本記事は、前回の記事「カスタム投稿でウェブサイトを簡単カスタマイズ」、「カスタムフィールドの簡単な作り方をご紹介!」をベースに説明しています。

直接カスタムフィールドに入力していくのではなく、スプレッドシートなどから.csv を作成してインポートする方法をお伝えします。

大量に入力データがある場合におすすめの作業方法です。

WP Imp Expプラグインをインストール

まずは無料でカスタムフィールドにデータをインポートできる「WP Imp Exp」プラグインをインストールします。

③で「WP Imp Exp」を入力し、インストール > 有効化 を行います。

左メニューバーに「WP Imp Exp」か表示されたことを確認してください。

管理画面(ダッシュボード)左のメニューバーから

  1. プラグイン
  2. 新規プラグインを追加
  3. プラグインの検索
  1. 今すぐインストール
  2. 有効化

CSVデータを用意する

カスタムフィールドで設定した「フィールド名」を使用し、スプレッドシートなどでデータを入力します。

カスタムフィールドだけでなく、タクソノミーキーも入力しています。

一部を抜き出すとこんな感じになります。(横スクロールバーで最終列まで表示できます。)

noproperty_namelocationareatrafficfloormensekistructureptypeapartmentmanshonhousehierarchyunitsdatebukken_tagtag1tag2google_mapmap_urlprmain_img
1スクエアヒルズ埼玉飯能市原町204-10埼玉県JR線 「飯能」駅2LDK34.52m2~45.20m鉄骨造アパート850未定手数料なし新築<iframe src="#"></iframe>https://maps.app.goo.gl/・・・
https://・・・
2アトラス佐賀佐賀市川副町南里912-6佐賀県JR線 「南里」駅2DK34.52m2~45.20m鉄骨造アパート15202024年10月新築<iframe src="#"></iframe>https://maps.app.goo.gl/・・・
https://・・・
黄色マーカーはタクソノミー

一行目がカスタムフィールドで設定した「フィールド名」「タクソノミーキー」です。

インポート用のスプレッドシートが完成したら、

ファイル > ダウンロード > カンマ区切り形式(.csv)

からダウンロードを行います。

インポート手順

csvファイルをインポート

左メニューバーから「New Import」を選択し「Select Files」より、先ほどダウンロードしたcsvファイルを選択します。

Continue to Step2 で次に進みます。

STEP
1

反映させたいページを選択

プルダウンから、インポートしたいページを選択します。

投稿タイプで「物件情報(インポート)」を事前に作成

以下は状況に応じて選択してください。

  • Import new items & Update Existing Items:新しいアイテムのインポートと既存のアイテムの更新
  • Import new items only & Skip Existing Items:新しいアイテムのみをインポートし、既存のアイテムをスキップ
  • Update Existing Items & Skip new items:既存のアイテムを更新し、新しいアイテムをスキップ

Continue to Step3 で次に進みます。

STEP
2

インポートデータの確認

下にスクロールし、File Data PreviewにCSVの内容が表示されているかを確認します。

Continue to Step4 で次に進みます。

STEP
3

データの紐付け

それぞれの項目にドラック&ドロップで紐付けを行う作業です。

まずはページタイトルとなるデータを紐付けます。右の”property_name”を「Post Title」の枠にドラック&ドロップします。

それぞれのカスタムフィールドも紐付けを行います。

「Name」はフィールド名(Value)と揃える必要がありますので、コピーペーストで「Name」にも記載します。

Continue to Step5 で次に進みます。

STEP
4

タクソノミーの表示設定

「Taxonomies,Categories,Tags」を開くと、タクソノミーやタグで設定した項目が表示されています。(ここではエリアや間取りなど)

チェックを入れ、該当するフィールド名を、右からドラックします。複数フィールドがある場合は、「 , 」で区切ります。(階層の場合は「>」)

オプション設定

公開の設定をします。

以下のようにすぐに公開するか、下書きに保存するか、日時指定で公開するかを選択できます。

Published・・・公開
Draft・・・下書き
As specified・・・日時指定

コメントとドラックバックは必要がなければ「Closed」にしてください。
スラッグ設定

スラッグを数字にしたい場合、”no”をドラック&ドロップで紐づけます。

Continueで次に進みます。

STEP
5

Confirm & Run Import で次に進みます。

「物件情報(インポート)」の投稿タイプにインポートデータが登録されているのを確認します。

それぞれのページを「表示」から開き、個別ページの表示に問題がないかも確認しましょう。

問題なく表示されていればインポートは成功です!

数十件のデータを複数人で登録するならカスタムフィールドへの手入力でも十分ですが、数百件のデータを手作業で入力するのは相当な時間がかかりますし、ミスにもつながります。

少し難しく感じられるかもしれませんが、ベースを作っておけばその後の運用はかなり楽になります。

前回までの記事

カスタム投稿へのインポートをご検討の方は、1.2の記事も併せてご覧ください。

  1. カスタム投稿でウェブサイトを簡単カスタマイズ
  2. カスタムフィールドの簡単な作り方をご紹介
  3. カスタムフィールドにプラグイン【WP Imp Exp】を使ってインポートする方法(今回の記事)

投稿者プロフィール

志水泉
志水泉
2018年より始めた事業のホームページを自作し運用していくなかで、ホームページ制作の楽しさをしり、独学から本格的にWebを学ぶ。
2020年より、自分の周りのWebが苦手な人たちを助けたいという思いからWeb制作を中心にフリーで活動。
2022年より株式会社ウェブロードに入社し、制作・デザインの知識をさらに深めながら、初心者でもわかりやすいWordPressの操作方法などを発信中。

お問合せフォームはこちら

(※営業電話が多いため留守電にしています。お急ぎの方は下記メールフォームをお使いください。)

お見積りのご依頼・打ち合わせはZOOM/GoogleMeet/お電話等、オンラインでも対応可能です。全国からお問い合わせを受付けています。
2営業日を過ぎても弊社からの連絡がない場合はメールが届いていませんので、大変お手数をお掛けしますが、下記メールアドレスにご連絡ください。

    お問い合わせの前に下記、ご確認をお願いいたします。

    任意貴社サイトURL

    必須お問い合わせ項目

    必須制作費のご予算はどれくらいですか?

    企画・設計、デザイン、画像・文章の作成、サイト内検索システムの導入等、
    ヒアリングを元にご予算やご希望に応じたお見積りをご提案させて頂きます。
    弊社制作費の費用感につきましてはこちらの記事をご参照ください。

    必須制作目的はどうお考えですか?(複数選択可)

    どこに力を抜きどこに力を入れるのか、
    ご予算とご要望の中から最適なご提案をさせていただきます。

    必須どのような機能が必要ですか?(複数選択可)

    SSL(https://~)対応、ブログ機能、スマホ対応(レスポンシブ)、
    ログイン等セキュリティ対策、ページタグSEOの最適化は標準搭載。

    必須どのような作り方がご希望でしょうか?(複数選択可)

    WordPressでの構築になりますので、お客様のご要望に比較的柔軟にお応えすることが可能です。
    企画ご提案する前に参考にさせていただく項目です。

    必須お問い合わせ内容を教えてください

    必須お名前

    必須フリガナ

    必須メールアドレス

    必須貴社名

    任意電話番号(ハイフン無し・半角数字)