ブログ

ドメインは1つに集約するのがベスト

LINEで送る
Pocket

今日はあるお客様のドメインの取得をお任せいただいたのですが、ドメインの取得は難しいですね。

ドメインの種類についても「.com」「.net」「.info」「.co.jp」「.jp」「.biz」など一般的に使われやすいものから、最近では「.tokyo」など地名を冠したものまで様々出ています。

ただ僕の考え方としては、奇抜なものを使うよりも、一般的に使われている「.com」や「.net」で取得するのが好ましいと考えています。

地名の場合は旅行関係・宿泊関係のサイトでは問題なく使えそうですが、一般企業の場合は無難な線に流れるでしょう。

すっかりインターネットもインフラと化していますので、取りたいドメインが取れないという事態が多く発生しています。

今日たまたま弊社の「webroad.co.jp」の「.co.jp」以外のドメインがどのような状況かをチェックしてみました。

下記の画像の通り、「.com」のドメインではプレミアムドメインとして市場価値が上がっておりました。webroad-domain

「webroad.com」が、何で63万円もするの???って感じです(笑)。

どうしても取りたいドメインが、プレミアムドメインになってる場合も、これからの時代はもっと頻繁にあることになるでしょう。

世界に一つだけしか指定することができないインターネット上の住所を表すドメインですので、早い者勝ちになってしまうのです。

さて、ここでちょっとテクニカルなドメインのことについてお話します。

実際の現実社会においては全国都道府県各地に支店があったとしても、インターネットのドメインも支店ごとに分けるかと言うと、そういうことはしません。

インターネットのドメインは1つの会社につき1つが原則であると考えておきましょう。

樹形図のようにドメインの下にどんどん「ディレクトリ」と呼ばれる部屋をたくさん作るのがベストです。

製品ごとサービスごとにドメインを分けているのは大企業に任せておけばいいのです。

個人や中小企業はサービスや事業が違うからといって、ドメインを分けて考える必要はありません。

1つのドメインを充実させ、そのドメインをどのようにディレクトリで構成していくかを考えることが一番良いのです。マンションのポスト文章で書くとややこしいので弊社の具体例で示しますね。

下記のように、「webroad.co.jp」ドメインにたくさんのディレクトリと呼ばれる部屋を作っています。

https://www.webroad.co.jp/homepage/(社長ブログのディレクト)
https://www.webroad.co.jp/faq/(Q&Aのディレクトリ)
https://www.webroad.co.jp/mailmagazine/(メールマガジンのディレクトリ)
https://www.webroad.co.jp/utilization/(ホームページ運営のポイントのディレクトリ)

赤色で表示したところがそれぞれのディレクトリです。

ひとつの「ドメイン」という家の中に、いくつもの部屋が区分けされているイメージをお持ちください。

通常は物理的に離れたところにある営業支店も、インターネットであれば、ドメイン内のディレクトリで分けて表現すれば良いのです。

ドメインというひとつの家をどんどん大きくしていきましょう。

中途半端な大きさの家のままで新しい家を建築するのは、リソースの少ない中小企業にとってはリスクにしかなりません。

遠い昔にドメインを分散させて相互にリンクさせ、あたかも大きく見せるということが流行った時期がありましたが、今はそんな時代ではありません。

ひとつの自社のドメインの宝物のように大きくじっくりとを育てていくことが全ての会社に求められているのです。

なぜならインターネット上の情報やドメイン数が多くなりすぎて、本当に必要なものだけが求められる時代になっているからなのです。くまのいえドメイン分散の手法やサブドメイン展開の手法は、インターネット全体として見た場合、情報量が少ない時代の、上位表示を目指すためのテクニカル面を追求していた時代の名残なのです。

もうすっかり10年前ぐらいに隆盛を極めた手法ですので、全くおすすめしません。1つのドメインでしっかりと自分の資産を構築していきましょう。

これだけオープンなインターネットの世界で、抜け道・抜け穴が存在することはあり得ないのです。

努力や実力や経験も実績も、すべてがオープンになります。

情報を出せば出すほど、自分の身の丈に合った、会社の規模に見合ったホームページに収斂していくことでしょう。

だからこそホームページを使って自分自身や会社自身を表現し続けることは、泥臭さや人間味あふれる部分を自ずから出すことになります。

完璧を求めなくても良いですし、飾る必要もありません。構えることも不要です。

これから関わることになるかもしれない方々に、自らを知ってもらうための一番のツールなのです。

少し話は逸れましたが、結論としてはドメインは1つに集約するのがベストです。(※完全に事業内容がかけ離れていたり、別物である場合は分ける必要もありますので臨機応変に。)

情報量の乏しいドメインでホームページをたくさん作っても、昨今、ドメイン料金も高くなってきていますし、現実の会社はともかくインターネット上では大したことのない情報の乏しいホームページという認識になってしまうのです。

作ったからには覚悟を決めて自ら更新をしていきましょう。

どんなに疲れていても更新していけば必ず良いことがあります。

僕は毎日更新していますが、力を入れて更新したブログ記事が増えるにつれて、少しずつお問い合わせも増えているのです。

是非あなたもドメインの資産を一つに集約させ、力の限り自らの商品・サービス製品の良さを伝えていきましょう。

熱い思いで自社の商品サービスを語ることはとても良いことですし、それによって助けられる方々が大勢いることでしょう。

まだ見ぬその方々のことを思い、少しでも役立てていただける情報を提供していきましょう!

この記事に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520 サービス一覧はこちら

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

貴社名

電話番号

お問い合わせ項目を選択してください (必須)

当記事についてWordPressサイト制作WordPressへの移行検索上位表示コンサルWPカスタマイズのご依頼保守管理・運営代行弊社サービスについてその他

選択項目について内容を詳しくご記入ください (必須)

株式会社ウェブロードのプライバシーポリシーに同意する。プライバシーポリシー

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。経営理念「対話をカタチに変え、Webの価値を高め続ける」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。西宮商工会議所青年部広報委員長、尼崎商工会議所会員。

関連記事

  1. 老朽化した建物と同じ 会社ホームページを放置状態にしているとどうなるか?
  2. スマホを使う子 スマホ対応サイトにした後のアクセス伸び率
  3. 自社HPでは専門分野のアドバイザーの役割を担うこと
  4. グラフなどの資料 会社ホームページの存在意義は?
  5. 相見積もりを防ぐためのお問い合わせフォームページの作り方
  6. 過去ページから新ページへの誘導
  7. ブログを書いたらアクセスが順調に伸びます
  8. 20代~30代の若者向けのホームページを作る場合

最近の記事

  1. 電卓計算

最新のお知らせ

太田拓税理士事務所様のHP制作

西九条駅から徒歩1分くらいの所にある太田拓税理士事務所様のホームページのリニューアルをさせていただきました。従来のサイトはスマホでもパソコンと同じ見え方をしていたため、今回はスマホ化を一番重視しておられました。 打ち合わ […]
コメントなし

心理カウンセリングのエンパシールーム様のHP制作

2011年に弊社でHPを制作させていただいてから7年以上にわたってサポートさせているリトルラビット様が、新たに事業を立ち上げられるということで新規サイト制作をさせていただきました。 代表の玉川さんが1年以上前からずっと心 […]
コメントなし

尼崎亀谷スポーツボクシングジム様のHPリニューアルを行いました

尼崎の県道13号から山手幹線に入ったすぐ西に尼崎亀谷スポーツボクシングジムはあります。ボクシングエクササイズは、短時間で楽しく脂肪燃焼ができるということも話題となり、女性の人気が高まっています。そのため女性に向けたデザイ […]
コメントなし

夏季休暇のお知らせ

ウェブロードでは8月6日(月)、7日(火)、13日(月)、14日(火)、15日(水)の5日間、夏季休暇をいただきます。 4日(土)~7日(火)にいただきましたメールへのご返信は8日(水)から順次、11日(土)~15日(水 […]
コメントなし

中古車・中古マイクロバスの買取・販売のオートギャラクシー様

オートギャラクシー様はマイクロバスの買取販売・リース・中古マイクロバスの輸出といった、中古車業の中でも珍しい数少ない業種の会社様です。 中古車を取り扱う会社は多いものの、マイクロバスを専門的に扱っている会社となると全国的 […]
コメントなし

サイト内検索

アーカイブ

PAGE TOP