重複コンテンツは検索順位を下げる方向への圧力

重複コンテンツは検索順位を下げる方向への圧力

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

重複コンテンツってお聞きになったことはありますか?

ホームページを自社運営されている方でしたら、この言葉を聞いたことがあるという方もいらっしゃるかと思います。

簡単に書きますと、FacebookやTwitterを始めとするソーシャルネットワークサービスや、自社ホームページなどで同じ文章を使い回すことです。すべての運営している媒体において、異なったコンテンツを投入していくのはかなり面倒で時間も掛かります。そのため、同一のコンテンツをそのままコピー・ペーストして各媒体に投稿している会社も多くあります。

実はこの行為は、検索エンジンを経由してホームページを見てもらうという観点からは、大変危険なことなのです。

なぜ危険なの?

現在の検索エンジンは、重複コンテンツを極度に嫌います。それはインターネット上のコンテンツが増えすぎて、検索エンジン側で登録し続けて行くスペースが無くなって来ているということの現れでもあります。

簡単に言うと、Googleのキャパオーバーです。重複

例えばどんな例があるの?

Facebookに投稿したコンテンツと同じ内容のものをコピーして、自社ドメインのブログに投稿し、更にTwitterに投稿するとします。そうすると、同じ内容の記事がWeb上に3つも生成されることになります。

この場合、検索エンジン側の扱いとしては、一番正しいと思われる記事のみを登録し、検索結果に反映させるようにするのです。この例で言うと、ホームページ内の投稿ボリュームや記事数の多いFacebookやTwitterが強いという判断になる可能性が高いです。

そのため、せっかく自社ドメインで運営しているブログに同じ内容の記事を載せても、自社の方は全く検索結果に現れてこないといった状況になります。

重複させ続けるとどうなるの?

このような重複投稿がいくつもいくつも続くようでしたら、コピーした記事を掲載している粗悪なサイトとして扱われます。それが自社ホームページであればどうでしょうか?

自社のホームページ自体が検索結果に現れなくなるという悲惨な結末が待っているかもしれません。それくらい重複コンテンツについては、各検索エンジンともに厳格な取り扱いを行なっているのです。

検索結果に表示したい場合、楽をしても全く意味がありません。むしろ悪い結果に導かれてしまう可能性のほうが高くなります。必ずすべての投稿記事はオリジナルなものにしなければならないということを念頭に置いて、コンテンツ創出活動を行なってください。

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。業種別難易度表もご参考程度に。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2017年8月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP