日曜営業で差別化した士業のウェブサイト事例

LINE@での無料相談はこちら
LINEで送る
Pocket

ホームページの見せ方で、簡単にできる面白い事例があるので1つ紹介します。弊社がお手伝いしていた士業の先生のホームページなのですが、普通に会社案内を掲載しているホームページではお問い合わせが獲得できていませんでした。理由は簡単で、他の同業種の士業の先生との差別が出来ていなかったからです。士業の先生の場合、普通に会社情報を掲載したホームページを作って運営していても、ホームページからお問い合わせがくることはほぼありません。kanngaeru

対人的なコンタクトや直接的な紹介などで顧問先が1件増えるなどといった新規獲得はよく聞きますが、ホームページだけで新規の方が閲覧してくれ、お問い合わせまでしてくれる事例というのは非常に珍しいのです。

お問い合わせが月に数件でも獲得できている士業の先生のホームページであれば、非常に優秀なホームページです。間違いなくユーザー目線で、「問題解決情報」が豊富に掲載され、安心感や信用を持って頂けているということです。

僕がお手伝いさせていただいたこの先生も、他の士業の先生と同じようにホームページからのお問い合わせは無く、セミナーからの見込み客獲得や既存顧客や知り合いからの紹介によってお客様を獲得していました。見せ方を一つだけ変えただけでホームページからのお問い合わせが月2件入るようになったのですが、これは実は本当に簡単なことなのです。

自分の事務所の強みを考えることのみです。

これは単純なようで、ご自身でははなかなか分からないことなのです。自社では当たり前のこととしてやっていることで、他の事務所では出来ていないことが何なのかを抽出しました。それは他社よりも少し営業時間が長いというところと、日曜も営業しているというところだったのです。

ホームページ訪問者側としては、ホームページを見ただけではどの先生がどれだけの仕事ができるということは全く分かりません。士業の先生の場合、資格を持っているから、どの先生も仕事ができるという前提で考えます。

そのため、「日曜も営業」という表現を、ホームページを一目見ただけで分かるように記載し、まずそこに目が行くようにしました。また、平日の営業時間が他の事務所よりも少し長いというところは「夜間も営業」という表現にしました。トップページのメインのビジュアル画像に大きく一言書いて、トップページにも営業時間に関する内容を追記してみたのです。

行ったことはただそれだけです。

つまり、ホームページでお問い合わせを獲得するためには、アクセスしてくるユーザーが何を求めているかということに着目して、他に言いたいことを我慢してそれだけ目に付くように出してあげるだけでも、このように効果が出るのです。umakuitta

「業界内の当たり前」で埋め尽くされたホームページでは、もはや誰も見に来てくれませんし、関心を持ってくれません。「業界内で当たり前でないこと」を一言掲載するだけでも、効果が出るのです。ユーザーが求めている情報にピンポイントでマッチさせるということですが、そんな貴重な情報はホームページ運営者のあなたが既に持っているものの中に存在しています。

ユーザーが必要としている情報を抽出し、それをホームページ上で表現しましょう。そうすることによって、本当に来て欲しいユーザーに見てもらえるホームページになりますし、ホームページ活用の第一のきっかけとなるのです。

ホームページを作る前に、そのような方向性を十分に話し合いの中で練っていくことは思った以上に成果に直結します。

お手持ちの会社案内を貼り付けるだけのホームページでは見えてこない内容を考えましょう。成果を出している会社は、お客様のニーズや本当に必要としている内容に対して柔軟に修正・対応をし続けています。ホームページを書き換え続けているということです。少しでもお問い合わせや販売などに成果が出てくれば、ホームページ活用がますます進みます。それが企業のブランディングや営業の拠点として、財産として構築されていき、将来的に他社との圧倒的な差別化を図る礎となっていくのです。

商品やサービスが世の中にたくさん溢れている現在において、今までのやり方は通用しません。他社と同じような内容を掲載していても仕方がないのです。考え抜くという作業を継続しなければ、自動ロボットでも作れる「あるだけホームページ」になってしまいます。その状態ではせっかくのホームページを活かしきれているとはいえませんので、柔軟にアイデアを出しながら、本当に持っている強みをいくつかの質問であぶり出し、引き出しながら、ホームページを活用できるものにしていきましょう。

HP難易度 → 行政書士・司法書士・社労士等 ★★ 会計事務所 ★★

Follow me!

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。 (HP活用方法の動画一覧→Youtubeチャンネル) 経営理念「育て拡げるお手伝い」の下、IT活用に活路を見出す個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。 西宮商工会議所青年部2018年度広報委員長、尼崎商工会議所会員。