キャッシュとインデックスの違い

キャッシュとインデックスの違い

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

検索エンジンに詳しい方であれば、下記2つの言葉の違いをご存知でしょうか?

・キャッシュ
・インデックス

GoogleやYahoo!の検索結果に表示されるためには、この2つのステップを踏む必要があります。

まず、Web上のページが「キャッシュ」されて、その後すぐに「インデックス」されます。この2つの処理が検索エンジン側にあるからこそ、自社のホームページが検索結果で表示されます。

キャッシュというのは、検索エンジンの情報収集ロボット(クローラー)がホームページを訪問して、そのページのデータを収集することです。

インデックスというのは、ロボットが集めてきたデータを検索結果として表示できるように、検索エンジン側のサーバーに収納して、いつでも表示OKな状態にすることです。

詳しいことはGoogleのヘルプページにも書かれています。

つまり、この2段階の処理を自分のホームページで行なってもらわなければ、検索結果に自社のホームページは出てこないということになります。

Googleのキャッシュを簡単にチェックする方法インデックス

キャッシュとインデックスの違い

キャッシュとインデックスのお話の理解は大丈夫でしょうか?

前置きが長くなりましたが、ここから、前回会社の業務ブログがブームの続きを書きますね。頭の良い方は既にご想像されているかもしれませんが、その方法はこの2通りです。

・そもそもキャッシュしない
・インデックスからの削除

どちらも検索エンジン側での処理になります。Googleにインデックスされていないサイトは、検索結果に表示されない=存在しないということです。

誰もが簡単にウェブコンテンツを制作できる時代、Webにとって不必要なコンテンツも非常に多くなっています。

検索エンジンといえば、Google(Yahoo!)であり、Google(Yahoo!)を介して集客を行うのが検索エンジンでの上位表示です。Googleは、利用者、つまり顧客にとって、メリットのない情報は容赦なく無視しますし、事前連絡なくインデックスから削除します。インデックスに登録すらしてくれないということが当たり前になるでしょう。

では、どんなサイトがインデックスから削除され、そもそもキャッシュをしてもらえなくなってくるか。将来の予測を交えて書いてみますと、下記がターゲットになるでしょう。

・SNS内の個人の日記(全体公開のもの)
・個人的な雑記ブログ(統一されたテーマ、専門的な内容を除く)
・何度も「次へ」を押さなければ辿り着かない、深い階層にある昔のブログ記事
・独自アドレスではない無料ブログの記事
・アクセスが全くないページ
・中身の無い(薄い)ページ(相対的に内容の薄いページから順番に削除候補に上がっていく)

そもそも無料ブログは、大した内容でなければ、運営会社側で、機械的に削除してしまいたいというのが本音ではないかと推測しています。

キャッシュ&インデックスされなければ、記事を書いても無駄な労力ですし、無料ブログでの企業サイト・ブログの運営は、リスクでしかなくなるでしょう。

顧客は何を必要としているのかを考え、「書く力を高めていく」ことが、Webを活用し続ける一番誰もが獲得しやすいスキルなのです。例えば「映像」なんて、書くよりも大変です。

将来に渡ってあなたのWeb上の資産として記事を活かし続けるためにも、時間を掛けて有益な文章を書くことが必要です。

SEOのご質問への回答と王道SEO手法の解説

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。業種別難易度表もご参考程度に。ご相談はこちらからお気軽に。

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年6月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP