ブログ

検索結果で目立つための誰にでも出来るシンプルな方法

LINEで送る
Pocket

リスティング広告ディスプレイ広告(←違いを解説したページ)ですが、SEOの原理原則と似ているところも多くあります。

例えば、それは検索キーワードとランディングページのキーワードをマッチさせるということです。

つまり、ユーザーが何か自分の求める情報を探して検索エンジンにキーワードを入力した際、まず第一関門としてそのキーワードが検索結果のタイトルに含まれていなければなりません。

瞬時に自分の求めている情報かそうでないかをそこで判断するためです。

自分の求めているキーワードが書かれた検索結果クリックし、その飛び先のページにも分かりやすく検索したキーワードの情報が大きく書かれていることが必須です。まだの方、見直しましょう。ディスプレイ重要なのでもう一度書き直しますと、検索窓に入力したキーワードが表示されている検索結果に先ずは目が向きます。検索結果に出ているキーワードがタイトルに含まれるホームページにアクセスし、飛び先のページにもそのキーワードが表示されていればOKです。

SEOにしろリスティング広告しろ、これは最低限守らなければならない約束のようなものです。成果を上げるための絶対条件になります。

ただ、あまりにも基本的なところなので、ほとんどの会社はここまで細かいところは考えていません。

だからやる価値が有るのです。

ちなみに、SEOではどのような検索キーワードでホームページに訪問されるかが予想できません。

そのため検索キーワードとタイトルキーワードとランディングページのビジュアルをマッチさせることは難しいのですが、リスティング広告であれば自分が指定するキーワードに広告を出すので、ここは必ずマッチさせる必要があります。広告費が掛かってますからね。

僕の経験上、それだけで「品質スコア」が上がりました。品質スコアとは、簡単に言うと広告の掲載順位を決める指標です。

クリックされやすい、つまりクリック率が高くなればなるほど「品質スコア」も高くなるという話になります。

リスティング広告の方がキーワードの完全一致は簡単に出来ますね。

ただ一般消費者向けの商品の場合、競争がかなり激しいので、どのキーワードが自分の会社に向いているかを様々なツールを使って調査していく必要がありますね。

そこで競合が少なく、自社の強みを出せ、集客効果もあるキーワードを見つけたら、その周辺&関連キーワードで記事を作って、SEOに効くブログ記事を書いていくのです。

既に何度もこのブログで書いていますが、ブログ記事には2つの役割があります。

1つはホームページへの流入経路を作る、つまり①入口を増やすということです。

もう一つは専門性を強く出し、自社が持つ強みをブランドとして構築していき、②自社の信用を蓄積していくという役割です。

リスティング広告やディスプレイ広告の運用によって得た自社独自のキーワードデータは、SEOの対策でどのような記事を書くか、どのようなキーワードを使うか、に非常に活用できます。

自分がターゲット属性の方々には、どのようなキャッチコピーが響くのかというABテストもしていきましょう。ABテストとは、AとBを比べてどちらの広告が効果が高いかという市場調査です。

同じターゲットに2つの広告を見せて、どちらの方が成果が出たかというテストを繰り返し行うことによりm最もターゲットに響くキャッチコピーや文言が統計データとして算出されます。

これはチラシやパンフレットを作るときにも、キャッチコピーとして活用できますので、Web広告のメリットは投資以上の効果があります。

お客様から聞いた情報でキャッチコピーを作るのもOKです。

ただ、一般消費者向けに広く商品を売っていくようなビジネスであれば、多数の第三者から情報を集めることのできるマーケティングテストツールとしてWeb広告は最も優秀だと感じます。

なんせパソコンの前で市場調査が出来ますので非常に効果的です。

この記事に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520 サービス一覧はこちら

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

貴社名

電話番号

お問い合わせ項目を選択してください (必須)

当記事についてWordPressサイト制作WordPressへの移行検索上位表示コンサルWPカスタマイズのご依頼保守管理・運営代行弊社サービスについてその他

選択項目について内容を詳しくご記入ください (必須)

株式会社ウェブロードのプライバシーポリシーに同意する。プライバシーポリシー

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「対話をカタチに変え、Webの価値を高め続ける」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. アメリカのGoogleAdWords広告で顧客獲得1件あたりに要…
  2. 読まれるブログを書くための簡単な方法
  3. DeNA問題の根本は、長文が検索結果で上位表示される仕組みにある…
  4. ブログを書いたらアクセスが順調に伸びます
  5. HPで成果を出している人がやっていること
  6. 時間と費用を掛ければHPは役立つものになるのか?
  7. 商圏の狭いビジネスも1円単位のYahoo!広告が活用できる
  8. リスティング広告運用は代理店に丸投げしてはいけない

最近の記事

最新のお知らせ

スタジオポルテ夙川公園FPオフィス様HPを制作しました

JRさくら夙川駅から徒歩5分ほどのところにある、国道2号線沿いの「スタジオポルテ夙川公園FPオフィス」様のホームページを制作させていただきました。 こちらには松村様が経営されている、デイサービスという介護事業所があり、同 […]
コメントなし

赤外線雨漏りドクター様のHPをリニューアルしました

赤外線建物診断のパイオニアとして西宮を中心に近畿各地、要請があれば全国各地の建物の診断をしている、アーキテック様のホームページのリニューアルをお手伝いさせていただきました。 建物の雨漏り診断と外壁劣化の調査をドローンや特 […]
コメントなし

制作サービス体系を変更します

検索エンジンからの集客数を大きくするためにはブログは新規投稿を継続すればいいということはありません。 現状のインターネットの状況をお伝えしますと、ブログは過去に書いた記事をきっちりと書き直したり、充実させたり、似たような […]
コメントなし

今津の買取ぷら座一蔵様のHPをリニューアルしました

国道43号線沿い今津交差点すぐ南側にある買取ぷら座一蔵様のホームページのリニューアルをお手伝いさせていただきました。 元々、女性の担当の方がしっかりとしたホームページを作っておられたのですが、デザイン面や機能面でさらに充 […]
コメントなし

フラワーアレンジメントの大垣花店様のHPを公開しました

大垣花店様のホームページ制作では、ベースとなるテンプレートの決定に時間を費やしました。 元々独自でホームページを制作し、運営しておられましたが、今回全面的にアレンジメントを押し出していく形でのリニューアルとなりました。 […]
コメントなし

サイト内検索

アーカイブ

PAGE TOP