契約書の収入印紙税をゼロにする方法

契約書の収入印紙税をゼロにする方法

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

2014年の漢字は税個人で事業をされている方や会社の経営者にとって一番抑えたいコストは税金ではないでしょうか?

法人においては、毎月の所得税や住民税の支払い、決算後における法人税、事業所税、事業税、消費税の支払いなど、様々な税金の支払いが定期的にやってきます。自社ビルや工場を持っている会社では、固定資産税も掛かってきます。

小学生の頃に習ったままで、すっかり忘れている方も多いと思いますが、教育の義務、勤労の義務、納税の義務が国民の三大義務です。

Web契約では印紙税が必要ない?

契約に関する税金に、印紙税というものがあります。本来継続役務の提供に係る印紙税は契約書を2通作れば収入印紙が2枚必要になります。

国税庁/収入印紙/「継続的取引の基本となる契約書」のページ参照。

紙ベースで契約書を作る代わりにwebを契約書の代わりにすることにより、双方合計で収入印紙税が0円になるのです。

電子メールのテキストとしてですが、甲乙双方に同じ契約内容文面が届くようにすれば、法的効力は紙ベースの収入印紙を貼付けた契約書と何ら変わりません。

そんな契約のページも、全てSSL通信で行えば、(<https://~>で始まるアドレスです)顧客の個人情報が、webから悪意のある他者に閲覧されるリスクは非常に小さくなります。

SSL通信は、例えば、お問い合わせフォームに導入するだけでもお客様の安心感は変わってきます。検討する価値があると思います。これを導入すれば契約書に係る収入印紙を節約することも可能です。

契約の度に収入印紙代が掛かっている方は、このようにwebでの契約対応を考えてみられてはいかがでしょうか?

契約書と申込書の違いを区別できますか?

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。業種別難易度表もご参考程度に。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2017年8月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP