文字数の多い記事が上位表示?

文字数の多い記事が上位表示?

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

web集客の過程において、検索結果で自社のホームページを上位表示させるためには、コンテンツを充実させなければなりません。

あるキーワードの検索結果で1位になるということは、そのキーワードで1番相応しい内容がそのページ内に掲載されていなければならないのです。

webで集客するためには必要なコンテンツの充実ですが、その結果、集客後も訪問者の満足を満たすことになり、コンテンツの充実によってスムーズにコンバージョンへ繋ぐことが期待できます。

これからの検索エンジンの上位表示は、集客止まりではなく、コンバージョンまで意識した総合的なコンテンツ対策がメインとなるという事を頭に入れておくべきなのです。

キーワード選定と重要要素

日本語の文章それともう一つ重要なことは、文字数の多い記事の方が、検索エンジンからのアクセス数も多いという事実です。

キーワード選択が間違っていなければ1,000文字程度の分量の記事でも十分アクセスはあるのですが、3,000文字や4,000文字ぐらいの分量でコンテンツをしっかり書いている方が、検索エンジンからの安定したアクセスがあるようです。

僕が属しているwebマーケティング・コンサル関係の業界では、同じカテゴリに属する会社や個人が、これ以上の文字量で情報コンテンツを書いていたりするので、一番競争が激化しているカテゴリーではないかと思われます。

コンテンツの質が担保できているという前提で、キーワードと文字数だけをファクターとして検索結果で上位に来るかどうかを考えた場合、一番成果が分かりやすいのは文字量です。

ただ、上位表示は、検索キーワードごと、検索結果ごとの、「相対性」によって決定されますので、その検索キーワードごとに検索結果の画面で判断する必要があります。

1日50くらいのアクセスがあるキーワード(記事)もあれば、0アクセスの記事もあります。上位表示が難しいキーワードと簡単なキーワードがあるということです。

キーワード選択はアクセスの大小に非常に重要な役割を担っているということを再確認して頂き、各ページのキーワードは、記事投稿前の検索結果を踏まえて決定するようにしてください。

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。業種別難易度表もご参考程度に。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年9月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2017年8月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP