ブログ

事務所の香り改革開始!「ivy-room」山口さんのアロマ体験会受講

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

昨日はアロマテラピーサロン「ivy-room」の山口さんがご来社くださり、アロマテラピーの体験会を開催していただきました。

僕と苗字が同じでややこしいのですが(笑)、山口さんは色々なところでアロマの講習をされたり、セミナーやワークショップなどでご活躍されています。

元々の出会いは西宮商工会議所で、今年1月に行われた新年賀詞交歓会で同じテーブルになり、たまたま苗字が同じだったので話が弾んだという訳です。

「今度男性向けの香りを持って行って、何種類かを統合してお気に入りの香りを作ってもらいますね~」とFacebookのコメントでいただいた通り、その1か月後に大きな荷物を持って、本当に来て下さいました。

有言実行ありがとうございます。素晴らしい!(^^)アロマテラピーサロン「ivy-room」で、昨日は個別で2時間ほどみっちりと教えてもらい、初アロマを体験しました。

昨日のアロマ体験の内容について、全くのアロマ素人である僕なりに、この記事でお伝えしてみます。

まずアロマと言っても、全く知識もなく、特に詳しく調べることも無かったので、単に香水のようなものくらいのイメージしか持っていませんでした。

そんな僕がまず目を惹かれたのは、持ってきてくださったローズマリーの草でした。ローズマリーのハーブ草写真はローズマリーに関するアロマオイル3つとセットで写しました。

このローズマリーの草ですが、置いているだけですごくいい匂いがするんですよ。

大きく育てていって、色々活用しようと思います。

こんな感じで活用できるようですね。【ハーブ】ローズマリー 保存&活用法

「アロマオイル」というのは、こういう草(ハーブ)を蒸して水分とオイルに分け、そのオイルの部分を抽出したものという話をお聞きしました。

シンプルに、草木から抽出された全く自然なものがアロマオイルで、市販されている芳香剤などとは全く違うということがよく分かりました。

匂いだけでなく、その成分自体が体の調子を整えたり、ストレス発散やリラックスなどの効果があるという訳ですね。アロマオイルの小ビンがたくさんさて、ここからは実際にオリジナルのアロマオイルを調合していきます。

まずは写真のように、たくさんあるアロマオイルの瓶から一つ一つ匂いをかいで、自分のお気に入りの匂いを2つ選び出します。

その次に良い匂いのものをさらに2つ選び出し、これをブレンドさせて自分のオリジナルのアロマオイルを作りました。

アロマディフューザーによって部屋をいい匂いにさせるというものです。個数はいくらでも良いようですが、5個位までが良いようです。

アロマディフューザーに水を入れ、そこにブレンドしたアロマオイルを1滴・2滴ほど垂らします。

これだけで2時間ぐらい、十分に部屋の中がいい香りで充満しました。

僕が選んだのはフォーウッドとプチグレンとラベンダーアングスティフォリアと、ブラックスプルースの4種類です。

こう書いている僕も実はそれぞれの香りの名称の意味を分かっていませんが、柑橘系の匂いを感じたり、好きだな直感的に思ったものを選んでみました。4種類のアロマをブレンドこの4種類を合計30滴入れました。

1滴ずつ匂いを確認しながら、自分好みの匂いが強く出るようにブレンドしていきます。

フォーウッド10滴・プチグレン5滴・ラベンダーアングスティフォリア2滴・ブラックスプルース13滴という割合で配合してみました。

この作業がけっこう楽しい。。(^^)アロマのブレンド風景意図してこの割合にしたのではなく、全て感覚で行いました。

アロマディフューザーには2滴しか入れていないので、残り28滴分は別の瓶に入れてもらい、自分たちで自由に使えるようにしてもらいました。オリジナルブレンド昨日はアロマオイルの入った小瓶をたくさん持ってきてくださったのですが、とにかくどの小瓶を開けてもそれなりにいい匂いがしますので、かなり楽しめます。

ところで、弊社の事務所に来られた方はご存知だと思うのですが、特に芳香剤を置いたりはしていません。

いつもお客様が来られる前に窓を開けて換気し、直前に芳香スプレーをプシュッと空中に一吹きするくらいです。

匂いの効果については特に考えたことが無かったのです。アロマ一式そんな僕ですが、昨日自分でブレンドして作ったオイルを、何度か仕事中に瓶のふたを開けて、匂いをかいでいます。

匂いをかぐだけですが、自分の好きな柑橘系の匂いが鼻から頭にかけてツーンとするような刺激を与えてくれるので、思っていた以上に気分転換になっている感じです。

アロマオイルの小瓶ってどれぐらいするんだろう?高いのかな?とネットで調べてみると数百円ぐらいで買えるのですね。

それくらいで買えるのなら、匂いを選んで良さそうなものを2瓶ほど買ってみようかなという気になります。

その前に、昨日のブレンドしたアロマオイル用のアロマディフューザーを買ってきます。

さっきの写真で出したような、アロマの香りを焚いて蒸気と一緒に出してくれる装置です。アロマディフューザー昨日は一日中事務所内にアロマのいい香りがしていて、パソコンに向かって仕事をしている時も、なんとなく気分が良かった気がしました。

匂いは頭に直結しているので、五感の中でも非常に繊細な部分なんだろうなという感じがします。

そんなこんなで、仕事にもアロマを取り入れようと思わされるほど楽しかった昨日の個別レッスンだったのでした。

ご来所された方に、男性目線でアロマのうんちくが語れるように、少しは勉強しておきます。

アロマが良いと思ったのは、オイルを色々なところに少し垂らすだけで、香りの環境が大きく変えられるというところです。

化粧水など美容関係で使わない男性にとっては、様々な場面で匂いのオイルをまず使ってみることが、一番アロマの世界に入って行きやすい切り口っぽいです。

何でも良いので、匂いがついても大丈夫そうなものにまずは1滴垂らしてみることが大事。僕はそう感じました。

化学薬品を混ぜた香料ではなく、アロマは自然から抽出した香りなので、体に取り入れてもほとんどの人にとって害はありません。

だから匂いのエッセンスが体に染み込みやすく、神経のリラックス効果も出せるのだと素人ながらに思いました。

最後ちょっとだけ、アロマテラピーサロン「ivy-room」さんの直近の活動パンフをご紹介しておきますね。アロマテラピーサロン「ivy-room」

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. イラストレーターハラダマサミさんの個展に行ってきました
  2. 西宮神社のえべっさん参り
  3. 西宮酒蔵通り関寿庵の「酒ロールケーキ」は手土産におすすめ
  4. 夙川サンライフ商店街のモンマルトは添加物ゼロのパン屋さん
  5. 新大衆居酒屋 つなげ屋 夙川サンライフ商店街171号線寄り南側
  6. 西宮商工会議所青年部には個人事業者こそ入会すべき
  7. 夙川トリニティでディナー&夙川公園で花見(2010.4)
  8. 京都芸術センターの藝文京展2016「平面作品」

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年9月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP