画像とテキスト、検索されるのはどっち?

画像とテキスト、検索されるのはどっち?

LINEで送る
Pocket

文章ホームページといえば、まだまだ会社のパンフレットをWebに掲載している、そんなイメージを持たれている方が多いように感じます。

それでも全く問題はないのですが、やはり新規の集客に活用していこうと考えれば、使い方をどうするか戦略を練って進め、考えていく必要があります。

今回のメルマガは、パンフレットをwebに掲載するだけで良いとお考えの方向けに紙媒体とWebの違いを書きました。ご存じの方にとっては当然の内容になりますが、再確認という意味でもお時間を頂いて、お読み頂ければ嬉しいです。

webでは紙媒体とは違って、どんなメリットがあるのかということを、少しでも多くの方に知ってもらえればと思います。また紙媒体をどうWebに活用すれば良いか、少しでもヒントになれば幸いです。

紙媒体の情報でWebページを作る場合

チラシやパンフレット等、紙媒体の販促物が既にある会社様にとっては、これをそのまま流用すれば、簡単にWebページが作れますよね。現在持っている紙媒体や、広告媒体のデータを、そのままWebページに貼り付け、1ページに出来ます。

しかし、最大の注意点は、紙媒体の画像をそのままホームページに掲載しても、検索エンジンではヒットしないということです。

画像検索以外では画像が直接検索されることはなく、検索エンジンはテキスト情報をキーにして検索結果を表示します。そのため、画像は検索エンジンと相性が悪いのです。

画像ファイルしかないようでしたら、その画像ファイルを管理している会社やデザイナーに問い合わせて、Photoshopやillustratorの元データのファイルを管理者から貰いましょう。

そしてphotoshopやillustratorに書かれているテキストをコピーして、それをホームページにテキスト情報として貼り付けるのが良いでしょう。そうすることで、画像の上に一緒に書いてある文字情報が、検索可能なテキストとして、検索される状態になります。

つまり、検索エンジンからの集客を目指すページを作ろうとするのならば、画像だけでなく、テキストとして文字を同じページ内に入れて、掲載する必要があるということなのです。テキストというのは、ウェブサイト上で文字を選択して、コピーできる部分のことになります。

webの特長を生かしたページ

Webの特長を生かしたページというのは、まず挙げられるのは、ランディングページです。ランディングページとは、一般的には下記のようなページです。

1.訪問者は検索エンジンから特定のキーワードでホームページに辿り着きます。
2.訪問したページを上から順番に読み進めて、ページの最後に来ます。
3.ページ下部で、お問い合わせ、資料請求、サンプル請求、商品購入に誘導します。

ランディングページとは、目標とするアクションを1ページ内で完結させるためのWebページです。一度ページを作ってしまえば、内容を修正をするだけでずっと継続して使えるWeb資産になります。

重要なのは、ビジネス文章のライティング能力の向上や、キャッチコピーのアイディアです。能力向上とお客様視点の徹底追求を継続的に行いましょう。スマートフォン対応でも、一番は電話にスムーズにつなげられるよう、タップすれば電話が掛けられるような仕組みを導入しておくことも良いでしょう。

そういった細かい工夫がランディングページでは資料請求率やお問い合わせ率向上に役に立ちます。アクセス解析を活用し、改善前・改善後の数字を把握しましょう。

最後に確認しておきますと、ランディングページばかりではダメで、パンフレットや商品紹介ページの掲載も、もちろん必要です。パンフレット等の社内案内ページとランディングページ、情報掲載ページなど、いろいろな種類のページをバランスよく配置していくことを心掛けましょう。

Webの特長は、ホームページ訪問だけで、多くの情報が収集でき、更にはすぐに運営者と訪問者が連絡を取り合えるというところにあります。

・読んでいて、ためになるページ
・見ていて楽しいページ
・知りたいことがすぐに分かるページ

上記のような、また来たいと思えるような親切で適切な接客が自社HPで表現できているかをチェックしましょう。せっかくのWebなので、お客様である訪問者が使いやすいように、常に改善と工夫を加えて行きましょう。

この記事に関するお問い合わせは下記よりお願いいたします

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520
サービス一覧はこちらのページをご覧ください。

お名前 (必須)

ふりがな (必須)

メールアドレス (必須)

貴社名

電話番号

お問い合わせ項目を選択してください (必須)

当記事についてWordPressサイト制作WordPressへの移行検索上位表示コンサルWPカスタマイズのご依頼保守管理・運営代行弊社サービスについてその他

選択項目について内容を詳しくご記入ください (必須)

株式会社ウェブロードのプライバシーポリシーに同意する。プライバシーポリシー

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。経営理念「対話をカタチに変え、Webの価値を高め続ける」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。西宮商工会議所青年部広報委員長、尼崎商工会議所会員。

最近の記事

最新のお知らせ

倉本運送株式会社様のサイトリニューアルをしました

2011年にホームページを制作させて頂いて、その後7年に渡って継続してWeb周りの保守をさせていただいていた倉本運送株式会社様ですが、今回採用に力を入れなおしてサイトをリニューアルさせたいとのご要望をいただき、採用をベー […]
コメントなし

「旗ポール建て隊」様のWebサイトを制作しました

旗ポール建て隊様のホームページ制作は、西宮商工会議所の職員の方にも初回から三度の打ち合わせにご参加いただき、新規サービスの立ち上げをどの切り口かで進めるか徹底的に意見を出し合ってからのスタートでした。 ブレーンストーミン […]
コメントなし

スタジオポルテ夙川公園FPオフィス様HPを制作しました

JRさくら夙川駅から徒歩5分ほどのところにある、国道2号線沿いの「スタジオポルテ夙川公園FPオフィス」様のホームページを制作させていただきました。 こちらには松村様が経営されている、デイサービスという介護事業所があり、同 […]
コメントなし

赤外線雨漏りドクター様のHPをリニューアルしました

赤外線建物診断のパイオニアとして西宮を中心に近畿各地、要請があれば全国各地の建物の診断をしている、アーキテック様のホームページのリニューアルをお手伝いさせていただきました。 建物の雨漏り診断と外壁劣化の調査をドローンや特 […]
コメントなし

制作サービス体系を変更します

検索エンジンからの集客数を大きくするためにはブログは新規投稿を継続すればいいということはありません。 現状のインターネットの状況をお伝えしますと、ブログは過去に書いた記事をきっちりと書き直したり、充実させたり、似たような […]
コメントなし

サイト内検索

アーカイブ

PAGE TOP