企業サイト内で日記ブログを書く危険性

ここでは、自社ホームページ内に日記を書く危険性について書いておきます。

そもそも、企業ホームページは企業の事業概要、会社概要を始め、サービス内容、商品紹介、スタッフ紹介など、会社に関わる情報が中心に掲載されています。

弊社ですと「webroad.co.jp」という自社のアドレスの中に、ぎっしりとホームページ制作に関する情報が詰まっています。

例えば、「abcdefg.com」というアドレスで企業ホームページを運営しているA社があったとしましょう。

企業ホームページとして運営してきて、会社概要や商品紹介のページが20ページあったとします。

そこに、企業としてブログを書くことにしました。

企業サイトの中で書かれるブログなので、本来なら事業に関する内容を書くことになるのですが、仮に「abcdefg.com/」のホームページアドレスに、昨日の晩ご飯のこと、趣味のこと、休日の過ごし方、家族の話などの日記的内容を仮に80日間毎日書いて、80記事増やしたとします。

この会社の独自運営ホームページのページ数は、もともとあった会社情報の20ページを合わせて合計100ページに増えました。

ここで、この会社のホームページのページ構成を考えてみましょう。

ボリュームを除外してページ構成だけで考えると下記のようになります。

企業HPの情報ページ・・・・20ページ
ブログの日記ページ・・・・80ページ

コンテンツの執筆

この意味するところは、「abcdefg.com」というホームページアドレスを通して、会社ビジネス関連の情報が2割、社員の日常日記が8割という構成に変わったということです。

何かおかしくありませんか?

ページ数を追加してコンテンツを増やせばWebからの集客で良い効果があると言っても、テーマを絞って書いていかなければ、このような見当違いの方向へ進んでしまいます。

もちろん、この会社のホームページは、何のホームページと判断されるかというと、間違いなく、「A社社員の日記ブログ」という判断になります。

会社のサービス関連のキーワードや会社商品の関連キーワードでの検索エンジンからの集客力が、社員の日記ブログ投稿数が増えるに従って、ますます難しいものとなってくるのは想像に固くありません。

こういう業務に関係のない日記ブログを作成する場合は、必ず別のドメイン(HPアドレス)で書いてください。

同じホームページのアドレスで日記ブログを書いていく場合は、必ず会社業務・商品・サービスと関連性を持つ内容で書く方が良いです。

ホームページのアドレスを分けるというのは、「abcdefg.com」のアドレスとは別の、「zyxwvutsrqponm.com」のアドレスなどで日記ブログを作るということです。

何の気なしに投稿する、会社のこととは関係のない記事が、継続して運営してきた大事な貴重な「abcdefg.com」ホームページを、集客に使えないものにしてしまう可能性も持つ、かなり危険な行為なのです。

ホームページアドレスを別にするか、日記なら無料ブログでも開設して投稿すれば良いでしょう。

自社ホームページアドレスはその1記事1記事が、重要な貴社のWeb上の資産なのです。仕事と関連したまとまった内容でページ追加してください。

Follow me!

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
2004年頃の会社員時代からブログ作成を始める。ブログ作成が楽しくなり、そのまま趣味が高じて2006年にホームページ制作で起業、2008年に株式会社ウェブロードを設立。現在は、個人・中小事業者のWordPressサイト制作を中心に、Web業界16年の知識と経験を生かして、小規模案件のみならず、大型案件のWebディレクターとしても活動中。 プロフィール

WordPress作成講座の動画一覧

WordPressの作成や運用方法の講座【ワードプレス作成講座】を弊社You Tubeチャンネルで開講しております。WordPressに関心のある方はこちらからチャンネル登録(無料)を行ってください。

ワードプレス作成講座への入塾(無料)You Tubeウェブロードチャンネル

動画内で紹介している有料テーマプラグイン

Lightning G3 Pro Pack

動画内で紹介しているレンタルサーバー エックスサーバー

お問い合わせフォームはこちら

お電話の方はこちらをタップしてください。→ 0798-77-5520
(※営業電話が多いため、お電話は留守電となります。お問い合わせ内容を留守電に入れていただけましたら、折り返しお電話させていただきます。お急ぎの方はメールフォームをお使いください。

2営業日を過ぎても弊社からの連絡がない場合はメールが届いていませんので、大変お手数をお掛けしますが、下記メールアドレスにご連絡ください。













    投資・広告・提携・営業・売り込みメールやお電話は全てお断りしております。
    そのようなご連絡は恐れ入りますがお返事できかねますので何卒ご了承願います。

    必須お名前

    必須フリガナ

    必須メールアドレス

    必須貴社名

    任意貴社サイトURL

    任意電話番号(ハイフン無し・半角数字)

    必須お問い合わせ項目

    必須制作費のご予算はどれくらいですか?

    企画・設計、デザイン、画像・文章の作成、サイト内検索システムの導入等、ヒアリングを元にご予算やご希望に応じたお見積りをご提案させて頂きます。

    必須制作目的はどうお考えですか?(複数選択可)

    どこに力を抜きどこに力を入れるのか、ご予算とご要望の中から最適なご提案をさせていただきます。

    必須どのような機能が必要ですか?(複数選択可)

    SSL(https://~)対応、ブログ機能、スマホ対応(レスポンシブ)、ログイン等セキュリティ対策、ページタグSEOの最適化は標準搭載。

    必須どのような作り方がご希望でしょうか?(複数選択可)

    WordPressでの構築になりますので、お客様のご要望に比較的柔軟にお応えすることが可能です。企画ご提案する前に参考にさせていただく項目です。

    必須お問い合わせ内容を教えてください