短期SEOと長期SEOを分けて考える

短期SEOと長期SEOを分けて考える

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

「SEO」という言葉

あなたは「SEO」という言葉をご存じですか?

HPの集客を謳う当メルマガで、SEOとは今更感もあるのですが、重要なので、基本事項を取り上げてみます。HPを運営している方なら、SEOという言葉を一度くらいはお聞きになったことがあるのではないでしょうか?

しかし、本質的にはどのようなものだろうと、改めて調べたり、勉強することも少ないかもしれません。そのため、少しだけ今回はSEOの現状を再確認してみます。

まず、「SEO」というのは、「Search Engine Optimization」の頭文字を3つ並べたもので、「検索エンジン最適化」と訳されます。つまり、Google、Yahoo!の検索エンジンの検索結果で、ページ表示順の上位に自社のホームページが表示されるように対策を行うことです。

御存知の通り、あるキーワードで検索した際に、クリックすることが多いのは1位や2位のサイトですよね。検索結果の2ページ目以降の下位サイトだと、そのキーワードの検索結果ではほとんどクリックされることは無いでしょう。

目指す検索キーワードで、どのように対策をしていけば上位に表示されるか、直近の方法論を次のパラグラフからご紹介して参ります。

検索エンジン

現実社会での順位査定は

ここでお気付きの方もいらっしゃると思いますが、SEOでの上位表示とは、「あるキーワードの検索結果でのその時点での順位」です。こう書くとなんだかややこしいですね。なので、Webを離れて考えてみましょう。

例えば、
「西宮市内でコーヒーの美味しいお店上位10店舗」
を探してみましょう。

どのような探し方がありますか?

西宮市内の全ての喫茶店やコーヒーショップに参加してもらって、上位10店を決める選抜大会を開催することも良いでしょう。もしくは過去に何らかの、コーヒーに関する賞の受賞歴があるお店から1位から10位を選ぶという方法もあるでしょう。

前者は今現在の実力を測定し、限りなく現状に近いものを求めたいという手段になると考えられます。一方、後者は過去の実績であり、現状は変わっている可能性があると考えられます。

いずれにせよ、出来るだけ最新の情報で10店を決めることが最も正確で公平な決め方と言えます。

ここで「SEO」の話に戻ります。Web上にある情報に限りますが、インターネットで、このようなある母集団の中から、順位を決めているのがいわゆる「検索結果」の画面です。その「検索結果」は、過去の情報と最新の情報が混ざっています。2010年のお正月の情報もありますし、2017年5月5日のこどもの日の情報もあります。

様々なWeb上の情報の中にあって、指定された母集団(キーワード)の中で、上位に食い込むように努めることがSEOの意味になります。

短期と長期を分けて考える

Yahoo!の検索窓の上に、「リアルタイム」というタブがあります。これを指定して、検索窓にキーワードを入力し検索すると、今現在Web上に投稿されているTwitterやFacebook等の情報が最新順に表示されます。

例えば駅で電車を待っていてもなかなか来ないといった場合に、「阪急神戸線」など路線名を入れて検索すると、

・◯◯付近で事故
・◯◯駅で電車が停まってる
・△△駅には電車が来ない

といったような情報が取得できます。

このような超短期的に限られた検索結果において上位表示することもSEOですが、あくまでもその時点のみの順位になります。Yahoo!やGoogleの初期状態の検索窓にキーワードを入れて、返される検索結果に経常的に顔を出しておきたいですよね。

長期的にSEOを安定させようと思えば、常に言われるのが「更新頻度」です。更新頻度は、何も新しい記事をどんどん書きまくってホームページを活性化させるということではありません。情報があれば新記事を書いて「更新」しますが、基本は今までに書き溜めている記事の「最新情報への更新」になります。

2012年11月に書いた記事を、2017年5月の状況に合うように書き換えるようなことを言います。ホームページに掲載しているすべての記事を更新対象とします。サボらずに常に最新の情報が自社ホームページに反映できているよう地道な作業を行います。

これを口を酸っぱくしてお伝えするのは、情報の鮮度が大きく検索結果に反映されるからです。古い情報、すでに利用できない情報は誰も必要としません。つまり、そのようなページをたくさん放置してると、「SEOをしていない」ということになるのです。このような地道なコンテンツの「更新」作業が、SEOの作業ということです。

検索エンジンのことを考えず、読んで下さるお客様のことを考えて、新しい情報に「更新」し続けます。

GoogleのWebサイトで知識を得る

リアルなSEOの最前線の勉強をされたい場合は、Googleの各種Webサイトがおすすめです。自社でホームページを作り、運営される場合は、下記の知識は最低限知っておいて欲しい内容になります。常に最新情報に「更新」されています。

ウェブマスター向け公式ブログ
Googleのウェブマスターフォーラム
SEO が必要なケース

このページには、「Google で最上位に掲載されることを保証できる人はいません。」といった気になる内容も盛りだくさん書かれています。本格的にご自身でWebマスターとして活動されたい方は、下記を受講すると一連の流れが身につきます。

ウェブマスター アカデミー(Google提供)

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。業種別難易度表もご参考程度に。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2017年8月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP