LINE公式アカウントでの無料相談はこちら
LINEで送る
Pocket

一般消費者向けのサービスについて、スマホでの閲覧率が80%以上のサイトも増えてきました。

従来はパソコンだけの見え方を考えていれば良かったホームページ制作業ですが、現在は、まずスマホでどう見えるかということを最優先に制作します。

スマホではご存知の通り、上から下にどんどんスクロールしてホームページを閲覧しますよね?

つまり、スマホでは1列だけのホームページにするのが、サイズ的にも理にかなっているのです。

そうなるとパソコンで閲覧した際のホームページをどうするかというのが、次の課題になります。

たとえスマホでの閲覧が80%を超えていたとしても、パソコンでの閲覧も20%弱あるということです。

アクセスボリュームの大きいサイトでは、これは無視できない数字になります。

ちなみに「カラム」と言うと難しいのですが、ホームページをパソコンで縦に見ると、いくつかのブロックで構成されている事が分かります。

縦割りされたブロックのことをカラムと言うのです。下図をご参照ください。ホームページの列の説明

弊社のサイトではご覧の通り、トップページを1カラムにしてそれ以外の下層ページを2カラムにしています。

下層ページというのはトップページ以外のページという意味でお考えください。

トップページでは余計な情報は訪問者に対して見せず、ホームページ管理者が見て欲しい情報を、上から下に順番に見てくださいという意味を込めて1カラムにしているのです。

もちろんスマートフォンですと、上から下に指でタップするだけで簡単にスクロールできるので見やすい作りになります。

スマホ対応していないホームページであれば親指と人差し指で画面を広げる「ピンチアウト」という作業をしなければならないので、一手間要します。

情報が爆発的に増加していますので、訪問者にとっても、とにかく絞り込まれた必要な情報だけで十分お腹いっぱいなのです。

従来の、パソコンでの閲覧を前提とした3カラムでのホームページは現在にはふさわしくないと言えるでしょう。

ポータルサイトやニュースサイトのように情報が盛りだくさんのサイトであれば、トップページが2カラムや3カラムでも良いでしょう。

この場合であっても下層ページは2カラムするのが一般的です。

いずれにせよ、ホームページ訪問者が見ているのは、「コンテンツ部分」だけです。

どこをクリックしていいのか分からないごちゃごちゃしたホームページでは、初めての訪問者の離脱率は高くなる傾向があるのです。パソコンを見る看護師

よほどお気に入りのホームページや購読しているサイトでなければ、情報を探すときはすぐにGoogleなどの検索エンジンに戻ってキーワードを入力して探します。

そのほうが圧倒的に早いからです。

現在は検索技術が大幅に向上しているので、星の数ほど存在するウェブサイトからでも欲しい情報のページはすぐに見つかります。

インターネット自体がそのような状況になっている今、ホームページはできるだけ1カラムもしくは2カラムにし、シンプル化させるべきです。

何が言いたいのか、何を見せたいのかをはっきりさせることで訪問者の意識を自社ホームページに繋ぎ止めることが出来ます。

検索者はいつでも検索結果に戻れますし、キーワードを入力し直すことにより、別の検索結果のサイトに行くという行動が普通に取られているということを頭に入れておきましょう。

細かい部分のホームページの修正を継続していけば、Webでの集客力アップや販売数アップにつながります。