ブログ

タイトルキーワードは検索エンジン視点ではなくお客様視点で決める

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

ウェアラブル端末検索エンジンの性能がアップしたアップしたと、最近よく言われます。これを簡単に確認する方法があります。それは片っ端からアクセス解析で検索キーワードを拾っていき、それを検索エンジンに入力し、実際に検索結果を確認することです。

以前はホームページの各ページタイトルに適切なキーワードを入れておくことが必要で、最も重要なことだとされていました。

しかし近年はページタイトルにタイトルキーワードを入れていたからといっても、それがキーとなって検索結果のランキング決定要素にはならないでしょう。

実際に確認した検索結果を見ても、検索したキーワードがハイライトされていない「検索結果に表示されているサイトタイトル」を、多く目にすることになるはずです。検索結果はGoogle検索エンジンの、リアルに進化の最前線です。逃げも隠れもしない現実がそこにあります。

つまり、タイトルキーワードに入れられたキーワードよりも、ページ内の文章の内容や、そのページにリンクされているリンク元ページの内容などが、複合的に計算されてランキング要素とされているのです。

だからブログの記事一つををとって見ても、タイトルに検索されたキーワードを入れるなんてことは、もう考えなくてもいいでしょう。

どちらかと言うと、記事の内容を端的に表すキャッチコピーやタイトル付けの方が、検索結果のランキングに限って言えば、相性が良くなるはずです。記事の内容とは異なるけれども、このキーワードで上位表示させたいからといって、後付けでキーワードをタイトルに持ってくる行為は、全く意味がなくなることになるでしょう。

未来形で書いていますが、現実的には今現在でもそうなっています。とにかくタイトルはひと目で記事内容が分かりやすいものを厳選し、検索されたいキーワードをわざわざ記述し入れ込む必要はほぼ無くなっているのです。

検索エンジンを相手にするのではなく、その先にいる人(お客様)を相手にしてキーワードを決め、キャッチコピーを決めると全ては上手くいくようになります。

SEOのご質問への回答と王道SEO手法の解説

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. 繋がり 外部リンクを貼る行為は友人を人に紹介すること
  2. 検索結果に表示される説明文(スニペット)の書き方
  3. ハードよりもソフト(コンテンツ)が重要
  4. お客様が安心してアクセスできる安全なHPにしよう
  5. ホームページの完成形 制作お引き渡しが完了した時点では集客は全くできないのがHP
  6. 社長 会社ブログ記事のコンテンツは社長の朝礼や訓示の中にある
  7. ランディングページ作成時の具体的なパーツ配置と流れ
  8. 情報の書き換えをしなければ検索順位は落ちますか?

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年9月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP