交流会と営業での自己紹介やプロフィールの作り方

交流会と営業での自己紹介やプロフィールの作り方

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

西宮に引っ越した2008年に入会した西宮商工会議所ももう入会9年目になりました。(僕が西宮商工会議所に入った理由・おすすめする理由

マッチングは、インターネットの最も得意とするところです。しかし、インターネットで見つけてもらう以上に、交流会のような直接顔と顔を突き合わせて話が出来る機会のほうが圧倒的に価値があります。顔と顔を合せるための、一つの出会いの手段がホームページというだけですので。

さて、ビジネスにおける交流会ですが、「仕事を取る」という気持ちで臨むと必ず失敗します。僕も過去には名刺交換してすぐに仕事の話をしてよく失敗したものでした。仕事を一緒にするかどうかというのは社員を採用するかどうかというのと同じくらい重要な問題です。

飲み食いをしながら少しばかり話す程度の簡単なことで、今後一緒に仕事をしていける人かどうかの見極めなど、まず出来ません。交流会は単なるきっかけであり、その後何度かお会いしたり、話をしたり、関係を密にする努力をし、絆を積み上げてくことでしか、仕事にはならないものです。

急接近は離れるのも早いですし、誤解も生みやすいものです。これとは逆に、じっくり関係を築いた後に一緒に仕事をするのはお互いの理解も伴っているため、関係は長続きしやすい傾向があります。

しかし、時間とともに人の考えや気持ちは変わるもの。そういう現実を前提とした上で、縁あってお仕事をご一緒させて頂いている方とは丁寧な関係を維持する努力を継続していきたいと思っています。挨拶

いきなり自己紹介できますか?

交流会でまず考えておかなければならないことは、自己紹介です。手短に、相手の印象に残るような、そんな定形フォーマットが準備できていれば良いですよね。例えば、自己紹介を下記の文字数や時間で表現できますか?

・20文字 ・100文字 ・2000文字 ・30秒 ・1分 ・3分

自己紹介は普段から頭に入れておくようなものでもないので、普通はその場で考えますよね。私の場合は予め文章で準備しています。

紙に書いて常に携帯しているという訳ではなく、時間を掛けて考えて書いた内容をホームページ上に掲載しているということです。ここからトピックを拾って、頭に入っているところをつなぎ合わせる感じです。

ホームページ上に主となる自己紹介を掲載しているので、いざという時に、「ホームページをぜひご覧ください」とお伝えすれば、自己紹介と会社紹介が一気に出来ます。

自分でもスマホから自己紹介ページを開けて、交流会開始前に再確認や、キーワードのピックアップが出来ます。もちろん、自分で書いた内容なので、ある程度は覚えています。

長短何パターンでもそこから派生させることで対応できます。このように準備しておけば、交流会での自己紹介も安心です。

経歴だけだと面白くも何とも無いので、普段の考え方や、仕事への取り組み方、今後の展開などを話すと面白いです。僕ならそんな人に興味を持ちます。

このようなことをやってきたから、今後はこういう方面でやっていきたいと、目的志向を全面に出していけば、目的に共感してくれる人と出会えます。

交流会と営業での自己紹介の違い

次に、プロフィールページに必ず必要な内容について書いて参ります。まず、プロフィール写真は必須です。ホームページでお問い合わせを獲得したり、受注のきっかけを掴みたい方は、必ずご自身の写真を入れる必要があります。

恥ずかしい、Webに掲載するのは怖い、既にそんな時代ではありません。女性の場合で特に気にする場合は似顔絵などで代用することも良いかもしれません。しかし、成果の出ているホームページは最低でも代表者の写真は必ず掲載されています。堂々と自分のことをさらけ出すから信用を得られます。

逆の立場で考えると分かり易いですよね。どんな顔をした、どこの誰が運営しているか分からないサイトでは通常はモノを買いません。小売・販売、製造業であれば社長の写真だけで良いのですが、写真がないと全く話にならないのは、士業の方やコンサルタントの方です。

人物そのものが商品になりますので、写真を載せないということは時計屋さんがホームページに商品である時計の写真を掲載していないのと同じことです。プロフィールで使うのは下記のような写真にしてください。

・笑顔の写真 ・目線が合う写真 ・偉そうにしていない写真 ・穏やかで話しかけやすい感じの写真 ・商談中の写真 ・講演中の写真 ・社員の集合写真

色々ありますが、とにかく真面目な顔よりも笑顔のほうが好感が持て、引き付けは良いでしょう。ただし、業種や業界、社風、方針によって変わりますので、あくまでも一般例として受け止めてください。どのような写真にするかは、その都度臨機応変に決める必要があります。

代表者のプロフィールに掲載必須の内容は一般的には下記です。

・経歴 ・実績 ・経験 ・資格 ・熱意 ・目標 ・想い

どれかに特化してもよいでしょう。何を全面に出すか、どのように構成していくかはホームページ全体と整合を付け適切に記述し、こまめに更新しましょう。状況は毎年刻一刻と変わっているはずです。なんか古い内容だなと思われないよう、常に最新を心掛けてください。

社長ブログで人柄が分かるはずと仰らず、会社の公式ページのプロフィールの書き換えも適時必要です。

実際にお会いした際の自己紹介は、その多くが初めてお会いする方ですので、そのような状況を想定し、ホームページも同じように分かりやすく相手の立場を考えた記述が必要です。

プロフィールとは少し外れますが、ホームページに読む人が参考になる専門的な情報をたくさん掲載することも、代表者、社長のレベルの高さを間接的に押し上げてくれます。

こんなノウハウを知っている人に依頼したい、この先生は詳しいな、この会社に任せたい、そう思ってもらえるかを考えてみてください。

プロフィールで書ききれないところは情報ページで補ってください。人間が読むものなので、偉そうに書きすぎないことも重要です。

1.あなたに◯◯を提供出来ます。
私に任せて頂ければ安心です。

2.私は非常に優秀です。
当社は他社よりも◯◯です。

1.ならOKですが、2.は少し癇に障ります。2.は何となく嫌味な感じが出ています。この差は相手目線と自分目線の違いなのですね。

あなたのプロフィールには2.のような表現はないでしょうか?あればすぐに修正することをおすすめいたします。

相手目線になっているかどうかのチェックをするだけです。すべての方に快く、快適にプロフィールを閲覧していただくために、表現には徹底してこだわりましょう。こういったページでも書き方の学習が出来ます。

文章の書き方・ととのえ方
助詞の使い方
尊敬語・謙譲語・丁寧語

尊敬語と謙譲語に関しては僕もかなりごちゃごちゃになっていますが、できる限り正しく使いたいです。最後になりますが、プロフィールを修正するということは、表現力、文章力、専門性、経験値、全てにおいて修正前よりレベルアップしたことの証なのです。

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。業種別難易度表もご参考程度に。ご相談はこちらからお気軽に。

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年7月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年6月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP