Facebook日本での利用の現状

自社のホームページをわざわざ作らなくても、Facebookページで会社のホームページの代用をしたらいいのではないか?

数年前までそんな話もちらほら飛び交っていたのですが、最近は様相が変わってきていますね。日本でFacebookに登録しているユーザーは2,600万人とも言われています。(5年前の2016年の資料から横ばい状態 2016年時点の資料はこちら

出典:https://find-model.jp/insta-lab/sns-users/


実態は恐らく数分の1以下程度でしょう。もしかするともっと少ないかも知れません。登録だけして閲覧用に使っている人も多くいるようですが、自ら情報を発信しない場合は、ログインして画面を開くことすらなくなってしまうというのが現状です。

つまり、登録者数は時間に比例して増えるのですが、実際に利用しているユーザーの数は、どんどん減少しているのが実態だと思われます。時間とともに飽きてきたり、煩わしくなってきたり、そもそもFacebookで誰にいいねするのか?といったところも他人に見られている煩わしさ、人間関係の煩わしさで辞めていく人も後を絶ちません。LINEのようなメッセージアプリとして使っているだけの人も多いでしょう。

Facebookで何らかのアクションを起こせば他の人にもそれが分かりますし、監視されているような窮屈さや、誰と一緒にいたとかが写真やタグから分かるという公開性に、使いづらくなってきたという方も大勢いらっしゃることでしょう。

結局ソーシャルメディアも時間とともに飽きてしまうツールなので、何か新しい機能を付けようと運営側は必死で模索しますが、最終的にはmixiと同じような運命をたどることになるのかもしれません。

これでもHPの代替に出来ますか?

さて、Facebookページを会社のホームページとして代用とするという話に戻します。

現在、Facebookにログインせずに様々な会社のFacebookページを見ることはできません。なぜなら一定間隔でFacebook登録を促す大きな画面が、ページの真ん中に表示され、閲覧と操作を邪魔するからなのです。

「後で」を押すとすぐに邪魔な画面は下部に収納されますが、以前は閲覧途中に何度もこの白画面にコンテンツを遮られていました。新規登録者や、アクティブユーザーが減少していると推測される今、個人レベルでの情報発信媒体として活用するのが良いです。

結局「人」の興味関心の対象は「人」であり、会社という「法人」ではありません。

事業をしているのなら、面倒でもFacebookやアメブロなどの無料のインターフェースに頼らずに、しっかりとそこはお金をかけて自ら情報を発信できる媒体を維持管理しておくことがベストです。

もし代用せざるをえない場合は、長所と短所を把握しておきましょう。以下より、自社のホームページを作らずにFacebookページで完全に代用する場合の長所と短所を整理しておきます。

Facebookを自社HPとして使う際の長所

全てを自社内で運用するとなると、完全に無料で運用することが可能です。

元々無料で使えるということにメリットがありますので非常に導入の敷居は低いです。

社内に誰かFacebookの個人アカウントを使っている方がいれば、その方が新たにFacebookページとして登録し、必要項目を入力すれば、そこでもうFacebookページの開設が完了します。いいねボタンやシェアボタンにより情報の拡散が可能になります。

Facebookを自社HPとして使う際の短所

ホームページをFacebookページで代用するとなると、Facebookページでweb集客を賄わなければなりません。つまり、Web集客の着地点もFacebookページとなり、これはFacebookという会社の土俵の中でしかweb集客を完結させることを意味します。貴重なweb上の自社資産を、他社の手の内に委ねることになります。

他社の手の内に委ねられているということは、例えばシステムの仕様変更等があった場合には、その対応をすぐに行わなければならないということになります。また、Facebookの利用規約に違反した投稿などがあれば、投稿の強制的な非公開や、登録IDへの警告、ひいてはID削除等の可能性もゼロではありません。

で、結局FacebookはHPで使わないほうが良いの?

他社の手の内で自社のweb資産を展開していくということは、こういったリスクを承知の上で行うなければならないということです。これがFacebookページでの無料利用の大いなる代償になります。Facebookからシステムとして提供された管理画面の範囲内でしか、ページ制作ができないのは、制限された機能の中での運用になります。

ホームページを始めとしたWeb媒体は、運営期間が長くなってくると色々やりたいことが多くなってきます。他社システムの中で運営しているということは、大いなる制限の中で、自社のメディアとして何とかやりくりをするということです。自社ドメインでホームページを持つ多くの企業にとっては、Facebookページなどのソーシャルメディアはサブ的な位置付けで活用しているに過ぎないのです。

そうなれば、結局、自社のドメインでホームページを作りたいといったことになるのは自然の流れです。事業としてビジネスを行っていくのであれば、無料で作れるから、楽そうだから、という方向に流されず、最初から自社のドメインでホームページを立ち上げることがおすすめです。

Facebookページで代用できる部分はwebでできることのごく一部分であり、独自ドメインのホームページに完全に代用できないことをこの記事ではお伝えしておければ良いのかなと考えています。

こちらが最新情報です

業務日記
WebP(ウェッピー)形式への変更でサーバーの負荷軽減を実現
SEO・Web集客
Googleにキャッシュ(Cache)されず検索結果に表示されません
コンテンツ
訪問・電話営業より「待ちの営業」が効果的
SEO・Web集客
online-marketing
SEO対策費用の相場は?
Web制作の費用や相場
ホームページ制作費のお見積り金額と相場感
ホームページ制作
BiNDup(バインド・アップ)とWordPressのメリット・デメリット比較
ホームページ制作
ホームページビルダーとWordPressのメリット・デメリット比較
ホームページ制作
Wix(ウイックス)とWordPressのメリット・デメリット比較
ホームページ制作
Jimdo(ジンドゥー)とWordPressのメリット・デメリット比較
ホームページ制作
ペライチとWordPressのメリット・デメリット比較
SEO・Web集客
SEO集客できるHPを外注制作する際の必須チェック項目5つ
サイト運営ノウハウ
HPの保守管理費を無駄にしないための5つのチェックポイント

投稿者プロフィール

山口 敦
山口 敦
2004年頃の会社員時代からブログ作成を始める。ブログ作成が楽しくなり、そのまま趣味が高じて2006年にホームページ制作で起業、2008年に株式会社ウェブロードを設立。現在は、個人・中小事業者のWordPressサイト制作・改善を中心に、Web業界16年の知識と経験を生かして、大型案件のWebディレクターとしても活動中。 プロフィールはこちら

お問い合わせフォームはこちら

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520
(※営業電話が多いため、お電話は留守電となります。お問い合わせ内容を留守電に入れていただけましたら、折り返しお電話させていただきます。お急ぎの方はメールフォームをお使いください。

2営業日を過ぎても弊社からの連絡がない場合はメールが届いていませんので、大変お手数をお掛けしますがこちらのメールアドレス宛にご連絡ください。













    お問い合わせの前に下記、ご確認をお願いいたします。

    必須お問い合わせ項目

    必須お名前

    必須フリガナ

    必須メールアドレス

    必須貴社名

    任意貴社サイトURL

    任意電話番号(ハイフン無し・半角数字)

    必須制作費のご予算はどれくらいですか?

    企画・設計、デザイン、画像・文章の作成、サイト内検索システムの導入等、
    ヒアリングを元にご予算やご希望に応じたお見積りをご提案させて頂きます。
    弊社制作費の費用感につきましてはこちらの記事をご参照ください。

    必須制作目的はどうお考えですか?(複数選択可)

    どこに力を抜きどこに力を入れるのか、
    ご予算とご要望の中から最適なご提案をさせていただきます。

    必須どのような機能が必要ですか?(複数選択可)

    SSL(https://~)対応、ブログ機能、スマホ対応(レスポンシブ)、
    ログイン等セキュリティ対策、ページタグSEOの最適化は標準搭載。

    必須どのような作り方がご希望でしょうか?(複数選択可)

    WordPressでの構築になりますので、お客様のご要望に比較的柔軟にお応えすることが可能です。
    企画ご提案する前に参考にさせていただく項目です。

    必須お問い合わせ内容を教えてください