WordPressにイベントカレンダーを設置できるプラグイン、Event Organiserについて、前回の基礎編では、カレンダーの作り方と表示方法についてご紹介しました。
今回は応用編として、カレンダーのカスタマイズをおこなっていきたいと思います!

前回の記事で作成したカレンダー
(カスタマイズ前)

まずは基礎編でカレンダーを作成!

まずは、基礎編で上の画像のようにカレンダーを作成してから、こちらの記事に沿って、様々なカスタマイズを試してみてください!

タイトルの年月日の表記の変更

デフォルトでは、このように、カレンダー左上の年月日の表示が読みづらくなっています
この部分をカスタマイズしていきたいと思います!

【月次カレンダー】
【週次カレンダー】
【日次カレンダー】

月次カレンダーの場合

ショートコード部分に、このように入力します。

[eo_fullcalendar titleformatmonth="Y年n月"]

カスタマイズ後(月次カレンダー)

週次カレンダーの場合

ショートコード部分に、このように入力します。

[eo_fullcalendar defaultView="basicWeek" titleformatweek="Y年n月j日"]

カスタマイズ後(週次カレンダー)

日次カレンダーの場合

ショートコード部分に、このように入力します。

[eo_fullcalendar defaultView="basicDay" titleformatday="Y年n月j日(D)"]

カスタマイズ後(日次カレンダー)

表見出しの表記の変更

上記のタイトル部分に加えて、表見出しの表記も変更していきます!

月次カレンダーの場合

デフォルトでは、月・火・水・・・・となっているところに、「曜日」という文字を付けてみたいと思います。

※青字部分には、これまでに記述したカスタマイズの表記が入っていますので、状況に応じて削除してください。

[eo_fullcalendar titleformatmonth="Y年n月" columnformatmonth="D曜日"]

カスタマイズ後(月次カレンダー)

週次カレンダーの場合

デフォルトでは、たとえば「月 7/3」となっている表記を、「7/3(月)」に変更します。

※青字部分には、これまでに記述したカスタマイズの表記が入っていますので、状況に応じて削除してください。

[eo_fullcalendar defaultView="basicWeek" titleformatweek="Y年n月j日" columnformatweek="n/j(D)"]

カスタマイズ後(週次カレンダー)

日次カレンダーの場合

デフォルトでは、たとえば「土曜日 7/1」となっている表記を、「7/1(土)」に変更します。

※青字部分には、これまでに記述したカスタマイズの表記が入っていますので、状況に応じて削除してください。

[eo_fullcalendar defaultView="basicDay" titleformatday="Y年n月j日(D)" columnformatday="n/j(D)"]

カスタマイズ後(日次カレンダー)

土日の表示についての
カスタマイズ

たとえば、カレンダーの土日の表示部分についてのカスタマイズをご紹介します!

土日を非表示にする場合

weekendsをfalseにすると、土日が非表示になります。

※青字部分には、これまでに記述したカスタマイズの表記が入っていますので、状況に応じて削除してください。
※週次カレンダーなどでも可能です

[eo_fullcalendar titleformatmonth="Y年n月" columnformatmonth="D曜日" weekends="false]
【月次カレンダーでの実装イメージ】

土日の背景色を変更する場合

外観>カスタマイズ>追加CSSに下記のように記述をおこないます。

/*****土曜日*****/
/*見出しの背景色*/
.eo-fullcalendar .fc-day-header.fc-sat {
    background: #98E7FD;
}

/*枠の背景色*/
.eo-fullcalendar .fc-bg .fc-sat {
    background: #EBFAFD;
}

/*****日曜日*****/
/*見出しの背景色*/
.eo-fullcalendar .fc-day-header.fc-sun {
    background: #FDA4A7;
}

/*枠の背景色*/
.eo-fullcalendar .fc-bg .fc-sun {
    background: #FDEDEE;
}

※色はお好きな色に変更してください
※ショートコードへの記述ではないので、ご注意ください

【月次カレンダーでの実装イメージ】

タイムスケジュールの
時間の表示について

次は、タイムスケジュールカレンダーの時間表記についてのカスタマイズです!

時間の始まりと終わりを指定する場合

タイムスケジュールのカレンダーで、時間の始まりと終わりを指定します。
たとえば、週次+タイムスケジュールカレンダーで、10:00から18 :00で表示させたい場合は下記のように記述します。

[eo_fullcalendar defaultView="agendaWeek" titleformatweek="Y年n月j日" columnformatweek="n/j(D)" mintime="10:00" maxtime="18:00"]

※青字部分には、これまでに記述したカスタマイズの表記が入っていますので、状況に応じて削除してください。

※日次+タイムスケジュールカレンダーにも適用可能です。

【週次+タイムスケジュールカレンダーでの実装イメージ】

時間表記を24時間表記にする場合

タイムスケジュールのカレンダーで、時間の表記を24時間表記にします。
たとえば、日次+タイムスケジュールカレンダーで実装する場合は、下記のように記述します。

[eo_fullcalendar defaultView="agendaDay" titleformatday="Y年n月j日(D)" columnformatday="n/j(D)" axisformat="H:i" ]

※青字部分には、これまでに記述したカスタマイズの表記が入っていますので、状況に応じて削除してください。

※週次+タイムスケジュールカレンダーにも適用可能です。

【日次+タイムスケジュールカレンダーでの実装イメージ】

指定したカテゴリや会場のみのカレンダーの表示

指定したカテゴリや会場のみのカレンダーを表示させることもできます!

カテゴリで絞り込みしたカレンダーを表示

あらかじめ指定しておいたカテゴリのスケジュールのみが表示されます。今回は、ビギナークラスとプロフェッショナルクラスを指定しています。

[eo_fullcalendar titleformatmonth="Y年n月" columnformatmonth="D曜日" category="beginner,professional"]

※青字部分には、これまでに記述したカスタマイズの表記が入っていますので、状況に応じて削除してください。

会場で絞り込みしたカレンダーを表示

あらかじめ指定しておいた会場のスケジュールのみが表示されます。今回は、ウェブロード ホールBとホールCを指定しています。

[eo_fullcalendar titleformatmonth="Y年n月" columnformatmonth="D曜日" venue="hall-b,hall-c"]

※青字部分には、これまでに記述したカスタマイズの表記が入っていますので、状況に応じて削除してください。

カテゴリ指定のプルダウンを表示

カテゴリで絞り込み表示可能なプルダウンが出現します。
プルダウンで選んだカテゴリのスケジュールのみが表示されます。

[eo_fullcalendar titleformatmonth="Y年n月" columnformatmonth="D曜日" headerLeft="category" headerCenter="" headerRight=""]

※青字部分には、これまでに記述したカスタマイズの表記が入っていますので、状況に応じて削除してください。

会場指定のプルダウンを表示

会場で絞り込み表示可能なプルダウンが出現します。
プルダウンで選んだ会場のスケジュールのみが表示されます。

[eo_fullcalendar titleformatmonth="Y年n月" columnformatmonth="D曜日" headerLeft="venue" headerCenter="" headerRight=""]

※青字部分には、これまでに記述したカスタマイズの表記が入っていますので、状況に応じて削除してください。

選んだカテゴリや会場のカレンダーが表示されます

次月・前月/日付指定/今日に戻るボタンの設置

日付指定など、様々な便利なボタンを設置することができます!

ヘッダー部分に、様々なボタンを設置することができます。

今回は、左側に「日付を指定」のボタン、右側に「次月・前月への移動」ボタンと「今日に戻る」ボタンを設置しています。

[eo_fullcalendar titleformatmonth="Y年n月" columnformatmonth="D曜日" headerLeft="goto" headerCenter="" headerRight="prev,next","today"]

※青字部分には、これまでに記述したカスタマイズの表記が入っていますので、状況に応じて削除してください。

下記を表示させたい場所に指定してください

  • 日付を指定・・・goto
  • 次月・前月への移動・・・prev,next
  • 今日に戻る・・・today

※次月・前月への移動ボタンは、日次カレンダーで設置すると「次の日・前日」ボタンに、週次カレンダーで設置すると「次週・前週」ボタンになります

カレンダーの表示形式の
切替ボタンの設置

カレンダーの表示形式を切り替えられるボタンの設置も可能です!

ヘッダーに「month」「agendaWeek」「agendaDay」「basicWeek」「basicDay」を指定することで、表示切替ボタンを設置することができます。

[eo_fullcalendar titleformatmonth="Y年n月" columnformatmonth="D曜日" titleformatweek="Y年n月j日" columnformatweek="n/j(D)titleformatday="Y年n月j日(D)" columnformatday="n/j(D)" headerLeft="month,agendaWeek,agendaDay,basicWeek,basicDay" headerCenter="" headerRight=""]

※青字部分には、これまでに記述したカスタマイズの表記が入っていますので、状況に応じて削除してください。

イベントにカーソルを当てたときの日付表示のカスタマイズ

デフォルトでは、イベントにカーソルを当てると出現する日付がこのように見づらくなっています。
プラグインのphpファイルの記述を変更して、修正をおこないます。

プラグインファイルを
編集するにあたって

プラグインファイルを編集する際には、記述にミスのないように細心の注意を払ってください。
ファイルのバックアップをとっておくこともおすすめです。

Step1

プラグインファイルエディターを開く

管理画面のプラグイン>プラグインファイルエディターを選択します。

Step2

Event Organiserの選択

編集するプラグインを選択から「Event Organiser」を選択し、選択ボタンをクリックします

Step3

event-organiser-ajax.phpを選択

右側のプラグインファイルの中から、
includes>event-organiser-ajax.phpを選択します。

Step4

179行目の記述を変更する

179行目の'F j, Y 'の記述を書き換えていきます。

※注意
プラグインのアップデートなどにより、該当箇所が今後変更になる可能性もございます。
必ず、記述が同じかどうか、確認をおこなうようにしてください。

元の記述

'F j, Y 'の部分を、'Y年 F j日 'に修正します。

$date = eo_format_event_occurrence( $post->ID, $post->occurrence_id, 'Y年 F j日 ', $time_format, ' - ', false );

書き換えをおこなったら、ファイルを更新ボタンをクリックします。

Step5

カレンダーを確認する

確認すると、カレンダーの表記が変更されていることがわかります。

カレンダーにうまく変更が反映されないときは?

カレンダーに変更が反映されるまでに、時間がかかることがあります。
反映がされない場合は、ページの再読み込みやキャッシュのクリア、カレンダーのショートコードを編集して更新してみる、イベントの内容を編集して更新してみるなどの対応をお試しください。

詳細ページに飛ばないように
設定する

デフォルトでは、表示されたイベントにカーソルを当てると、ポップアップが出現し、クリックで詳細ページにリンクします。
詳細ページが必要ない場合にはこちらのカスタマイズをおこないます。

外観>カスタマイズ>追加CSSに、このように記述をおこないます。

.eo-fullcalendar .fc-event {
    pointer-events: none;
}

イベント詳細ページの日付表示のカスタマイズ

イベントの詳細ページの日付は、デフォルトではこのように見づらくなっています。
プラグインのphpファイルの記述を変更して、修正をおこないます。

プラグインファイルを
編集するにあたって

プラグインファイルを編集する際には、記述にミスのないように細心の注意を払ってください。
ファイルのバックアップをとっておくこともおすすめです。

Step1

プラグインファイルエディターを開く

管理画面のプラグイン>プラグインファイルエディターを選択します。

Step2

Event Organiserの選択

編集するプラグインを選択から「Event Organiser」を選択し、選択ボタンをクリックします

Step3

event-organiser-ajax.phpを選択

右側のプラグインファイルの中から、
templates>event-meta-event-single.phpを選択します。

Step4

記述を変更する

41~46行目あたりの、赤枠で囲んだ記述を書き換えていきます。

※注意
プラグインのアップデートなどにより、該当箇所が今後変更になる可能性もございます。
必ず、記述が同じかどうか、確認をおこなうようにしてください。

元の記述

'j F Y'もしくは'd F Y'の部分を、'Y年 n月 j日'に修正します。

<?php printf( '<p>' . __( 'This event is running from %1$s until %2$s. It is next occurring on %3$s', 'eventorganiser' ) . '</p>', eo_get_schedule_start(   'Y年 n月  j日'   ), eo_get_schedule_last(  'Y年 n月  j日'  ), $next );?>

<?php else : ?>
<!-- Otherwise the event has finished (no more occurrences) -->

<?php printf( '<p>' . __( 'This event finished on %s', 'eventorganiser' ) . '</p>', eo_get_schedule_last(  'Y年 n月  j日' , '' ) );?>
<?php endif; ?>

書き換えをおこなったら、ファイルを更新ボタンをクリックします。

Step5

カレンダーを確認する

確認すると、カレンダーの表記が変更されていることがわかります。

Event Organiserで様々なイベントカレンダーを作成!

Event Organiserでは、用途に合った幅広い形のカレンダーを作成することが可能です!
お好みの形にカスタマイズすることも試してみてください。

基礎編の記事はこちら

機能体験型のデモサイトで「イベントカレンダー」を体験!

弊社のLightningテーマのデモサイトで、イベントカレンダーを実際にご確認いただけます!
一度、実装のイメージを確認してみてくださいね。

「ふれあうのページ」に日次のタイムスケジュールのカレンダーがあります

こちらの記事もぜひご覧ください

今回の記事の基礎編としてカレンダーの作り方をご紹介しています。

投稿者プロフィール

Mayu
Mayu
Webサイトに興味をもち、独学でHTMLやCSSの勉強を始め、その後、スクールでAdobeソフトの使い方やデザインについての知識を習得する。
同時に、様々なWebサイトがWordPressで作られていることを知り、お客さまに喜んでいただけるサイト作りができるよう、WordPressの仕組みやユーザー視点での文章表現、デザインスキルを日々学ぶ。
2022年10月より、株式会社ウェブロードに入社し、お客様のサイト制作、修正やページ追加、操作サポートを行っている。

お問合せフォームはこちら

(※営業電話が多いため留守電にしています。お急ぎの方は下記メールフォームをお使いください。)

お見積りのご依頼・打ち合わせはZOOM/GoogleMeet/お電話等、オンラインでも対応可能です。全国からお問い合わせを受付けています。
2営業日を過ぎても弊社からの連絡がない場合はメールが届いていませんので、大変お手数をお掛けしますが、下記メールアドレスにご連絡ください。

    お問い合わせの前に下記、ご確認をお願いいたします。

    任意貴社サイトURL

    必須お問い合わせ項目

    必須制作費のご予算はどれくらいですか?

    企画・設計、デザイン、画像・文章の作成、サイト内検索システムの導入等、
    ヒアリングを元にご予算やご希望に応じたお見積りをご提案させて頂きます。
    弊社制作費の費用感につきましてはこちらの記事をご参照ください。

    必須制作目的はどうお考えですか?(複数選択可)

    どこに力を抜きどこに力を入れるのか、
    ご予算とご要望の中から最適なご提案をさせていただきます。

    必須どのような機能が必要ですか?(複数選択可)

    SSL(https://~)対応、ブログ機能、スマホ対応(レスポンシブ)、
    ログイン等セキュリティ対策、ページタグSEOの最適化は標準搭載。

    必須どのような作り方がご希望でしょうか?(複数選択可)

    WordPressでの構築になりますので、お客様のご要望に比較的柔軟にお応えすることが可能です。
    企画ご提案する前に参考にさせていただく項目です。

    必須お問い合わせ内容を教えてください

    必須お名前

    必須フリガナ

    必須メールアドレス

    必須貴社名

    任意電話番号(ハイフン無し・半角数字)