ブログ

もはやFacebookは自社Webサイト代わりには使えません

⇒ WordPress設置・運営の個別指導
LINEで送る
Pocket

自社のホームページをわざわざ作らなくても、Facebookページで会社のホームページの代用をしたらいいのではないか?

数年前までそんな話もちらほら飛び交っていて僕も耳にすることがあったのですが、数か月前から様相が変わってきていますね。

日本でFacebookに登録しているユーザーは2,600万人とも言われています。下記リンク参照。
https://www.advertimes.com/20160902/article232569/

実態は恐らく半分以下程度でしょうね。もしかするともっと少ないかも知れません。あくまでもFacebookの5~6年来のヘビーユーザーとして、毎日利用している僕の感覚ですが。

登録だけして閲覧用に使っている人もごく少数いるようですが、ほとんどの方は自分が情報を発信しない場合はログインして画面を開くことすらなくなってしまうというのが現状でしょう。

つまり、登録者数は時間に比例してどんどん増えていくことにはなるのですが、実際に利用しているユーザーの数は、どんどん減少しているのが実態ではないかと推測しています。

時間とともに飽きてきたり、煩わしくなってきたり、そもそもFacebookで誰にいいねしたりするのかといった煩わしさ、人間関係の煩わしさで辞めていく人も後を絶ちません。

1ヶ月に2回開いてメッセージなどのチェックをするという利用方法の方もいらっしゃるでしょうし、LINEのようなメッセージアプリとして使っているだけの人も多いでしょう。

Facebookで何らかのアクションを起こせば他の人にもそれが分かりますし、監視されているような窮屈さや、誰と一緒にいたとかが写真やタグから分かるという公開性に、使いづらくなってきたという方も大勢いらっしゃることでしょう。

結局ソーシャルメディアも時間とともに飽きてしまうツールなので、何か新しい機能を付けようと運営側は必死で模索しますが、最終的にはmixiと同じような運命をたどることになるのかもしれません。

さて、Facebookページを会社のホームページとして代用とするという話に戻します。

現在、Facebookにログインせずに様々な会社のFacebookページを見ることはできません。

なぜなら数秒ごとにFacebook登録を促す大きな画面が、閲覧しているページの真ん中にどんと表示され、閲覧と操作を邪魔するからなのです。こんな感じ。いやいや、これはアカンでしょ。ログインしていなくても、登録していなくても見せてよ。^^;

これだけのストレスがかかる閲覧に誰が時間を費やすでしょうか?

自らはログインした状態で見ていると何の不便も感じないのですが、Facebookページが誰でも見れるものだと思い込んでいていると、未登録者からは「なんでこんなものにしか情報を掲載していないんだ!」「見れないじゃないか!」と、心の中が穏やかな状態ではないお客様も出てきていることでしょう。

見たくても自動的にブロックされ、登録してもどのように個人情報が利用されるかが全く不透明な媒体に、わざわざ個人情報を引き渡さなければ閲覧すらできないのか!といった不満を感じる人が大半でしょう。

普通の感情を持っておられる方は多分そんなふうに思うような気がします。

そんな現状を打破するために登録者を増やすことに力を入れていると思うのですが、それは結局大企業のおごりに繋がっているのです。

そんなこんなもあって、Facebookの登録者数がどんどん減少しているに違いありません。

こんな閲覧ブロックをするのは、ユーザー目線ではなく自社視点の何物でもありません。このような閲覧しているページに被せるようなペラ画面を出して、メルマガ登録や会員登録を促すサイトもありますが、嫌われるだけということを自覚しなければなりません。

ホームページにそんな機能は不要なのです。今すぐやめましょう。

そのため2017年以降は、Facebookでホームページを代用することはすでにリスクとなりました。他社の無料プラットフォームに乗っかってホームページを運営していても、結末はいつもこうなるのです。

新規登録者や、アクティブユーザーが減少していると推測される今、個人レベルでの情報発信媒体として活用するのが良いです。

結局「人」の興味関心の対象は「人」なのですから。会社という「法人」ではありません。

やっぱり事業をしているのなら、面倒でもFacebookやアメブロなどを無料のインターフェースに頼らずに、しっかりとそこはお金をかけて自ら情報を発信できる媒体を維持管理しておくことがベストです。

事業で収益を上げ、継続して会社経営を行って行きたいのならなおさらです。

そういった長期的なビジョンを持ったホームページ運営の企画や集客のご相談はウェブロードにお任せください。

年末年始もメールでお返事対応しておりますよ。電話に関しては、クライアント以外は基本28日(水)までです。

しっかりとした内容で相談文を書いて送ってくださった方には、それなりに私の方もしっかりとした内容のお返事を書かせて対応させて頂いています。1日5通くらいが限度ですが。。

この時期は多くのお客様がお休みモードに入るタイミングだから私の方も時間をとってお返事できますので、ちょっとした相談をしたいという方はぜひこちらのお問い合わせフォームからあなたの抱える問題点をご遠慮無く送り下さいませ。

無料アドバイス

ウェブロードの3つのサービス

自社管理できるWordPressサイトを制作したい方、サイト更新作業委託とアドバイスが欲しい方、本気でSEOに取り組む方に向けたサービスを展開しています。ご相談はこちらからお気軽に。

WordPress自動お見積
The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。西宮商工会議所青年部所属。プロフィールはこちら。経営理念「頑張る人の自立を応援する」の下、IT活用に積極的な個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開しています。

関連記事

  1. 専門家の手厚いサービスが欲しい場合は大手を選ぶな
  2. 時間と経験と勘が必要なアナログ脳を鍛えろ
  3. 個人経営サロンならホットペッパービューティーは使わなくてOK
  4. 販売商品・サービスに定価がない場合はブログを書こう
  5. ブログやSNS営業は一貫したテーマでビジネスを表現する
  6. DeNA問題の根本は、長文が検索結果で上位表示される仕組みにある…
  7. Webとリアル店舗を一体化させておく
  8. チラシポスティングは見込み客とのファーストコンタクト

WordPress自動お見積

メルマガ登録
メールアドレス
お名前(任意)



WP立ち上げ個別指導ご予約

2017年10月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2017年9月

サイト内検索

最近の記事

  1. どら焼き
  2. 専門家

アーカイブ

PAGE TOP