集客できるエステサロンのホームページ制作方法

LINE公式アカウントでの無料相談はこちら
LINEで送る
Pocket

エステサロンサイトの制作前に集客戦略を練る

エステサロンのホームページ制作方法はシンプルです。

制作の前に、エステサロンの集客を何に頼るかを先に考えておかなければなりません。

エステ業界には様々な検索サイトがあり、多くの方が登録されていますが、現実的に下記の二つのサービスのどちらかを選ぶことになります。

ホットペッパービューティー
楽天ビューティー

ただし個人レベルや小規模事業としてサロンを経営されている方はこれらの大手検索サイトに登録するには月々の負担が非常に重く、集客が軌道に乗れば止めることを前提で計画しておかなければなりません。

弊社も過去に数店エステサロンのホームページ制作を行ったことがありますが、多くのエステ事業者の方がホットペッパービューティや楽天ビューティーなどの大手検索サイトに登録をせざるを得ない状況になっております。

この記事では、

・ホームページを制作しそこからどのように集客していけばよいか
・エステサロンの集客に欠かせないホットペッパービューティーや楽天ビューティーについて、どのように利用するのがよいか、

この2点について比較しながら、あなたがご自身で最適な解を見つけることができるよう事例を交えながらお話を進めていきたいと考えています。

エステサロンのホームページ制作方法

エステサロンのホームページ制作方法は、集客をメインに捉えるのであればWordPressで作るのがベストです。

美容情報やお客様がご自身でできるメンテナンス情報などを、ブログとして適時情報発信していけばそのページにもアクセスを集めることができ、集客につながるからです。

またWordPressでホームページを作っておけば、InstagramやFacebookやTwitterなどの主要なSNSとホームページを連動させることも容易になり、様々なメディアからの集客も可能になります。

弊社ホームページでも、フッター部分で各SNSと連携させています。

特にターゲットを女性としているエステサロンであれば、InstagramなどのSNSでの情報発信は欠かせないツールになっています。

定期的に写真を投稿しそれを継続していくだけで、広がっていくことが期待できるツールなのでこれを使わない手はありません。

Instagramのアカウントを早めに取得し、必ず定期的に投稿するように心がけましょう。

投稿する写真のイメージはやはりエステした後の綺麗になった女性の写真が良いでしょう。

そんなイメージになりたいという風に思っていただければ、何らかのきっかけであなたのエステサロンを思い出してくれることにつながります。

ここからは制作会社だから言えることもあるのですが、ホームページは作っただけでは集客はできません。

継続的にブログなどで情報発信していくことにより、少しずつそこにアクセスが集まってきて、サービスや価格表などを見てほしいページを見てもらえることに繋がって行くのです。

トップページは一般的にサロンはメニュー形で制作すると思うのですが、スマホ全盛の今、思い切ってランディングページとしてのトップページを作りましょう。

個別のページに詳細は委ねるとしても、ランディングページとして作るトップページの中で、お客様の事例やサービス内容や価格や所在地、エステティシャンの紹介等、スマホ画面上でスクロールするだけで、すべての情報がチェックできるようにしておくとお客様にとって便利です。

キーワードの設定方法やどのレベルのマーケットを狙うかなど、細かい作業がホームページ制作には付きまといますが、一つ言えることは、最初は自分の身の丈にあったマーケットサイズでキーワードを設定するということです。

例えば地域のキーワードにしても、兵庫県という大きなマーケットを狙うのではなく西宮という狭い範囲を目指します。

もしくはもっと狭いベルならば甲子園、夙川などといった鉄道の駅ひとつぶんくらいのマーケットに絞り込んでも良いと感じます。

ただホームページを作ることができたとしても、何と言っても集客をどうするかを考えていかなければいけません。

集客がうまくいかないようでしたらホームページを作った意味が半減してしまいます。

では、ここからは集客を前述の大手検索サイトに委ねる場合、どういう進め方をすればよいのかを考えてみたいと思います。

大手検索サイトに集客を委ねる場合

スマホアクセス大手の検索サイトに集客を委ねる場合は、毎月のシステム使用料や広告料が固定費として継続的にかかります。

実はこの固定費が事業を圧迫するのは目に見えているのですが、集客という背に腹は代えられない事業者が多いため、多くのエステサロンでは我慢して支払い続けているのが現状です。

しかも、この固定費は大手検索サイト側に全ての決定権が委ねられているため、利用者側からは基本的にはどうすることもできません。

今までと同じ機能を使うために値上げになったとしても、値上げを強要せざるを得ませんし、管理画面が大幅に変更されることになっても、それに従うしかありません。

集客というのは営業の根幹を成す部分なので、この部分を他者に委ねることが非常に危険ではないかと個人的には考えています。

そのため弊社にもひっきりなしに下記のページにアクセスがあり、実際に「ホットペッパービューティー やめたい」というキーワード検索でこの記事は1位になっています。

この記事の話は実際にホットペッパービューティーの固定費が高いのでやめたいけれども止められないという経営者から聞いた話を元に書いた内容なのです。

大手検索サイトの集客力は魅力的です。

しかし、それは登録されているサロン全体が価格競争に巻き込まれ、少しでも目立つところに表示してもらうために広告費を増やしていかなければ生きていけないという、レッドオーシャンでの戦いを余儀なくされることなのです。レッドオーシャン

そのため、エステサロン開業当初にこういった大手検索サイトに登録して初期の集客を増やしていく作戦は全く問題ないのですが、依存することは避けるべきです。

大手検索サイトを使い続けなければ自らの店舗で集客できないという話になってしまいますと、そもそもあなたのエステサロンのサービスにお客様が価値を感じていないかもしれないということも考えなければなりません。

大手検索サイトを使うユーザーは基本的には「価格のみ」で判断します。

そのため、安くすれば安くするだけ、割引をすれば割引をするだけ集客が増えるという法則が成り立ちます。

新規のお客様に赤字になるぐらいの割引を提供したところで、そのようなビジネスは続きません。

利益がきちんと出せる価格設定にして、そこでお客様にその価格以上の価値を感じでもらえるためには何をすべきか?というサービス内容に徹底的に知恵を絞らなければなりません。

忙しくて時間がないというのは非常に分かるのですが、なんとか高額な管理費や広告料を使わずに集客出来るよう、サービスを再構築していく必要があります。

無料で使えるSNSや、ホームページを使った集客に関しては下記の記事をご参考にして下さい。

大手検索サイトに集客を委ねない場合

こちらは非常に望ましい形です。

ただしエステサロンが軌道に乗っていない時や、認知度がまだまだ低いと感じる時は、ホットペッパービューティーや楽天ビューティの最小限の利用も考えてみましょう。

最初からGoogle検索やSNSの情報を頼りにエステサロンを探している方は別として、このような大手検索サイトしか使わない方もいらっしゃいます。

多くの場合、検索サイトでエステサロンを探している方は割引クーポン目的です。

そのため初回に大幅値引きをしてしまいますと、2回目以降の通常金額が非常に高く感じるということにもなってしまいます。

このような大手検索サイトを使うことによる泥沼の価格競争に陥ることを避けたいエステ事業者の方は、やはり集客を自力で頑張るのが一番ベストです。

また、私が多くのお客様から話を聞いた限りでは、こういった大手検索サイトの登録をやめられない理由の一つに予約システムがあります。

店舗の予約を完全にこのような大手検索サイトの予約システムに委ねてしまっているので、今からこれを止めてどうにかできるものではないというのがその理由です。

そのため大手検索サイトに登録せずに集客して行く場合は、予約システムをどうするかということも一つの検討課題です。

WordPressサイトなどを作っておけば予約システムは下記のような簡単なプラグインでも設定できますので、Webの知識が少しある方はぜひ挑戦してほしいと考えています。

サーバーとドメインはエックスサーバーとエックスドメインで取得がオススメです。

サーバー・・・エックスサーバー(https://www.xserver.ne.jp/
ドメイン・・・エックスドメイン(https://www.xdomain.ne.jp/

月1000円で使えるエックスサーバーは、弊社も起業した頃に13年以上使っておりますが、一度も問題が起きたこともなく、常にユーザーの事を考えて使いやすいように機能やスペックをどんどんアップさせてくれる会社です。

ネット上の口コミを見ても間違いありませんし、私もそのように実感しています。

エステサロン事業者の方でまだご自身のサーバーとドメインを契約されていない方は、エックスサーバーとエックスドメインで先にWordPressをセットアップしておきましょう。

こちらの記事は「旅館の予約システムを無料で導入する方法」ですが、エステサロンでも使えるプラグインです。

大手検索サイトでの固定費がかからない場合は、その分の予算をGoogle広告などのWeb広告に回せることになると思います。

まとめ

昔のようにエステサロンのホームページは、綺麗なビフォーアフターの写真を載せていればお客様が勝手に来てくれるような時代ではなくなっています。

いかにお客様が欲している情報にピンポイントにリーチしてうまく伝えることができるか、伝える技術が必要とされているのです。

また、大手検索サイトからクーポン目的に選んでもらうようなビジネスモデルは、そろそろ限界点に達してきているのではないかと個人的には感じています。伝える技術

既にInstagramを始めとしたSNSから直接お客様がエステサロンを見つける時代にもなっています。

Webを介して様々な人達の口コミで共有された情報の価値が、ますます高くなっていくのではないでしょうか。

そんな時代の中ホームページ制作の位置づけですが、顧客管理ができ予約システムもあり、SNSとの連動ができブログでの情報発信もホームページ本体からできる、そんな便利なシステム型ホームページがWordPressです。

変わりゆくWebの状況や世の中の流れに対応できるホームページもこのWordPressで作っておけば当面は問題ないと考えています。

記事のタイトルではホームページ制作方法ですが、作って終わりのホームページではなく、情報発信ページを作り続けるという意味での「制作」という言葉であるということがおわかりいただけたのではないかと思います。

この記事をお読みくださったエステ事業者のあなたにも、少しでもヒントになる内容があれば幸いです。

弊社ではWordPressサイトの制作もお受けしておりますし、運営代行サービスと称してSEOのアドバイスやサポートも月単位でお受けしております。

Follow me!

The following two tabs change content below.

山口 敦

代表取締役株式会社ウェブロード
1974年大阪生まれ。プロフィールはこちら。 (HP活用方法の動画一覧→Youtubeチャンネル) 経営理念「育て拡げるお手伝い」の下、IT活用に活路を見出す個人・中小企業のWebサポートを積極的に展開している。 西宮商工会議所青年部2018年度広報委員長、尼崎商工会議所会員。