HPが自社で修正できず、都度費用がかかる事業者の方へ

あなたご自身で簡単に修正できるHPに作り替えて、更新のストレスを無くしませんか?
更新が自分でできれば、情報発信を積極的に行えるようになり、その結果、集客力が高まります。

  • 自社でWordPressを動かしていきたい
  • 情報発信や新規集客をホームページから行っていきたい

そんなお客様に、貴社に合った個別制作・個別ご提案をいたします。
会社サイトの制作以外に、こちらの動画で話しているようなサイト制作もできますのでお気軽にご相談ください。

制作お引き渡し後も、弊社制作サイトをお使いいただいている限り、お困り時や操作方法のメールサポートは永久無料です。

ホームページ制作

トップページのイメージ図(ワイヤーフレーム)をお作りし、
1件でも多くの成果を発生させるようWordPressにてサイト制作を行います

  • トップページのイメージ図を作り、文面と構成(セールスレター作成)を弊社にて作成いたします

トップページを、ランディングページとしてSEOにもWeb広告にも活用できるホームページにしたい方向けにお作りします。
ユーザーに反応してもらう文章を弊社で作成して参ります。
お引き渡し後も貴社で長く活用できるために、WordPressをベースとしたサイトを制作いたします。

お見積もりイメージ

  • 自社更新型のコーポレートサイト制作
  • WordPressでのECサイト制作
  • サイト内検索システムを搭載した数百ページ程度のサイトの構築
  • SEO目的のメディアサイト制作
  • GoogleMAPを組み入れた自治体等のサイト構築

お客様にご準備をお願いしたい内容

  • ドメイン・サーバーの情報
  • ヒアリング項目のご回答(口頭でも構いません)
  • 各ページの文章(トップページセールスレター、社長挨拶、事業紹介文面、Q&A等は弊社でお作りすることもできます)
  • 掲載したい写真素材(弊社からもご提案)

弊社で行う制作内容

  • ドメイン・サーバー調査・WordPress設定
  • キャッチコピーご提案、サイト企画・構成のご提案
  • トップページセールスレター執筆
  • ブログ設置
  • 各ページの文章のチェックとお客様視点でのご提案
  • 写真素材の収集選定・全体デザイン
  • 自動返信付きお問い合わせフォーム制作
  • Google AnalyticsやGoogle Search Consoleの設定サポート

ページ数の増加分、ロゴ・画像・図表の制作、デザインの作り込み、会員システム、決済機能の追加など、仕様に応じてお見積り額は変わります。

セキュリティに関しましては、弊社がサーバー内(エックスサーバー推奨)で、お客様のサイトで必要な設定を行います。WordPressで起こりやすいセキュリティの脆弱性対応も行います。

セキュリティのプラグインを導入し、不正ログインを試みるIPアドレスの監視やログインロック機能等、可能な限りの初期セキュリティ対応を施します。
WordPressの管理権限を持つユーザーには、ID・パスワードを強固なものに設定いたします。

制作費のお見積りに大きく関わる6つのポイント

  •  ロゴ・画像・図表の制作が入るかどうか?
  •  トップページ以外のページの文章もお作りするかどうか?
  •  デザインの細かなご指定があるかどうか?
  •  予約管理、在庫管理、決済手段等を導入するかどうか?
  •   GoogleMAP連動、数千ページ以上の制作、サイト内検索の実装があるかどうか?
  •   その他、ご要望により個別のお見積りとなります

制作・コンサル事例

掲載のご許可をいただいたお客様のみ掲載させて頂いております。イメージのご参考の一助になれば幸いです。

制作前ヒアリング

ヒアリングは文面でなく口頭でも構いません。お見積りの前に下記を教えていただけますと、より突っ込んだご提案が可能になります。

  • ホームページ制作の目的を具体的に教えてください
    例・お問い合わせを増やしたい
     ・資料請求をして欲しい
     ・予約客を増やしたい
     ・申込み者を増やしたい
     ・来店数を増やしたい
     ・ホームページから購入者を増やしたい 等
  • 集客と販売に関して、問題点と課題、解決イメージはありますか?
  • 貴社サービスの特徴、それを受けるお客様のメリットは何ですか?
  • どんなお客様がターゲットですか?
  • 商品・サービスをどういう切り口で見せたいですか?
  • 競合他社や他サイトより優位な点はどこですか?
  • お客様の声(サービス業であればお客様事例)はご用意できますか?
  • お客様が購入前に不安に思っていることを教えていただけますか?
  • デザインで参考にしたい他のWebサイトを教えてください。

ホームページ制作の進め方

サイトのワイヤーフレームをお作りし、ページやデザインをお客様に随時確認していただきながら制作を進めます。

HP制作前の準備作業手順(お申込み後、一緒に進めていきます)

1.ヒアリングシートの作成

こちらのヒアリングシートをお分かりになる部分だけで構いませんので、ご記入していただいております。
サイトの目的や導線を共有していくためにもご協力をお願いしております。

すでにドメインやサーバーをお持ちの事業者様におきましては、下記、「2.ドメインを取得とサーバー契約を行います」を飛ばして「3.ホームページの素材を集めます」へお進みください。

2.メインを取得とサーバー契約を行います(お客様がお持ちでない場合)

ドメインというのは弊社であれば、「webroad.co.jp」の文字列の部分です。新規取得の場合、お望みの文字列でエックスドメインなどで取得されてみてください。
ドメインについて、下記の動画もご参照ください。

低価格なサーバーやSSL(https://~の「s」付きのもの)が使えるサーバーもたくさんあるのですが、弊社が今まで使ってきた中でダントツで使いやすくて高機能でサポート対応も良い、廉価なエックスサーバー(「X10」のプラン)をお勧めしています。

サーバー・ドメインを弊社で取得管理させていただく場合は、月々の保守管理費がかかりますが、丸ごと任せたい方はその旨お知らせください。

3.ホームページの素材を集めます

ここまで準備ができましたら、ホームページ制作に取り掛かります。文章と写真が必要になりますので、ホームページで使うためのデータ素材をできるだけたくさん集めます。
トップページの文章はすべて弊社でお作りします。
お客様がご用意した文面での制作でももちろん問題ございません。

チラシ・パンフレット、現在のお客様のホームページなどから、使っても良いものをお知らせいただけますと、加工し、HP素材にしていきます。

4.ワイヤーフレームの作成、もしくは丸投げの場合セールスレターや構成も弊社で企画制作を行います

書類やヒアリングシートなどの準備が整いましたらワイヤーフレームを作成し、サイトのトップページ概要を決定していきます。
ワイヤーフレームが固まれば制作を開始し、こちらも適時ご確認いただきながらデザインや構成を整えてまいります。

ワイヤーフレーム作成や文面の作成を全てお任せいただける場合は、お客様のヒアリングをもとに弊社側でセールスレターとなるトップページの文章を作成し、ある程度の形になったところでご確認いただく流れでお作りさせていただきます。

5.アクセスデータ収集の準備をします

ホームページ運営ではアクセス数などのデータを取得できるようにしておく必要があります。
そのため、ご希望の方にはGoogleが提供している色々なWebサービス導入のサポートを行っております。
ホームページ運営の際には、下記サービスを導入されると効果的な運営・活用が可能になります。

  • Gmail(Googleアカウントの取得)
  • Google Analytics
  • Google Search Console

Gmailを登録することによりGoogleアカウントの開設をしていただくことになります。
Gmailの登録方法はこちらに書かれていますので、順に進めていって登録を完了させてください。
制作ではスムーズな集客に役立つHP自社運営が開始できるまでをサポートしています。
お客様の理解度に応じてメール、電話を併用しながら丁寧にご説明させて頂きます。

サービス開始までの流れ

  • あなたの抱える問題点を電話かメールでお聞かせください。
  • 弊社の回答後、もしご興味があれば再度ご連絡ください。
  • メール・お電話等にてヒアリングを行い、お見積書をご提示致します。
  • お見積りをご了承頂ければ、お申込書をご返送いただきます。
  • お見積額の半金の着手金のお振込をお願いいたします。
  • 制作作業を開始致します。

制作後のサポート体制は?

ご相談メール・疑問点への回答サポートは弊社制作サイトをお使いになられている限り、納品後も無期限で行っております。

制作後のサポートが必要な方に向けてのサービスは下記になります。
下記リンクよりそれぞれのページの詳細をご確認ください。

すでにWordPressサイトを運営されている方で、集客や改善のアドバイスやサポートが欲しいという方は、運営代行&コンサルティングサービスをご覧ください。

制作にあたって知っておいていただきたいこと

  •  ホームページの制作は販売・集客のスタート地点です
  •  「HPの目的が達成できるページ(販売・サービスページ)」を重点的に作成します
  •  集客できる仕組みを事前に考えます(ブログ執筆の継続・HPへの導線の開拓)
  •  制作時SEOの設定を行います
  •  安定したWeb資産作りを行います
  •  心理的に訪問者と近づく工夫を施します
  •  デバイス別に見やすいホームページ(スマホ対策)にします
  •  制作時に常時SSL対応のホームページにします
  •  ドメイン・サーバーは貴社所有、もしくは弊社管理のどちらでも構いません
  •  ターゲットを絞り込み、シンプルなサイトを維持します
  •  必ず目的(出口)を作ります(お問い合わせ・資料請求・お申し込み・購入など)

弊社のホームページ制作は、基本的にはWordPressを利用します。お引き渡し後もお客様ご自身で運営しやすいもので制作いたします。

制作前の目標設定と
キーワードの考え方・ヒント

「キーワードを中心とした企画設計に時間を掛け、絞りこまれた適切なターゲットを集客し、それを販売とリピーターの獲得に繋げる」

順序を追って企画制作を進めていけば、必ずWebからの集客は上手く行きます。
作ってから成果の出やすいサイトにするべく、企画設計段階で十分に時間を掛けます。

売れるか売れないかは切り口次第

まず最初に行わなければならない制作前の企画設計ですが、まずは、ホームページを構成するメインテーマを考えます。
売りたい商品・サービスがそのままサイトテーマやキーワードになるとは限りませんので、切り口の分析には十分なヒアリングを行い、時間を掛けます。

サイトテーマ(キーワード)の選定

サイトテーマを絞ることで集客対象が目標が明確になります。
サイトテーマの選定は非常に重要な作業になります。
選定次第で集客属性が大きく変わります。
メインテーマと一言で言っても分かりにくいと思いますので、弊社クライアントの事例をまずはご覧ください。

テーマを絞ることで成果が出た具体的事例

下記事例では具体的な社名とキーワードは伏せていますのでイメージとしてお考えください。
実際ではBtoBでの実例を、ご説明用にBtoCの「バッグ」「ボストンバッグ」に置き換えています。

A社は従来、カバン全般を扱う製造販売業者でした。
そのため、「カバン」というテーマでサイトを制作し、ホームページを運営していましたが、お問い合わせは全くと言っていいほどど無い状態でした。

そこで弊社と社長による打ち合わせの中で、将来に渡って伸ばして行きたい「ボストンバッグ」に目を付け、ホームページのリニューアルに際して、「カバン」色を取り外し、サイトテーマを「ボストンバッグ」に絞込みました。

お客様との取引の中でも、高級感のある「ボストンバッグ」や引き合いの特に多いものが「ボストンバッグ」に関するものだったそうです。

「テーマ」を絞り込んだ結果、ホームページのリニューアル公開後には、GoogleやYahoo!の検索結果でも「ボストンバッグ」キーワードで、1ヶ月も経たないうちに3位~5位くらいに表示されるようになりました。

お問い合わせ数は初月から月に20件を超えるほどになり、初年度で200件近いお問い合わせの獲得に成功しました。
制作から13年以上経過した現在も、一月あたり数百件のお問い合わせ獲得を継続的に得るまでに至ったのです。

Web検索で集客するためにまず行うことは、運営するHPのキーワードの絞り込み度合いの調整です。
ホームページの情報量も少なく、同じ検索キーワードの検索結果に表示される他社サイトに比べて情報の量や質で劣っていると感じられる場合は、狙ったキーワードがカバーする範囲を少し小さくしてみます。

カバン(バッグ)というキーワードで検索キーワードを小さくするというのは上記の図のようなイメージです。

上表でのカバンのキーワードは適当に書いたものです。
鞄の種類や男女別、メーカー別、生地別など、キーワードを細分化していくと、どんどん専門性が高くなっていき、競争相手も少なくなっていきます。
この中で、自社に合ったマーケット規模を選び、ホームページで展開するのです。

この部分はヒアリングシートを元にZOOMでのオンラインミーティングを通して、貴社の強みをはっきりさせていき、併せて検索結果の調査を行い、貴社のリソースと比較して戦えるものかどうかご提案を行っております。

リアル店舗では多種類販売も可能ですが、インターネットでは切り口を狭く絞り込んだほうが良い場合が多いです。

この例でもお分かりのように、キーワード、つまりサイトテーマの選定はホームページの命運を握る最重要項目なのです。
絞込み具合は競合他社の状況やキーワードの認知度によって全く異なり、個別のケースで確認していく必要があります。

上述の顧客事例は「商品」の絞込みですが、「地域」「顧客」「競合」「機能」「ニーズ」など、様々な観点から、貴社にとって戦える形は何なのかをヒアリングを元に引き出して参ります。

一点突破させるテーマの選定・抽出方法

ホームページを制作していく上で一番最初にしなければならない作業が、ここまで書いてきた「テーマの選定」です。
テーマとは、言い換えれば、ホームページの内容を一言で表すキーワードであり、また、ホームページの内容を総括した主題でもあります。

ホームページの制作は、必ずこのテーマに沿って構築するべきものになります。

1.テーマは商品・サービスとクライアントから探す

テーマは、必ず貴社がテーマにしたいと考えている商品・サービスに関連するキーワードと、クライアントとのやりとりから見つけることになります。

クライアントの話には必ず購入側からの視点が盛り込まれます。
つまり、何らかの商品・サービスを売るためにホームページ運営をしていく以上、テーマは貴社クライアントとのやりとりの中から探し出すことが確実に成果を上げるためには必要です。
販売先の何気ない一言は、特に意識して聴くようにします。

2.価格勝負になるテーマは意図して避ける

ホームページのテーマを考える場合、価格競争を避けなければなりません。
テーマ選定の目的に一つは、価格競争を避けるということでもあります。
Webでの価格競争はご存知の通り際限のない泥沼です。中小企業が取るべき方法ではありません。

テーマの切り口を広くすると競合が増えるため、必ず価格競争が起こります。
前述の例では、切り口に対して競合が多いということでもあり、商品・サービスの同質化に陥っている可能性が否定できません。
切り返しとして、逆に隠れた顧客ニーズを探ることで、ニーズを掴む努力をします。

自社商品・サービスの調査・把握

下請けのボリュームが大きい会社の場合は、「下請けからの脱却」を目指します。
自社の商品・サービスを2次加工業者に販売するだけでなく、直接新規の取引先に販売できれば、価格でも性能でも貴社主導で事業を進められるようになります。

検索エンジンから直接キーワード検索でホームページを見つけてもらうということは、直接の取引先を開拓していくということに他なりません。

商品・サービスの精査

ホームページでの販売は、商品・サービスに魅力があれば売ることが出来ます。
ネットショップのように直接顧客への販売ではなく、いったんお問い合わせを受けてから、成約に繋げていく商品・サービスもホームページは大きな集客の切り口になります。
もちろん、金額の大きい商品・サービスは、購入前に必ずお客様とお会いしてご説明するというステップを踏む必要はあります。

ホームページ運営では、集客のための労力と時間が掛かります。
ここが課題になりますが、テーマの絞り方をマスターすることで、その期間を短縮できます。

まず行うことは、魅力のある商品・サービスかどうかであり、商品・サービスのコンセプトがターゲットとなるお客様に伝わりやすいかどうかの検証を行うことになります。

切り口をどう見せるかで、生涯収益は大きく変わってきます。
そのため、利益を最大化出来る切り口を考えます。

コンセプトの伝わりやすさ

一目見ただけで商品・サービスの中身がイメージできるものであればベストです。
しばらく考えさせるものや、考えてもすぐにイメージできなければ、再考します。

要するに、人によって捉え方が違いそうな内容であれば、再検討を要するということになります。
お客様の考え方や魅せ方によって異なる部分になりますので、個別コンサルティングをさせて頂く内容となります。

コンテンツ作成にお困りではありませんか?

月に1記事でも情報を増やしていくことができれば、お問い合わせや受注につながります。
ここではどのようにしてホームページに掲載するコンテンツを作っていけばよいか、目からウロコのヒントを話しています。

身近なところにホームページ掲載のコンテンツがたくさんありますので、ぜひ動画内のヒントを生かして欲しいと思います。

また、求人登録サイトや、中古車販売用の在庫管理サイトや、予約フォーム付きサイトや、各種商品登録サイト、WordPressをネットショップのように利用するご提案なども、ご相談に応じてカスタマイズ制作させて頂いております。

WordPressでは、ECサイト(ネットショップ)や予約システム、クレジット決済付きのサイトも後から簡単に機能追加できますので、ホームページをWordPressで制作されておきますと、貴社のIT活用の可能性がぐっと広がります。

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
2004年頃の会社員時代からブログ作成を始める。ブログ作成が楽しくなり、そのまま趣味が高じて2006年にホームページ制作で起業、2008年に株式会社ウェブロードを設立。現在は、個人・中小事業者のWordPressサイト制作を中心に、Web業界16年の知識と経験を生かして、小規模案件のみならず、大型案件のWebディレクターとしても活動中。 プロフィール

WordPress作成講座の動画一覧

WordPressの作成や運用方法の講座【ワードプレス作成講座】を弊社You Tubeチャンネルで開講しております。WordPressに関心のある方はこちらからチャンネル登録(無料)を行ってください。

ワードプレス作成講座への入塾(無料)You Tubeウェブロードチャンネル

動画内で紹介している有料テーマプラグイン

Lightning G3 Pro Pack

動画内で紹介しているレンタルサーバー エックスサーバー

お問い合わせフォームはこちら

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520
(※営業電話が多いため、お電話は留守電となります。お問い合わせ内容を留守電に入れていただけましたら、折り返しお電話させていただきます。お急ぎの方はメールフォームをお使いください。

2営業日を過ぎても弊社からの連絡がない場合はメールが届いていませんので、大変お手数をお掛けしますが、下記メールアドレスにご連絡ください。













    お問い合わせの前に下記、ご確認をお願いいたします。

    必須お問い合わせ項目

    必須お名前

    必須フリガナ

    必須メールアドレス

    必須貴社名

    任意貴社サイトURL

    任意電話番号(ハイフン無し・半角数字)

    必須制作費のご予算はどれくらいですか?

    企画・設計、デザイン、画像・文章の作成、サイト内検索システムの導入等、ヒアリングを元にご予算やご希望に応じたお見積りをご提案させて頂きます。

    必須制作目的はどうお考えですか?(複数選択可)

    どこに力を抜きどこに力を入れるのか、ご予算とご要望の中から最適なご提案をさせていただきます。

    必須どのような機能が必要ですか?(複数選択可)

    SSL(https://~)対応、ブログ機能、スマホ対応(レスポンシブ)、ログイン等セキュリティ対策、ページタグSEOの最適化は標準搭載。

    必須どのような作り方がご希望でしょうか?(複数選択可)

    WordPressでの構築になりますので、お客様のご要望に比較的柔軟にお応えすることが可能です。企画ご提案する前に参考にさせていただく項目です。

    必須お問い合わせ内容を教えてください