写真ギャラリーサイトの簡単な作り方

LINE@での無料相談はこちら
LINEで送る
Pocket

料理のメニューや車の写真や雑貨屋さんや旅行サイトなど、写真が豊富にあるあなたはギャラリーサイトを作ってみませんか?写真をうまくサイトコンテンツに活用していけば、お客様にとっても分かりやすく、イメージしやすいサイトになるのは間違いありません。

弊社でお勧めしているWordPressというブログシステムを使えば、写真をどんどんブログに投稿するだけで、写真ギャラリーとして整理してくれます。それを利用し、楽に写真が整然と配置されたホームページを作ることができます。

写真ギャラリーサイトでは、難しいプラグインを導入して設定したり、カスタマイズする必要はありません。WordPressを設置して、投稿ページもしくは固定ページの「メディアを追加」というボタンを押すと、「ギャラリー編集」というリンク先があるので、そこをクリックして写真を順番にアップロードするだけです。

Lightboxというプラグインだけ導入しておけば、ギャラリーページで各写真のリンク先をメディアファイルと設定しておけば、ギャラリーの写真をクリックすればその写真が拡大表示されます。僕が使っているのは「wp-jquery-lightbox」です。(下記参照)

下記だけ忘れないように設定しておいてください。これをチェックしておけば、拡大した写真がスマホでも横幅きっちりに収まります。

当サイトでも阪神大震災の時の写真を写真ギャラリーとしてページを作っていました。

このページはWordPressでどのように作ったかと言いますと下記の方法です。簡単に画像だけ載せておきますので、WordPressをお使いの方であれば、イメージがつきやすいかと思います。

この部分の3枚の写真もギャラリーとして設定してみました。写真サイズがバラバラであれば下記のようなイメージになりますので、写真サイズは合わしておくことが良いでしょう。

普通にギャラリーサイトを手作業で構築していくとなると、人件費がその都度掛かってくるので、あなた自身で写真を簡単に、上記のように投稿できるようにしておくことがおすすめです。そうすることにより、いつでも自分の力だけで、写真ギャラリーを作れることになります。

やはりノウハウをマスターして、それを自分で実現できるようにしておくことが一番ホームページを低コストで管理できます。ホームページ内で写真をクリックすれば、同じページ内で写真が拡大され、そのページ内にある写真がどんどん、「次に」「次に」と続けて見られるようなプラグインもLightboxの機能です。

また、この投稿画面の機能やLightboxを利用することによって、色々なサイトで見られるような写真ギャラリーサイトをあなた自身で作ることができるようになるでしょう。写真がたくさんある方についてはギャラリーサイトにしてしまうことも一つの手であり、おすすめできる方法です。

その場合は、WordPressでは写真ギャラリー専用のテーマテンプレートが無料・有料問わずいくらでもありますので、気に入ったテーマを探してご自身で設置するというのも一つのやり方です。

写真のほうが文章よりも一目見ただけで何かがすぐに分かりますので、直感的に欲しいと思えるような商品・サービスにはこういった写真を最大限に活用することは非常に効果が高くなります。コンテンツを書き続けるよりも敷居が低いので、ブログの執筆になかなか取り掛かれない方には敷居が低くなります。

ファッション関係をはじめ、サロン関係などビジュアルや写真がサービスの購入の決め手になるお仕事をされている方にも、このようなギャラリーサイトを作るのはお勧めです。WordPressはパソコンのWindowsのように、既に世界的には標準化されたホームページ制作ツールとなっています。

初心者の私がワードプレスで自作できますか?

Follow me!

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。 (HP活用方法の動画一覧→Youtubeチャンネル) 経営理念「育て拡げるお手伝い」の下、IT活用に活路を見出す個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。 西宮商工会議所青年部2018年度広報委員長、尼崎商工会議所会員。