ブログ

企業のSNSやダイレクトメールがスルーされやすい理由

LINEで送る
Pocket

3月といえば新年度を目前に控え、買い物需要が高まってくる時です。

昨日は私の家にも3通ダイレクトメールが届きました。

写真にありますように、パソコンのデルと洋服のAOKIと家電のジョーシンです。企業からのダイレクトメール

僕はどこで買い物をしているのかが分かってしまうことはさておき(笑)、法人からくるダイレクトメールというのは、意外とスルーしてしまいます。

デルに関してはダイレクトメールは来ますが、実は一度も買ったことがないのです。

何度も来るので、値段に連られて次のパソコンはデルで購入することになりそうです。

ダイレクトメールのあまりにお得な価格に心が動かされてしまいました。

さて、これらの会社は多くの方が知っている大手の企業なので、一通りダイレクトメールの商品は目を通します。

しかし、これが中小企業からのダイレクトメールだとどうでしょうか?

リピートしている商品以外は目も通さずにゴミ箱行きではないでしょうか?

Webでも同じような現象が起こっています。

例えば企業のFacebookページですが、記事を投稿すれば色々な人のタイムラインに表示されるので、アクセス数としてのカウントは数えられます。

しかし、肝心のFacebookページから自社のホームページの誘導に関しては、ゼロと考えて良いでしょう。

なぜFacebookページからは企業のホームページに誘導できないのか?

企業としてのFacebookページであればなかなか読ませるというのは難しいのではないかと考えています。

他の会社様を見ても同じようなものです。

アクセスが誘導できないし見られないので、途中で更新を挫折することがほとんど。

そんなこともあり、僕自身ウェブロードのFacebookページの更新も、思うほど出来ていないのが現状です。

面白い投稿や工夫した内容を継続して発信し、人気が出ているFacebookページはありますので、そういった企業を参考にするのは良いでしょう。

例えばネットサーフィンでこんな企業Facebookページを見つけました。(マシュマロ専門店やわはだ)

卸して欲しいという問い合わせが来そうですね。猫ブームに上手く乗りながら一般消費者向けに情報発信出来ています。

そんな投稿に自信が無い場合は、企業としての投稿よりも、例えば社長個人としてのFacebookからの誘導を考える方が上手く行く事が多いです。

実体のない法人としての投稿よりも、実在するの人間としての社長の投稿の方が、見る人も人間なので興味が湧きやすいのです。

これはFacebookだけでなく、企業が運用するTwitterやインスタグラムをやLINEなどでも言える事です。

企業で運営しているソーシャルメディアのアカウントが上手く行っていないなと感じることがあれば、思い切って利用を停止し自社のホームページに全力を注ぐほうが良い結果が得られると考えています。

あなたはどう感じますでしょうか?

会社として使えるリソースが小さい場合は、自社アドレスのホームページ一本化がベストです。

特にブログで情報発信して、そこに会社情報を集約していくことは誰の目にも分かりやすくなります。読まれるブログを書くためにはこちらをご参考にされてみてください。

この記事に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520 サービス一覧はこちら

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

貴社名

電話番号

お問い合わせ項目を選択してください (必須)

当記事についてWordPressサイト制作WordPressへの移行検索上位表示コンサルWPカスタマイズのご依頼保守管理・運営代行弊社サービスについてその他

選択項目について内容を詳しくご記入ください (必須)

株式会社ウェブロードのプライバシーポリシーに同意する。プライバシーポリシー

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。経営理念「対話をカタチに変え、Webの価値を高め続ける」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。西宮商工会議所青年部広報委員長、尼崎商工会議所会員。

関連記事

  1. 料理 サービス業なら値上げ(価値付け)で利益確保すべし
  2. Facebookは自社サイトの代用には使えません
  3. チラシポスティングは見込み客とのファーストコンタクト
  4. 高枝切りバサミの顧客リスト収集戦略
  5. 島田紳助さんの「自己プロデュース力」
  6. Webサイト上では価格勝負(値下げ)は避けるべき
  7. デザインは具体的に絞り込んだ形で伝える
  8. ブログやSNS営業は一貫したテーマでビジネスを表現する

最近の記事

  1. 電卓計算

最新のお知らせ

太田拓税理士事務所様のHP制作

西九条駅から徒歩1分くらいの所にある太田拓税理士事務所様のホームページのリニューアルをさせていただきました。従来のサイトはスマホでもパソコンと同じ見え方をしていたため、今回はスマホ化を一番重視しておられました。 打ち合わ […]
コメントなし

心理カウンセリングのエンパシールーム様のHP制作

2011年に弊社でHPを制作させていただいてから7年以上にわたってサポートさせているリトルラビット様が、新たに事業を立ち上げられるということで新規サイト制作をさせていただきました。 代表の玉川さんが1年以上前からずっと心 […]
コメントなし

尼崎亀谷スポーツボクシングジム様のHPリニューアルを行いました

尼崎の県道13号から山手幹線に入ったすぐ西に尼崎亀谷スポーツボクシングジムはあります。ボクシングエクササイズは、短時間で楽しく脂肪燃焼ができるということも話題となり、女性の人気が高まっています。そのため女性に向けたデザイ […]
コメントなし

夏季休暇のお知らせ

ウェブロードでは8月6日(月)、7日(火)、13日(月)、14日(火)、15日(水)の5日間、夏季休暇をいただきます。 4日(土)~7日(火)にいただきましたメールへのご返信は8日(水)から順次、11日(土)~15日(水 […]
コメントなし

中古車・中古マイクロバスの買取・販売のオートギャラクシー様

オートギャラクシー様はマイクロバスの買取販売・リース・中古マイクロバスの輸出といった、中古車業の中でも珍しい数少ない業種の会社様です。 中古車を取り扱う会社は多いものの、マイクロバスを専門的に扱っている会社となると全国的 […]
コメントなし

サイト内検索

アーカイブ

PAGE TOP