったトップページを構築してみましょう。

インターネット上のものは、シンプルにすればするほど好感を持たれるのです。サクサク移動したいので。迷わされるのはかなりストレスが溜まるのです。

お客様が行動してくれないのではなく、提案をしすぎてお客様が行動できないようになっていませんか?

シンプルにする事は今日からできます。

不要なものを全部削ぎ落として、すっきりとしたトップページに作り変えていきましょう!

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. スマホを使う子 スマホ対応サイトにした後のアクセス伸び率
  2. 本 目次と文章量・情報量だけで検索ランキングは決まらない
  3. 社長 会社ブログ記事のコンテンツは社長の朝礼や訓示の中にある
  4. 老朽化した建物と同じ 会社ホームページを放置状態にしているとどうなるか?
  5. ホームページの列の説明 パソコンHPとスマホHPのカラム設定の考え方
  6. ランディングページ作成時の具体的なパーツ配置と流れ
  7. 一度作ったWebページアドレス(URL)変更は止めましょう
  8. ドメインを育てることの大切さ

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年9月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP