ブログ

アフィリエイトで分かったWebの集客・販売の仕組み

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

2006年にインターネットビジネスをするんだと意気込んで会社を辞めて起業した頃の話です。

当初、僕はHTMLと言われる、ホームページ記述のための言語を勉強しながら、ひたすらホームページを作っていました。

自分の会社となるホームページだけではなく、広告掲載のための情報サイトの制作をメインに行なっていました。

いくつもいくつもホームページを立ち上げていました。

そのほとんどは今となってはもう削除していますけれどもね。

お客様のホームページを作ったり、アフィリエイト広告を掲載する自社メディアを立ち上げたりすることを事業の要としていました。

ところで、アフィリエイトという言葉はご存知ですか?

アフィリエイトとは、自社が運営するホームページに広告掲載し、その広告から広告主サイトに訪問者を誘導して、広告主に商品の売上を上げてもらう手数料ビジネスのことです。

分かりやすい図解があったのでここに引用しておきます。reward_flow出典:affiliate.yahoo.co.jp(閉鎖されていました)

誘導した訪問者から売上が上がれば、5%や10%といった手数料を広告主からバックしてもらえるというビジネスモデルです。

僕は独立してから5年ほどはこの「アフィリエイト」に非常に力を入れていました。

このアフィリエイトで売上を上げていくためには、自社が運営する情報サイトを、検索エンジンで上位表示させる必要があります。

自分で作った情報サイトを上位表示さえすれば、アクセスが集まり、広告会社の販売ページに訪問者を誘導する人数も多くなります。

広告主のホームページはアクセスが集まれば必ず一定の割合で購入が発生するホームページになっています。

高いレベルで販売ページ(ランディングページと言います)が作り込まれ、完成されたページになっているという訳です。

僕は、5年間ほど集中して取り組んだアフィリエイトによって、運営するホームページをどうすれば検索エンジンで上位に表示させ、訪問者に満足してもらえる情報を伝えることができるのかを知ることが出来ました。

実はアフィリエイトは、このページをご覧になっているあなたが求めているのと同じように、検索エンジンから訪問者を集客し、アクセスを増やしていく努力を継続し続けなければならないのです。

広告主の完成された販売サイトへ誘導できれば、一定の割合で売上が上がることは確実です。

つまり、集客のノウハウを身につけ、それを実践していけばある程度の売り上げは広告主にあげてもらえることができ、広告主から手数料いただけるということです。

ただし、アフィリエイトは手数料ビジネスのため、せっかく集客しても顧客リストが集まりません。

どのお客様も自分のお客様ではなく、広告主のお客様だからです。言ってみれば、横流し仲介しているだけなのです。

また、売上というおいしい果実を持って行くのは販売ページを持っている広告主であるため、アフィリエイトでは集客の技術があったとしても、単なる仲介業者という位置付けに過ぎません。

それなら自分の商品を販売していく方が良いやと思いません??

インターネットでの集客のことが分かってくれば、自社の商品を販売していくための販売ページを充実させ、訪問者に対して一定の割合で購入してもらえる内容に完成させていけば良いのです。hannbaisuruhito広告主の商品を販売しても5%から10%の手数料しかもらえないということであれば、100%の手数料がもらえる、つまり自分で自分の商品を販売するした方が、よっぽど割の良いビジネスだというのがお分かりになるかと思います。

そんなこんなで僕は、徐々にアフィリエイトから、自らが主体となるホームページ制作やSEOアドバイスの方向に事業をシフトさせていくことになったのです。

集客のノウハウを持ちながら、一定数の売上を上げる販売ページを構築してくことが重要なのです。

アフィリエイトは集客と販売の分業制で売上を上げていきますが、自社ビジネスは集客と販売を一元化させて売上を上げていくということです。

どちらの方が効率的で、どちらの方があなたに向いているか、それはビジネスによって異なりますが、これからはどのような会社も集客と販売の一元化をWebで実現させていくことは必要になってくるでしょう。

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. ブログでは社長の営業力が生きる
  2. 会社名をどのようにして決めたか?
  3. 個人で起業した場合に最初にやるべきこと
  4. 短期的成果を上げるWeb技術的手法を追いかけていたあの頃
  5. コンテンツをまとめ 小資本の起業ではまずノウハウの体系化を行う
  6. 会社員のネットビジネスでの起業
  7. 大企業オフィス 大企業に勤めていた人が起業した際に絶対に間違えてはならないこと
  8. 30歳という年齢が独立起業のベストタイミング

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年9月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP