ブログ

あなたのHPのアクセス数が減少している原因と対策

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

自社ホームページに様々な入り口から集客したいと考えていて、年初からブログを書き続けています。

記事をアップする理由ですが、HPへの入口を増やすためだけではなく、自分の考えをわかってもらうという側面もあります。

つまり、僕がブログを書き続けているのには下記の2つの理由があるのです。

1.運営しているホームページの入口を増やすため(SEO)
2.自分(会社)の考え方(方針)をわかってもらうため(ブランディング)

ブログ運営は突き詰めていけばこの2点になります。

とにかく集客数を増やすという側面と、自社ブランディングという立ち位置です。

最近は情報がインターネット上に増えているせいか、一つ一つのホームページに向き合って閲覧している方が少なくなっています。

ひとつのホームページだけをしっかりと見ているというよりも、複数の情報をネットサーフィンによって、まるで流れ作業かのように見ています。

これは、Web上に公開した情報の、賞味期限が短くなっていることを意味します。

従来ですと、パソコンに向かって画面をしっかり見ながらWeb情報と向き合うことが多かったのですが、「ながら」がスマートフォンによって可能になり、その前提が大きく崩れ去りました。b03cd176_sそんなスマホユーザーですが、今や、多くの事業者のホームページでは、閲覧の半分を占めるようになっています。

一般消費者向けの商材・サービスを扱っている会社であれば、なおさらスマートフォンからの閲覧割合が大きくなります。

スマートフォンからのアクセスは、じっくりとそのホームページと向き合ってもらいにくい媒体と感じています。

自分がスマホで情報を閲覧しているときにとっている行動を考えてみてもそれは明らかです。

・テレビのコマーシャルの時にFacebookを眺める
・分からない言葉や知りたい情報があればスマホの音声検索でサクッとチェック
・仕事の休憩中にYahoo!ニュースを閲覧する

その他にもスマートフォンというのは何でもできる媒体です。

「Internet Of Things」(IoT)「モノのインターネット」という言葉をご存知でしょうか?

将来的に、すべての家電などがインターネットにつながる仕組みです。9cfc6cdc5b2b7
そうなればスマホは、スイッチでもあったり、予約設定用のリモコンであったり、電話であったり、メールツールであったり、ソーシャルメディアツールでもあり、情報検索ツールでもあります。

とにかく役割が多いのです。更に、アプリを入れれば無限に出来ることが広がります。

本来の電話という意味合いのスマートフォンから外れますが、万歩計をアプリとしていれてる方も多いでしょう。

女性ならミラー代わりにスマートフォンを使うという方も多いでしょう。

ゲーム音楽を聞く需要も、若者を中心に非常に多いです。

もちろんカメラやビデオという使い方もスマートフォンはされています。

そんな無限に可能性の広がっている便利なスマホというツールが、今のホームページ閲覧に使われているのです。

つまり、Web上の情報はどんどん増えているのに反して、ホームページ閲覧に割く時間はどんどん少なくなっているはずです。

スマホを使えば、他に楽しいことがたくさんあるから。

そんな中で自分のホームページにどうやって集客したらよいのか?

ちゃんと考えていますか?

これはホームページ運営者の全員が考えなければならない問題です。

放置していれば、ホームページのアクセスはどんどん減少していくはずです。

今の状態にあぐらをかいてはいけないのです。742cd75935cdc0a20d46僕はその集客経路の1つのカギを握るのが「Yahoo!の広告」だと考えています。

スマートフォンの出現とソーシャルメディアの登場により、無料でアクセスを集められる時代が過ぎ去ろうとしているのではないか?と感じているのです。

Yahoo!の広告は一つの例ですが、地域ごとに分けた情報を提供しようとするニュースサイトや情報サイトに、自らの商品情報を流し、そこからアクセスを獲得する経路が今後太くなってくると予想しています。

Yahoo!ニュースは毎日億単位のページ数が見られていますし、地域の防災情報等、地域に特化した情報が充実してきています。

地域限定のリアルなお店等、インターネットとは相性があまり良くないと考えられていたビジネスにおいても、現在のようにインターネットの広告の精度が上がってくるに従って、活用せざるを得ない状況になっているのではないか?と感じているのです。

5年超前、スマートフォンの普及以前は、ページ数を増やせばそれに伴ってアクセスはどんどん増えて、僕の広告サイトもどんどん収益が伸びました。

今はそんなことはありえません。

画面だけに集中できたパソコンでの閲覧が少なくなり、ブラウザ以外のものに気が散るスマートフォンでの閲覧が多くなっているからです。

もちろん今後もブログが必要ですし、最初に書いたような2つの目的があるため、書かなくなることはないでしょう。

コンテンツを生み出し、更新し続けることは最重要項目です。

しかし、ホームページ集客全体と、適切なターゲットを自分のホームページに連れてくるという観点で考えれば、もはや広告はどのような業種であっても切り離せない関係になりつつあるのかなと実感しています。

部分的に上手く活用したいものです。

積極的にビジネスを拡大していき、集客増を目指したい方は、是非Yahoo!やGoogleの広告のページを読んでみてください。

ちなみにFacebookの広告も、「どの人」に広告を出したいかが明確にターゲティングできますので、広告効果は非常に優れています。

Facebookは登録者にプロフィールを充実させるように毎日促してきます。

他の人に見つけてもらいやすいためにおすすめとは書いていますが、広告媒体としての価値を高めるために詳細な個人情報を登録してもらう目的に他なりません。b58be5aa423_sとにかく自分のホームページのアクセス解析を分析してください。

個別に状況は異なるので、一般的なことはなかなか言いにくいのですが、ホームページのアクセスとページビューが減少傾向だなと感じていれば下記の対応を考えてみてください。

1.商品・サービスのページ(販売ページ)をユーザー視点で何度も見直す
2.商品やサービスにまつわる情報ページを最新の内容に書き換える
3.トップページの情報量を絞り込む(少なくする)
4.Yahoo!やGoogleの広告を試す

ちなみに前述したYahoo!ニュースなどに出すことのできる広告ですが、ターゲティングと言って地域や年齢、男女別、広告掲載時間、以前検索したキーワードなどが細く設定できます。

「以前検索したキーワードの設定」というのは、例えば、僕がHPのコンサルティングの広告を出す際に、

「助成金」「商工会議所」「資金繰り」「商店」「営業代行」「製造業」

という、HPコンサルとは直接関係ないキーワードを過去に検索した人に向けて、広告を表示させるというようなものです。

つまり、広告の最大のメリットは、自然(無料の)検索とは違い、ページに書いているキーワード以外のターゲットに情報を配信することが出来るということなのです。

ニュースサイトを見ていて、過去に検索したり、閲覧したことのあるサイトの広告が何度も出てきたことはありませんか?

特定のキーワードで検索したことがある人に、ピンポイントで自分のページを表示させられるということです。キーワードは何でも構いません。

これがSEOと広告の最大の違いと言っても良いでしょう。(Web広告も大きくは2種類のやり方があるのですがここでは触れません。)

ちなみにYahoo!やGoogleの広告は表示されるだけでは費用は発生しません。自分のホームページにアクセスがあって初めて課金されます。

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. ブログ導入前後のアクセス変化が分かるGoogle Analyti…
  2. ゴミ記事 SEOによる集客増につながらないゴミ記事にご注意
  3. 読まれるブログを書くための簡単な方法
  4. 誰にリーチするか考える人 時間の掛かるWeb集客と販売の現実
  5. まずは販売用のキラーページで実績が出せるHPにする
  6. 優先すべきは「緊急ではないが、重要な仕事」
  7. HPで成果を出している人がやっていること
  8. 専門家 HPの改善のために成約率とアクセス数の算式を頭に入れておく

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年9月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP